救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各部門紹介

臨床検査科

病理・細胞診

平成22年3月に北海道医療センター開院と同時に設置されました。
常任の病理医は現在不在ですが、北海道大学附属病院病理部の支援を受け、週2回の切出しを行っています。細胞診も同様に細胞診指導医が不在ですが、北海道がんセンターの病理医とインターネットを利用した、テレサイトロジーを行っています。

輸血

輸血検査室では、輸血が必要になった患者様の血液型検査、不規則抗体スクリーニング検査、交差適合試験(クロスマッチ)などの検査を行っており、安全な輸血医療を支えております。その他に、各種血液製剤の管理保管や各製剤の廃棄の削減に努めており、緊急輸血時にも迅速に対応出来る体制を整えております。
さらに、手術のためにあらかじめ貯血しておいた自己血の保管管理、検査、出庫業務も行っており、指針に基づき、より安全な輸血医療のために24時間体制で対応しております。
また、年に4回「輸血にゅーす」を発行し、輸血に関する情報提供も行っております。
輸血の勉強会も検査科内だけでなく、新人看護師、研修医、全職員などと幅広く行っており、職員全員で安全な輸血を目指しております。

細菌

昨年西病院と南病院が統合し結核病棟を有する病院となりました。結核菌を疑う染色で陽性の場合、従来より早く結果が出るPCR遺伝子検査によって結核菌かどうかの判定をする事ができます。又、一般細菌は院内感染菌を把握し、診療、病棟へ発信しています。

①一般細菌染色、同定、薬剤感受性。
②抗酸菌染色、同定、薬剤感受性、PCR遺伝子検査。
③院内感染防止対策委員会、感染対策チームのメンバーとして会議に参加。

生理機能

生理部門では、心臓や脳等の活動電位を計測する為の電極を体に装着したり超音波検査の際に探触子を目的の部位に当てながら検査を行う等、技師が直接患者様に接して行う検査を実施しています。

循環器検査として心電図検査、ホルター心電図解析、心電図遅延電位測定、トレッドミル運動負荷試験等を実施しています。神経筋機能検査として脳波検査、神経伝導検査。心臓、血管、腹部等の状態を調べる超音波検査。肺活量等を検査する呼吸機能検査。メタボリックシンドロームに関わる動脈硬化を調べるABI検査、体組成分分析検査。他に睡眠時無呼吸関連検査や聴力検査等の耳鼻科領域の検査等多くの検査を実施しています。
常任の病理医は現在不在ですが、北海道大学附属病院病理部の支援を受け、週2回の切出しを行っています。細胞診も同様に細胞診指導医が不在ですが、北海道がんセンターの病理医とインターネットを利用した、テレサイトロジーを行っています。

採血

検査科で外来採血を担当しています。1日150~200名の採血を検査科全員でローテーションを組んで実施しています。

臨床検査科(受託検体検査部門)

※平成22年3月1日より検体検査の尿・一般検査、生化学検査、免疫・血清検査、血液検査を株式会社BMLへ、ブランチ化方式により委託しています。

〔BML検査室の紹介〕

部門特色

平成22年3月の病院スタート時より、臨床検体検査部門(生化学的検査・血液学的検査・尿一般的検査・免疫学的検査)を担当させて頂いております。 臨床検査技師長の指示指導の元に、いつ如何なる時でも、患者様の診断・治療に役立つ正確で迅速な検査結果を報告が出来るように心がけております。緊急検査を24時間でいつでも検査を行える体制をとっております。

業務紹介

検体検査部門は、大きく分けて4つのセクションで検査をしております。

1)受付セクション:採血される容器には、あらかじめ患者様の情報が入ったバーコードが巻かれており、これを検査システムに読み込ませる事によって検査がスタートいたします。 採血された検体は、検査を実施するセクションに自動仕分けされ、目的に応じた検査が実施されます。

業務紹介画像01

2)生化学セクション:全てオートメーション化されており、自動分注搬送システムを中心とした機器が配置された検体検査室自慢のセクションです。 検体搬送ラインには生化学分析器が2台、感染症・免疫検査が機器1台に自動搬送でつながっており、全てバーコード管理のフルオート検査を可能としております。検査員2名が常時測定し、精度管理や測定機器の状態を管理しております。

業務紹介画像02

3)血液検査セクション:血液検査は赤血球数や白血球数、白血球像の検査・血液凝固線溶の検査を行っております。その他として血糖、グリコ、ヘモグロビンも測定しています。白血球像などは自動測定器より計測されておりますが、異常のある血液細胞の場合は、検査員が顕微鏡により目視を行い、計数しております。時には、検査担当者から数字の結果報告以外にも、コメントを連絡させて頂く事もあります。

業務紹介画像03

4)一般検査セクション: 尿一般検査、便潜血検査、インフルエンザ等各種ウイルス迅速検査を行っております。 尿検体もバーコードによる管理で、尿定性自動分析器、尿チンサ自動分析器で検査を行っています。 一般検査ではバーコードによる検体管理を行い、簡易検査の判定では2名にてのダブルチェックを行なっています。より正確な検査結果をお返しできるように努力しております。 全ての機器は検査システムを介して病院のオーダーリングシステムとオンラインでつながっており、迅速で正確精密なデーターを報告させていただいております。また、検査員も日々進歩する検査の新しい情報を取り入れ、北海道医療センターの医療を支える一員として日々研鑽しております。

業務実績

1)外来・入院合わせた年間の検体数は約10万検体を超えております。
2)昨年度は臨地実習生数名を病院臨床検査部の一セクションとして受け入れしました。
3)外部・内部精度管理を実施。日本医師会精度管理・日臨技臨床検査精度管理に参加。
  毎月1回、外部・内部精度管理を実施。

地域医療機関へのメッセージ

診療部門を下支えするセクションとして、お目にかかる機会はほとんど無いかと思います。検査室の見学など歓迎いたしますのでご遠慮なくお申し出ください。