救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各部門紹介

臨床工学室

はじめに

臨床工学技士とは厚生労働大臣の免許を受けて、臨床工学技士の名称を用いて、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする者をいう。

臨床工学技士は、人の呼吸、循環、代謝の機能の一部を代替し、または補助することを目的としている装置(生命維持管理装置)を医師の指示の下で操作、保守点検を行うことを業務としています。生命維持管理装置は、人工呼吸器・人工心肺装置・補助循環装置・心臓ペースメーカー・血液浄化装置・高気圧酸素治療装置などがあり、医療機器の専門家としてチーム医療に貢献しています。
CE(Clinical Engineer)やME(Medical Engineer)と呼ばれています。

【臨床工学技士法第一章・第二条より抜粋】

業務内容

当院の臨床工学室は、医療技術部に所属し部長1名(手術部長兼任)、技士6名で構成され主に臨床技術提供や医療機器の保守点検を行っています。 また、全ての業務を24時間体制で対応し、安全で高度な医療技術を提供しています。 業務を行う場所は、救命救急センター・ICU・手術室・透析室・血管造影室・外来・病棟・MEセンター(中央医療機器管理室)など様々です。

臨床業務

  • 人工心肺
  • 急性血液浄化(CHF・CHDF・血漿交換・血液吸着など
  • 慢性血液浄化
  • 自己血回収
  • 補助循環(IABP・PCPS)
  • 心臓カテーテル
  • 電気生理学的検査
  • カテーテルアブレーション
  • ペースメーカー
  • ICD、CRT-D
  • 腹水濾過濃縮
  • ラジオ波焼灼など

医療機器保守管理業務

様々な医療機器の中央管理化や日常・定期点検、修理・トラブル対応を行うことで安全及び効率的な運用に寄与しています。

教育研修活動

医療機器を安全に使用する為の研修会を開催しています。