救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各部門紹介

薬剤部

薬剤部では、医薬品の適正使用・管理を主な業務として患者さん中心に安全で有効な薬物治療を目指しています。また、特定の医療分野等において高度な知識や技量、経験を持つ専門・認定薬剤師が活動し、よりレベルの高い医療に取り組んでいます。

薬剤部の業務等を紹介

1. 調剤室
2. 薬品管理室
3. 薬剤管理指導業務関連
4. 製剤室
5. 試験室(TDM業務)
6. 教育研修(学生実習)
7. 災害医療
8. 保険調剤薬局の皆様へ

調剤室

①処方せん調剤
医師の指示書(処方せん)に基づき、お薬を作ること(調剤)を中心に行っています。
処方せんから薬の量、飲み方、薬の重複や飲み合わせを確認し、薬を取りそろえ、作成した薬を入れる袋(薬袋)に間違いがないか確認し、最後に別の薬剤師がもう一度処方せんの内容や出来上がった薬に問題がないか確認し、調剤が完了します。また、必要に応じて一包化(数種類の薬剤を服用時点ごとにパックすること)や薬剤の粉砕・秤量を行っています。
なお、外来患者さまについては主に院外処方せんを発行していますので、外来診療科での診察を受けた後、院外の保険調剤薬局で薬をもらうことになります。また、保険調剤薬局で医師の処方に疑わしい点があった場合、当院の薬剤部が受付窓口となり処方医へ確認業務を行っています。

②持参薬鑑別
患者さまが入院された際に持参された医薬品(持参薬)の確認をさせていただきます。近年、後発医薬品が多く使用されるようになったため後発医薬品が持参薬として持ち込まれることも増えており、お薬の名前を聞いただけではどのようなお薬か解りにくくなりました。薬剤師は持参薬に関する情報を把握し、主治医が良質で安心・安全な薬物療法を行うサポートをしています。また、持参薬と入院中に処方されるお薬との相互作用(飲み合わせ)をチェックし重複投与を回避できるよう努めております。
「持参薬」とは、患者さまが普段お使いになっているお薬のことで、飲み薬、目薬、貼り薬、塗り薬、注射薬など全てのお薬が含まれます。入院の際は、お薬だけでなく、薬袋・お薬の説明書やお薬手帳も大切な情報源ですので必ずお持ちください。

③注射薬調剤
医師の指示書(注射処方せん)に基づき、患者さんごとに注射薬をセットしています。
注射処方せんの内容から、投与量、投与方法、投与速度を確認し、注射薬の安定性や配合変化、相互作用等を確認の上、薬剤を取りそろえ、患者毎、施用単位に分けてセットして払い出しています。

薬品管理室

① 薬品管理
院内における医薬品の購入・品質管理・供給に関する業務を行っています。また、麻薬、向精神薬、血液製剤など、法令に基づき、特に管理が必要な医薬品の在庫管理、使用管理も行っています。

② 医薬品の採用・削除
医薬品の採用や削除など医薬品のすべてに関する審議が行われる薬剤委員会の事務局として、審議資料の作成などを行っています。

薬剤管理指導業務関連

① 服薬指導
入院した患者さんのベッドサイドに直接うかがい、お薬の効果・飲み方・副作用・生活上の注意事項等の説明を行っています。また、退院時には、処方された薬の名前、飲む量や使用回数、使うときの注意などが書かれたおくすりの説明書やおくすり手帳を必要に応じてお渡しし、他の医療機関・学校・施設でも活用できるようにしています。このような業務を通じて、患者さんの服薬への不安を解消し、薬物療法が良好に継続されるよう支援しています。

② 入院時持参薬の確認
他の医療機関で処方された医薬品等は、当院での投薬との相互作用(作用減弱・増強など)が生じることもあるため、持参したお薬を確認しています。

③ 外来における抗がん剤治療の説明
外来で抗がん剤の治療を受けられる患者さんに治療方法や副作用対策の説明を行っています。

製剤室

製剤室では主に以下の業務を行っています。

① 院内製剤調製業務
製薬企業から供給される市販医薬品は含量や剤型が一定の規格になっているため、患者さんの多様化したニーズに対応できないことがあります。また、患者数の少ない病気に対する医薬品や安定性が良くないため製品として適していないものは、製薬企業では製造されていないことも少なくありません。 このような製剤については、薬剤部にて患者さんの病状にあった剤形へ変更したり、医薬品原料を購入して製剤化をしています。 また、治療を目的とした製剤のほか、病気の診断を目的とした製剤も調製しています。

② 抗癌剤無菌調製業務
抗癌剤の適正使用を目的とした業務を行っています。
抗癌剤の調製業務は、計量調製・監査システムを導入し、2名以上の薬剤師で確認しながら混注を行います。
また、前もって化学療法施行患者のスケジュールや使用量、検査値などをチェックすることで、より安全な化学療法を行うことに貢献しています。

③ 高カロリー輸液調製業務
高カロリー輸液はその性質上、混合した薬剤の無菌性が強く求められます。薬剤部にて、無菌環境下でこれらの薬剤を調製することにより、細菌汚染のない安全な薬剤を提供しています。

試験室(TDM業務)

TDM(薬物治療モニタリング)とは、個々の患者に適正な薬物療法を行うため、投与設計を行い,血液中の薬物の濃度を観察することです。
治療薬の中には、有効域が狭く、有効域と中毒域が近いものがあります。そのような薬剤がTDMの対象薬剤に該当します。
当院では、現在3種の抗菌薬(バンコマイシン、テイコプラニン、アルベカシン)についてTDMを行っています。これらの薬物の血中濃度から、投与量を見直し、安全に治療を行うために医師へ投与量の提案を行っています。

教育研修(学生実習)

薬学部の病院実務実習生を受け入れ、実務実習指導薬剤師が中心となって、調剤・無菌調製・薬剤管理指導・薬物血中濃度モニタリング・薬品管理などの実習を行っています。

災害医療

当院は災害における医療において、北海道災害拠点病院とNHO災害拠点病院としての役割も担っています。薬剤部はDMATをはじめ、NHO初動医療班、NHO医療班の活動のための衛生資材や医薬品の確保と、薬剤部員の被災地への派遣を行っています。
国立病院機構独自に保有している災害急性期に派遣を行うNHO初動医療班(医師1名、看護師2名、事務職1名、薬剤師等1名の合計5名)の人員として登録されている薬剤師が現在3名在籍しております。2011年の東日本大震災では継続して薬剤部員3名が災害支援活動に尽力いたしました。
また、札幌市内が被災した場合も想定し、当院が札幌市西区における災害拠点病院として機能を果たすための備蓄医薬品の確保や管理や、BCP(事業継続計画)の改訂を平時より行っております。

保険調剤薬局の皆様へ

◎当院への疑義照会について

① 処方内容及び調剤に関するお問い合わせ
疑義照会が発生した際は、薬剤部へFAXでお問い合わせください。特に疑義照会の指定様式はありませんが、照会内容、保険調剤薬局名称、担当薬剤師名、連絡先電話番号を記載し、院外処方せんの写しと一緒に送信願います。なるべくA4サイズ1枚でお願いいたします。薬剤部で内容を確認後、電話連絡にて回答いたします。なお、医師の診療状況により時間を要する場合がありますので、ご了承ください。
受付時間外の疑義照会については、病院代表から薬剤部へ疑義照会を送る連絡した上で、
FAXをお送りください。
連絡先:薬剤部調剤室
受付時間:平日8:30-17:15
FAX 011-611-8194(薬剤部直通)

② 保険に関する事項のお問い合わせ
保険者番号、公費負担など保険に関する内容については、医事外来算定担当にお問い合わせください。
連絡先:医事外来算定(病院代表:011-611-8111)
受付時間:平日8:30-17:15

◎保険調剤薬局で後発医薬品に変更した場合や一般名処方で調剤した薬剤に関するフィードバック方法
当院では、院外処方せん調剤時において後発医薬品へ変更した場合や一般名処方における調剤をした薬剤の報告書による情報提供を求めないこととし、患者さんの「お薬手帳」にて確認することとしています。患者との同意で調剤する医薬品を決定後、お薬手帳には調剤した医薬品名を記載いただきますようお願い致します。なお、患者さんが診察の際には、保険薬局で渡された「お薬手帳」を持参するよう指導をお願いします。
◎調剤過誤が発生した場合
調剤過誤が発生した場合については、早急に薬剤部へ電話連絡し、処方医の指示を仰いでください。またその後に調剤過誤報告書を2部(処方医・薬剤部長)作成の上提出ください。なお、調剤過誤報告書の指定様式はありません。