平成29年度 北海道医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 689 205 163 341 557 895 1841 2266 1561 319
 当院は札幌市西区の唯一の公的病院であり、3次救命救急センターを有する地域医療支援病院として身近でかつ質の高い医療を幅広い年齢層に提供しています。70代以上の高齢者の入院が4000人以上を占め、まさに地域の高齢化を反映した状況となっています。一方、20歳以下は900人弱を占めるに過ぎず少子化が明瞭となっています。感染症の流行状況で変動はありますが、予防接種対象疾患の拡大により小児疾患での入院機会が減少しているのも一因と考えられます。救急搬送される患者の入院全体に占める割合は20%前後となっております。交通外傷や薬物中毒など若い年齢層に発症する救急疾患に対応しています。神経内科では変性疾患のみならず重症筋無力症や多発性硬化症など免疫性神経疾患の診療に力を入れていて比較的若い年齢層の入院が多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 190 4.50 5.91 1.05% 72.38
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 126 6.53 5.30 0.79% 65.10
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 93 5.92 4.62 1.08% 73.28
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 64 3.84 3.03 3.13% 68.69
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 20.51 17.71 8.47% 81.49
 最も多い症例は狭心症・陳旧性心筋梗塞など慢性虚血性心疾患の検査入院で、負荷心筋血流シンチと心臓カテーテル検査を行っています。次に多いのが不整脈に対するカテーテル治療、3番目が狭心症などに対する待機的カテーテル治療で血管内超音波などの画像診断を併用したものです。以上で全症例の約4割ですが、カテーテル検査後に同一入院で治療を行った症例も約50例あります。4番目の心筋シンチを行わないカテーテル検査入院では在院日数がやや短くなっています。また365日24時間体制で救急患者を受け入れており、心不全入院は約180例、急性心筋梗塞は約50例ありました。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 81 11.14 10.61 6.17% 77.46
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 5.76 7.39 0.00% 67.20
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 33 4.45 7.87 0.00% 75.21
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 11.13 9.83 13.04% 79.17
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 23 13.30 11.44 0.00% 76.61
 胆管(肝内外)結石、急性胆管炎などの患者様に対する診断、処置・治療例(内視鏡的胆石除去術、ステント留置術、ドレナージ術等)が最も多くなっています。治療後の経過や、肝機能や炎症の改善の経過を見る必要があります。次いで胃炎や腸炎(感染性、虚血性など)による検査、治療です。3番目は大腸憩室炎や大腸憩室出血(処置無し)などによる検査、治療の入院です。4番目は膵臓の良性や悪性腫瘍に対する検査・診断のための入院で、腹部CT、腹部MRI、超音波内視鏡(針生検含む)、膵胆管造影術(ERCP)などを行っています。5番目は肝臓がんに対するラジオ波療法や肝動脈化学塞栓療法や胆管がんに対するステント治療などを行い、治療後の経過を見ることが必要です。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 158 2.43 5.02 0.00% 59.36
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 81 7.07 4.75 0.00% 58.04
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 204 4.27 4.98 1.96% 59.26
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 75 6.67 6.28 0.00% 46.52
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 57 5.86 6.37 0.00% 47.23
 この表は婦人科に入院した患者さんの延べ人数を疾患別に示したものです。一番目と二番目は卵巣癌の抗癌剤治療を受けた患者さんで、合わせると延べ239名です。3番目は子宮癌(頸癌と体癌を合わせたもの)抗癌剤治療を受けた患者さんで延べ204名です。4番目は子宮筋腫や子宮腺筋症など子宮の良性腫瘍で子宮を摘出した患者さんで75名です。5番目は卵巣のう腫など卵巣の良性腫瘍で卵巣の部分切除(核出術)を受けた患者さんで57名です。
 当科は患者さんにとって効率的な治療を行うことを目標としており、悪性腫瘍の患者さん(表1~3)も極めて短期間の入院で抗癌剤治療を受けることができております。また患者さんによっては外来での抗癌剤を受けることも可能です。良性疾患の手術(表4~5)もほとんどが腹腔鏡による手術が行われ、入院期間の短縮が見られています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 79 3.32 4.47 0.00% 75.54
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 42 3.00 4.31 0.00% 69.95
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 42 3.17 4.38 2.38% 73.17
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 8.97 7.40 7.69% 64.67
060035xx99x30x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 33 3.24 6.63 0.00% 58.85
 外科へ入院する患者様でもっとも多い病気は大腸がんです。結腸がんの手術目的での入院が第一位で、第二位、第三位、第五位はそれぞれ直腸がん、結腸がんの化学療法目的での入院でした(二位、三位、五位は抗がん剤の内容や大腸がんの部位の違いでDPCコード分類が別になっています)。
 当科では大腸がんの手術症例のうち約75%の患者様に対して腔鏡下で手術を施行しております。腹腔鏡手術は開腹手術に比べて体への負担が軽く早期の退院が可能となり、当院の平均在院日数は約19日で全国平均より大幅に短縮されています。また、大腸がん化学療法の多くは、2泊3日の入院で、隔週で抗がん剤を投与しています。平均在院日数は約3日間でこちらも全国平均より短くなっています。大腸がんは増加傾向にあり、2015年のがん全国統計では肺がんに次いで2番目に死亡者数が多いがんです(男性3位、女性1位)。今後も増加していくと予想されており、患者様がより安全に、より安楽に手術や化学療法を受けられる様に今後とも外科のスキルアップに努めてまいります。尚、第四位は胆石・胆嚢炎に対する手術目的での入院でした。他、良性疾患では鼠径ヘルニアの手術が多いのですが、いずれの手術もほとんど腹腔鏡下手術でおこなっており、高齢者や緊急手術例を含めて術後早期の退院が可能となっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 93 5.08 6.03 2.15% 3.98
030270xxxxxxxx 上気道炎 88 4.40 4.84 0.00% 3.15
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 87 5.52 5.94 0.00% 1.87
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 5.37 6.32 0.00% 4.56
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 4.93 5.70 2.27% 4.61
 小児科では近隣や市内のクリニックから紹介の入院が多くなっています。RSウイルスやヒトメタニューモウイルスによる肺炎、急性気管支炎などの呼吸器感染症、咽頭炎や扁桃炎などの上気道炎や喘息が多くみられます。小児、特に乳幼児では症状が続く場合には容易に脱水症を引き起こすために入院加療が必要になることがあります。小児科では他には北海道内各地から腎生検を必要とする場合もあるネフローゼ症候群などの小児腎疾患、先天代謝異常疾患の入院精査加療を多く受け入れています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 148 12.23 11.99 2.70% 65.47
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 117 4.18 3.59 3.42% 71.57
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 8あり 31 11.06 11.75 0.00% 66.55
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 15.97 13.83 3.45% 74.48
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 23 16.57 19.65 8.70% 74.57
 DPCコードによる分類では1番目と2番目が肺癌で化学療法をしている群となっており、平均在院日数は全国平均とほぼ同等ですが、平均年齢がやや高くなっています。 しかし、治療成績は病院ホームページで公開していますが、奏効率・病勢制御率などは他施設と遜色ない成績となっています。3番目は肺炎ですが、この中にはwalk inで受診する市中肺炎群と当科加療中の慢性呼吸器疾患患者の肺炎併発群があり、平均在院日数は前者が7-10日、後者は14-20日で、両者を合わせて14日前後となっています。また、入院疾患としては、肺癌、肺炎に続くものはCOPD、間質性肺炎となっています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 2.56 3.58 5.88% 44.09
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 25.68 20.83 35.48% 77.81
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 19 13.95 12.34 31.58% 83.21
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 2あり 16 52.94 34.78 68.75% 73.38
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 15 27.20 19.94 73.33% 81.47
 救急科が担当する診療領域は多岐にわたるため、上記の疾患群を主に診療していると言う訳ではありません。当科の診療内容を正しく示すデータは厚生労働省が公表している救命救急センターの充実段階評価結果(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188907.html)および報告している重篤患者数(※ https://www.hosp.go.jp/~hokkaidomc/department/emergency.html)をご参照ください。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 57 31.96 27.09 71.93% 80.23
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 39 21.08 17.28 12.82% 73.10
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2 なし 33 27.79 21.70 33.33% 70.73
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 23 16.30 16.53 26.09% 56.00
070210xx01xxxx 下肢の変形 骨切り術 前腕、下腿等 18 29.50 22.62 0.00% 58.28
 平成29年度の整形外科手術件数は520例で、脊椎脊髄外科手術216例、四肢の外傷手術189例、人工膝関節置換術などの変性疾患手術が115例でした。札幌西地区の基幹病院でもあり、心疾患や腎疾患の基礎疾患のある高齢の方が転倒され股関節周囲の骨折を患い、当院で治療される方が数多くおられます。また高齢患者様の脊柱管狭窄による歩行障害で脊椎外科手術を受けれれる患者様も多くいらっしゃいます。下肢の変形などのために特殊な医療が必要な患者様を当院を利用してくださっております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 28 8.71 7.58 3.57% 57.04
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 25 2.08 3.29 0.00% 3.24
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 23 10.22 7.23 4.35% 54.09
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 22 12.32 9.20 4.55% 65.59
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 20.29 13.70 0.00% 68.65
 耳鼻咽喉科では手術および急性疾患の治療が目的の入院が大半を占めています。手術目的では耳下腺良性腫瘍を中心とする大唾液腺腫瘍等が28例で第1位、滲出性中耳炎の鼓膜換気チューブ挿入術が25例で第2位、副鼻腔内視鏡手術が23例で第3位、甲状腺悪性腫瘍手術が22例で第4位、口腔・咽頭・喉頭がん等の頭頸部悪性腫瘍手術が17例で第5位でした。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 37 4.05 3.14 0.00% 62.59
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 19 13.47 9.95 15.79% 68.16
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.38 - -
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.51 - -
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 22.47 - -
 脳神経外科では、脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷といった脳神経疾患を診療しています。特に、脳卒中や頭部外傷といった一刻を争う緊急の診断、治療を要する可能性のある疾患に24時間365日体制で対応しています。最も多い症例は未破裂脳動脈瘤です。これは、くも膜下出血の原因として最も多い脳の動脈にできる病気であり、詳しい検査を行った上で、外科手術、脳血管内手術、経過観察の中から、最も適したものを選択するよに心がけています。特に、カテーテルを使って体への負担が少なく治療可能な脳血管内手術に力を入れています。2番目に多い疾患は 脳梗塞で、これは、脳の血管が詰まることによりその血管が養っていた神経が障害を受けることで様々な症状を呈する疾患です。閉塞した血管を、tPA静注療法やカテーテルを使った治療により再開通させることで症状の改善を期待できることも少なくなく、適切な必要とされる治療を遅滞なく24時間行い得る体制としています。入院後は、早期にリハビリテーションを開始しリハビリテーション病院への早期転院を図り、社会復帰、あるいは家庭への退院への期間短縮に努めています。脳腫瘍は原発性のもの(良性、悪性 両者の可能性)と転移性脳腫瘍があり、多岐に渡ります。治療適応、方法、後療法の選択、決定には高度の判断を要します。当院では北海道大学病院脳神経外科との連携のもと診療にあたっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010130xx99x4xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2 4あり 58 14.09 19.29 0.00% 56.98
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 10.00 13.98 0.00% 39.41
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 16 26.13 16.95 6.25% 46.19
010130xx99x0xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2 なし 14 15.50 15.52 0.00% 53.21
010110xxxxx0xx 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 なし - - 11.56 - -
 神経内科はDPC病棟並びにDPC対象外病棟においても入院診療を行っている。平成29年度の入院総数は延べ595名でDPC病棟には184名入院している。疾患の内訳はパーキンソン病、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症等、変性疾患やプリオン病など多岐にわたるが、免疫性神経疾患である多発性硬化症が52名、重症筋無力症が152名と極めて多いのが当科の大きな特徴である。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 39 7.10 7.31 5.13% 78.87
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 30 7.40 5.75 13.33% 70.03
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 14 9.07 12.34 7.14% 73.93
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 12 10.67 12.30 0.00% 65.08
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 - - 7.64 - -
 膀胱腫瘍はその90%以上が粘膜より発生する尿路上皮癌で、膀胱内再発が非常に多い癌であるため、当科でも入院件数の第1位となっています。次に多いのが上部尿路疾患で、主に尿管結石などの上部尿路結石によるものです。強い側腹部痛が主な症状ですので救急搬送される場合も多く、我が国の尿路結石統計を見ると、年間罹患率は男女共に上昇し続けています。腎臓または尿路の感染症は、主に尿管結石の嵌頓による複雑性腎盂腎炎が多くなっています。致死的な細菌性ショックに至ることがあり早急な治療が必要な場合もあります。腎腫瘍はその多くが腎癌であり、腹部超音波検査やCTの普及により偶然発見される腎癌の頻度が上昇しています。偶然発見される腎癌は早期癌である場合が多く、根治療法を行えば長期の生存も期待できます。しかし現状では進行癌で発見される場合がまだ多い疾患です。前立腺肥大症は加齢によって前立腺重量が増加するため中高齢男性に見られる良性疾患です。排尿困難により入院が必要となる場合もあります。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 28 4.43 4.14 0.00% 50.07
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 21 11.57 11.73 0.00% 70.00
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 20 7.65 8.95 5.00% 75.70
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 18 8.78 8.50 0.00% 78.44
080140xxxxx2xx 炎症性角化症 手術・処置等2 2あり - - 2.90 - -
 皮膚腫瘍に対する治療を積極的に行っております。大きな腫瘍や摘出後に出血リスクのある腫瘍は入院適応があります。急性膿皮症のDPCコードの中では、蜂窩織炎(主に下肢)が多く、また時には糖尿病等の合併では重症化リスクが高いため、緊急での入院適応があることが多いです。 主に抗生剤および患部のクーリングを中心に、また皮膚がリンパ漏などの合併の場合は連日の処置も含めて加療しております。 帯状疱では、主に顔面の帯状疱疹は悪化すると瘢痕や整容面での問題が残る恐れのある場合や、重症の帯状疱疹では疼痛の残存が生じ易いため、入院適応になります。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 23 17.57 16.80 8.70% 75.35
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 14 2.14 3.20 0.00% 65.86
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり - - 21.40 - -
050161xx9901xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり - - 23.70 - -
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.68 - -
 心臓血管外科において腹部大動脈瘤及び腸骨動脈瘤に対してステントグラフト内挿術を行った患者様が最も多くなっております。また同疾患に対して動脈瘤切除・人工血管置換術を行った患者様は3番目に多く、より低侵襲治療である前者の方が在院日数は短く、また高齢の患者さまが多い傾向にあります。2番目に多い疾患は静脈・リンパ管疾患で、全例下肢静脈瘤の患者様です。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 10.93 12.23 6.67% 58.13
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 8.64 8.50 0.00% 67.29
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 13 11.69 14.55 7.69% 71.77
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし - - 7.35 - -
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし - - 22.12 - -
 腎臓内科で最も多い入院は、IgA腎症に対するステロイド治療目的でした。2位は慢性腎臓病が悪化し、血液透析が必要となる方に内シャント手術を行う入院です。3位は慢性腎臓病が悪化して血液透析を導入する入院です。4位は糸球体腎炎を疑って、腎生検をするための入院です。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 13 21.54 17.16 7.69% 59.62
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 10 29.80 19.65 10.00% 76.70
070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 6あり - - 2.90 - -
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - - 5.50 - -
070470xx99x2xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 2あり - - 23.43 - -
 リウマチ科では、関節リウマチをはじめとする膠原病の病背をコントロールするための治療と、その合併症に対する治療のために入院される方が多数を占めております。関節リウマチに対する分子標的薬を用いた治療を安全に導入するため、短期間の入院を行うことがあります。関節リウマチや、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎、強皮症、顕微鏡的多発血管炎等の血管炎症候群、混合性結合織病、ベーチェット病等の全身性自己免疫疾患である膠原病とその類縁疾患における、急性期の肺、腎臓、中枢神経、心臓、筋肉等の様々な臓器の障害に対して、副腎皮質ステロイド剤、免疫抑制剤、分子標的薬等を用いて協力な治療を行うため入院治療を行っています。また、これらの治療に伴い、時に発生する肺炎等の感染症や、薬剤性臓器障害等の合併症に対しても必要に応じて入院治療を行っております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 35 4.26 4.14 0.00% 49.69
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし - - 8.50 - -
070590xx97x0xx 血管腫、リンパ管腫 手術あり 手術・処置等2 なし - - 7.18 - -
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2 なし - - 25.98 - -
030390xx970xxx 顔面神経障害 手術あり 手術・処置等1 なし - - 10.92 - -
 形成外科では、良性・悪性の皮膚皮下腫瘍切除術が最多となっております。皮膚皮下良性腫瘍摘出術の場合、①腫瘍の大きさや手術時間などから、全身麻酔が必要となるケース②術後出血などの合併症のリスクが高いケース などは、基本的に入院の上で手術を行うこととしています。その場合、入院日数は2~4日となることがほとんどです。また、悪性腫瘍切除後に植皮術や複雑な皮弁術などで再建を行うようなケースでは、その術式に応じ10日~2週間ほどの入院となることが多いです。糖尿病に関係する疾患の場合、局所感染を合併していることがほとんどですので、感染や糖尿病のコントロールを行ってから本格的な手術を行うことになります。したがって入院期間もより長期を必要とする傾向にあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 29 17 12 33 15 16 1 7
大腸癌 24 50 111 105 13 227 1 7
乳癌 - - - - - 1 7
肺癌 43 12 66 196 60 122 1 7
肝癌 - - 14 10 - 22 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 北海道がん診療連携指定病院として、各診療科で様々ながん診療を行っています。がん診療のみを行う専門病院とは違い、がん以外の合併症に対する高度専門医療や救急医療にも対応しています。胃がん、大腸がんではⅢ期、Ⅳ期の進行癌の割合が多くなっていますが、積極的に内視鏡下手術を導入し負担が少なく入院日数が少なくなるように努力しています。乳がんは検診による早期発見に努めた結果、Ⅰ期、Ⅱ期での治療症例が60%を占めています。肺がんでは他院から紹介された進行癌や再発癌に対する化学療法を最新の遺伝子検査の情報も参考に行っています。肝がんは再発例が多く肝動脈塞栓術や薬物療法が治療の主体となっています。病期不明は多くが検査入院ため病期分類が確定していない症例です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 13.42 57.31
中等症 71 22.62 78.75
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
 軽症例では平均年齢50歳台の肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎が中心であり在院日数が13日と比較的短くなっています。中等症では平均年齢が78歳と上昇し同時に平均在院日数が長くなる傾向があります。高齢者ではICUなどでの集中治療を要する場合も少なくありません。いすれも退院支援を困難にする要素をたくさん持っている症例群であり、在宅医療や介護との連携に力を入れています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 83 29.13 72.88 45.45%
その他 16 12.56 66.13 4.04%
 脳梗塞では発症して早期(3日以内)に入院する症例が8割を占め、ほぼ1ヶ月以内に転院あるいは退院しています。平均年齢が70歳と他院と比べると若い傾向があります。当院での入院期間は治療とリハビリを行い、約半数の方がリハビリ専門施設へ転院しています。救急科などの他診療科からのコンサルテーションで発見される症例が多いのも当院の特徴です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 115 5.96 3.41 2.61% 72.32
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの) 88 2.31 3.67 0.00% 64.70
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 56 4.70 5.21 0.00% 73.70
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの) 42 2.88 4.17 2.38% 66.38
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 21 6.38 12.67 14.29% 77.48
 虚血性心疾患のカテーテル治療を年間200~250例行っており、その中で狭心症等に対する待機的冠動脈ステント留置術が第1位となっています。検査後同一入院での施行や心不全・心筋梗塞の入院中に行う症例も多く、入院日数が長目ですが、パスは5日間です。 なお、急性心筋梗塞などに対する緊急ステント留置術は42例でした。不整脈に対する経皮的カテーテル焼灼術も年間約150 例施行しており、中でも心房細動に対するものが多く、第2位となっています。下肢動脈閉塞に対する血管拡張術は重症虚血肢症例を多く含み、高齢者が多く在院日数も長くなっています。ペースメーカー・植え込み型除細動器の移植術は電池交換も含め年間70例行われました。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 244 1.16 1.89 3.69% 69.88
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 75 5.64 11.15 6.67% 76.65
K654 内視鏡的消化管止血術 42 0.71 10.71 11.90% 72.83
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 32 1.28 4.22 0.00% 72.47
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 30 1.80 8.20 6.67% 73.83
 大腸ポリープの内視鏡的治療例が最も多く、2-3日の入院期間となっています。次いで胆管腫瘍や胆管・胆嚢結石による閉塞性黄疸、胆管炎・胆嚢炎などで胆管結石除去術や胆道ドレナージ(ステント治療、ENBD、ERBD等)を行います。手術前の検査や術後の経過観察が必要です。胃・十二指腸潰瘍出血、食道静脈瘤破裂などに対する内視鏡的止血術の治療を行います。再出血例では、内視鏡治療追加や 放射線科や外科と相談し血管塞栓術や手術を選択することもあります。大腸早期がんに対する内視鏡治療(粘膜下層剥離術)を行っています。大腸の憩室出血、ポリープや腫瘍からの出血、内視鏡治療後の出血例などの内視鏡治療を行っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 105 1.00 4.92 0.95% 51.52
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 74 1.00 3.80 0.00% 42.84
K861 子宮内膜掻爬術 24 0.25 1.25 0.00% 57.79
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 24 1.13 4.46 0.00% 39.21
K867 子宮頸部(腟部)切除術 22 0.95 1.55 0.00% 34.86
 婦人科の手術に関しては、患者さんの身体への負担を少なくすること(低侵襲手術)を目標としており、①腹腔鏡手術、②自己血輸血を2大柱として良性・悪性疾患に対応しています。腹腔鏡手術は臍に1か所、右下腹部に3~5mmの傷、計2か所の小さな傷だけで行う、いわゆる2孔式手術をほぼすべての腹腔鏡手術に適応しており、子宮筋腫や子宮腺筋症に対する腹腔鏡下子宮全摘術や腹腔鏡下筋腫核出術や、良性卵巣腫瘍に対する腹腔鏡手術が多くなっております。また治療後に妊娠を希望する若年者の初期の子宮頸癌の増加に伴い、レーザーを使用した子宮頚部円錐切除術も増加しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 56 1.93 5.77 7.14% 65.02
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 46 1.07 4.24 2.17% 74.70
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 29 0.24 3.72 0.00% 37.48
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 25 0.16 4.84 0.00% 67.80
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 22 4.64 14.68 4.55% 72.64
 外科の主要手術別患者数でもっとも多かったのは、腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した患者様でした(胆嚢炎の有無を問わず)。第二位には結腸がんに対する腹腔鏡下結腸切除術がランクインしています。第三位は腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術です。いずれの手術も腹腔鏡下手術の比率が高く、平均在院日数も全国平均を下まわっています。大腸がんの患者様は増加傾向にあり高齢の方も多くなっています。当院で腹腔鏡下結腸切除を受けた結腸がんの患者様の平均年齢は約72歳ですが、腹腔鏡下手術により術後侵襲は低くなり平均術後在院期間は約15日と短くなっています。今後も引き続き、より質の高い、安全安心な外科治療を提供できるように、腹腔鏡下手術を中心に手術手技の研鑽に努めてまいります。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 11 30.00 31.27 100.00% 71.82
K386 気管切開術 10 13.40 38.40 90.00% 72.40
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) - - - - -
 救急科が担当する診療領域は多岐にわたるため、上記の疾患群を主に診療していると言う訳ではありません。当科の診療内容を正しく示すデータは厚生労働省が公表している救命救急センターの充実段階評価結果(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188907.html)および報告している重篤患者数(※ https://www.hosp.go.jp/~hokkaidomc/department/emergency.html)をご参照ください。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成) 58 2.72 17.95 25.86% 72.64
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 56 4.93 26.23 53.57% 80.13
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 33 4.21 23.94 39.39% 70.79
K0821 人工関節置換術(膝) 等 26 1.35 30.00 15.38% 75.46
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) 25 5.60 28.12 72.00% 70.52
 平成29年の整形外科手術総数は520例ですが、一般医療機関では困難が難しい脊柱変形や脊椎感染症などの手術が多いのが当院の特徴になっています。糖尿病、脳血管疾患、循環器疾患、呼吸器疾患などで外科的治療が難しい患者さまを数多く道内の医療機関からご紹介いただいています。在宅医療を担っておられるかかりつけ医の先生をはじめ、単科の専門医療機関からのご紹介も数多く、総合病院の利点を最大限に生かした”チーム医療”を展開しています。診療科の垣根を超え、また職種間の連携を密にした医療の実践を大切にしています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 26 1.00 0.23 0.00% 3.31
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 17 1.06 6.82 0.00% 58.06
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 17 1.00 5.35 0.00% 51.35
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 14 1.00 6.86 0.00% 24.93
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 11 1.00 7.64 0.00% 71.82
 平成29年度の耳鼻咽喉科上位手術は、第1位が滲出性中耳炎の鼓膜換気チューブ挿入術(26例)、第2位が耳下腺良性腫瘍手術と内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(各17例)、第4位は口蓋扁桃摘出術(14例)、第5位は甲状腺悪性腫瘍切除手術(11例)の順でした。上記には含まれませんが、鼻内視鏡手術は他の術式を含めて全25例、甲状腺手術は全27例(悪性22例、良性5例)、口腔・咽頭・喉頭がん手術8例、頸部郭清術10例、耳下腺手術は全22例(悪性1例、良性21例)などを行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) 25 3.04 19.80 28.00% 62.52
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 17 5.00 15.53 52.94% 61.29
K178-4 経皮的脳血栓回収術 11 0.45 35.36 63.64% 73.18
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭による) 等 - - - - -
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - - - - -
 脳神経外科で最も多い手術は、脳血管内手術で、これは、脳の血管に発生した病気をカテーテルという管を用いて、脳の血管のなかから治療を行う方法です。頭を切らなくて良い、元々ある血管という道を通って治療するため脳にさわらず治療可能、など、さまざまな利点があり、我々も、積極的に取り入れています。対象疾患は、脳動脈瘤(くも膜下出血をきたして発症するもの、破裂する前に偶然発見される未破裂動脈瘤があり、ともに対象となります)、頚動脈狭窄症(脳梗塞の主要な原因の一つで、ステントとよばれる金属の筒を用いて治療します)、脳—硬膜動静脈奇形(脳卒中やてんかん発作の原因となります)などがあります。 3番目の経皮的脳血栓回収術も同様の手技を用いた治療となります。経皮的脳血栓回収術は、脳の太い血管が突然血栓で閉塞して起こる脳梗塞の場合、発症から時間が経っていないこと、CTやMRI所見などで一定の条件を満たせば、血栓を取り除くことで劇的な症状の改善が期待できることが、近年の欧米の研究で明らかとなり、強く推奨されています。当科では、この治療の実施医が3名おり、24時間体制で素早く行いうる体制を取っています。2番目に多い疾患は脳腫瘍です。ナビゲションシステムや種々モニタリングを用いて可能な限り脳機能温存をはかるのはもちろんのこと、転移性脳腫瘍など、全身に合併症をもつ症例も少なくなく、総合病院のメリットを生かして、細心の術後管理を行うようにしています。4番目に多いのは慢性硬膜下血腫に対する穿頭手術です。慢性硬膜下血腫とは、高齢の方に多い疾患で、一般的には軽微な頭部外傷後数週ー数ケ月経過してから、頭蓋骨の下にある脳を覆っている硬膜という膜と脳の間に徐々に血腫が貯留し、脳を圧迫することにより頭痛や運動麻痺、精神症状(認知症)、歩行障害など、様々な症状を呈します。多くの場合は、局所麻酔による穿頭術により良好な経過が期待できます。5番目に多い手術は、内頚動脈血栓内膜摘出術です。頚部内頚動脈の高度狭窄は脳梗塞の原因として重要で、一定以上の狭窄の場合に予防的治療が施行されます。方法として、外科手術(血栓内膜摘出術)とカテーテルを用いた頚動脈ステント留置術があります。当院では両者とも可能であり、症例ごとにより適した治療法を選択しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 38 1.16 4.97 5.26% 79.45
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 30 2.70 6.07 16.67% 70.67
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 13 2.92 8.77 0.00% 66.54
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
 膀胱癌はまず切除鏡で経尿道的に腫瘍を切除して病理診断を行い、進行度によって次の治療計画を立てます。経尿道的尿路結石除去術は硬性尿管鏡や軟性尿管ファイバースコープを尿管や腎盂腎杯内に挿入して当科ではホルミウムヤグレーザーという安全なレーザー波で結石を破砕しています。腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術は3−4本の内視鏡を腹腔内へ挿入して根治を目指して腫瘍が大きい場合は腎と腫瘍を一塊にして摘除しますが、腫瘍が小さい場合は腫瘍のみを摘除する腎部分摘除術を行うことも可能です。前立腺肥大症に対する経尿道的レーザー前立腺切除術は、肥大した前立腺内腺をホルミウムヤグレーザーで核出することによって狭くなった尿道を広げて排尿状態を良好にする手術です。この術式は術後すぐに排尿状態が良くなるのが特徴で、術後の血尿も少なく入院期間も短くて済む安全な手術です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 1.00 5.63 0.00% 78.81
K0152 皮弁作成術・移動術・切断術・遷延皮弁術(25以上100未満) 11 1.82 6.45 0.00% 63.55
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) 等 11 1.00 3.45 0.00% 51.18
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) 等 10 1.60 2.30 0.00% 59.90
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) 等 - - - - -
 皮膚悪性腫瘍については、悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌、ボーエン病などの主要な皮膚悪性腫瘍を中心に診断、治療を行っています。 皮膚の良性腫瘍においては、皮膚腫瘍の診断を行い、部位、大きさおよび深さを考慮し、術式によって外来手術あるいは入院での摘出を行っております。 腫瘍摘出に際しては、その皮膚の欠損および整容面を考慮した皮弁作成術も多用し、術後の整容面にも配慮しております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 13 0.08 1.00 0.00% 66.08
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 10 2.50 26.70 20.00% 75.70
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 10 3.60 7.70 10.00% 74.60
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
 心臓血管外科で行った手術で最も多かったのは腹部大動脈瘤及び腸骨動脈瘤に対して行ったステントグラフト内挿術です。同疾患により当科に入院した患者様の約2/3に対しましてこの術式を選択しており、より低侵襲な治療を心がけております。2番目に多かったのは下肢静脈瘤血管内焼灼術で、全例高周波を用いた低侵襲治療です。全国的な傾向と同様、当科においても年々増加傾向にあります。3番目に多かったのは動脈血栓除去術で大部分が下肢動脈閉塞症例でしたが、上肢動脈や人工血管が閉塞した症例も少数見受けられました。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 20 4.35 6.70 5.00% 70.65
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘) - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
 腎臓内科に入院して手術を行うのは、血液透析を行うために必要な内シャント手術です。手術自体は心臓血管外科に依頼しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上,12㎝未満) 等 11 1.00 4.55 0.00% 54.73
K0062 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上,6㎝未満) 等 11 0.91 1.45 0.00% 59.09
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝以上,4㎝未満) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0061 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満) - - - - -
 形成外科では、良性皮膚皮下腫瘍切除術が最多となっております。皮膚、皮下腫瘍摘出術の場合、良性・悪性を問わず、単純な手術であれば、入院期間は3日前後になります。しかし、腫瘍が大きく、吸引ドレーンを使用するようなケースや、皮弁術まどを併用した場合は、1週間程度の入院を必要とし、植皮術を行った場合は、おおむね2週間程度の入院期間となることが多いです。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 305 0.04 1.01 0.66% 75.75
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他のもの) - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
 眼科の手術では白内障手術が最も多く、一泊二日で行っています。 眼臉下垂や眼臉内反症のような眼形成手術にも対応しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 27 0.31%
異なる 44 0.50%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 41 0.46%
異なる 10 0.11%
 全症例に対する播種性血管内凝固と敗血症は全国平均とほぼ同レベルの発症率です。敗血症では入院契機と異なる発症が0.50%ですが(入院契機と一致は0.31%)、様々な合併症を持つ高齢者が診療対象となっていて3次救急症例が含まれている反映と考えています。以上より臨床的に根拠のない播種性血管内凝固および敗血症の診断は行われていません。 入院契機となった病名の治療に関連して手術・処置などの合併症を起こした方の頻度は全国平均と変わりません。手術・処置の合併症のため入院する頻度は低いと言えます。
更新履歴
2018/9/28
「年齢階級別退院患者数」 更新
「診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)」 更新
「初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数」 更新
「成人市中肺炎の重症度別患者数等」 更新
「脳梗塞の患者数等」 更新
「診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)」 更新
「その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)」 更新