救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各診療科のご案内

診療科  救急科

当科の対象疾患

救急科では、心肺停止、ショック、意識障害、呼吸不全、肝不全、腎不全、急性腹症、急性中毒、環境障害、外傷等により救急車で搬送される患者様の初期診療、そして集中治療が必要な患者様の全身管理を各科と協力体制の下に行っております。その他各科専門の急性疾患についても、救急科医師が窓口となり初期対応を行った後、各専門科の医師と連携協力して治療対応しています。

診療内容

当院の救命救急センターには救急医療・集中治療が専門の救急科医師7名が常勤しています。生命に危険のある重症の病気やケガの患者様、初期救急医療施設及び二次救急医療施設で対応困難な重症の患者様を、第三次救急医療機関として24時間体制で受け入れ、治療を行う救急専門の施設です。

H27年度 救命救急センター受け入れ実績

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
救急車による搬入数 222 201 186 215 188 193 199 199 198 200 199 188 2,388
救命救急センター受入総数 231 206 202 230 196 197 216 210 207 212 215 198 2,520
 うち入院数 145 131 141 171 137 144 152 153 139 155 150 139 1,757
厚生労働省の充実段階評価による重篤患者数 34 46 42 58 36 39 44 35 38 39 46 38 495
 うち病院外心停止 9 11 6 18 12 11 18 13 12 18 19 14 161

※平成27年度、消防等からの救急要請に対し、受け入れできなかった件数(不応需件数)は128件でした。

スタッフ

氏名・職名 認定資格 主な専門分野
七戸  康夫
救命救急部長
日本救急医学会指導医・救急科専門医
日本麻酔科学会麻酔科専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本病院総合診療医学会認定医
ICD(インフェクション・コントロール・ドクター)
JATECインストラクター
日本DMAT隊員(統括DMAT登録)
救急医学、集中治療医学、
災害医療
硲  光司
医長
日本救急医学会救急科専門医
日本麻酔科学会指導医・麻酔科専門医
日本ペインクリニック学会専門医
日本DMAT隊員(統括DMAT登録)
Off-JTインストラクター
 (ACLS-EP, AMLS/PHTLS, JATEC等)
救急医学、災害医療、
集中治療医学、麻酔科学、
シミュレーション教育
塩谷  信喜
医長
日本救急医学会指導医・救急科専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本外科学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本DMAT隊員
救急医学、災害医療、
集中治療医学
塚本  祐己
医長
日本内科学会 総合内科専門医
JMECCインストラクター
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器病学会 専門医
消化器一般、消化器救急
湯澤  寛尚
医師
(放射線科
出向中)
日本救急医学会救急科専門医
日本放射線学会 診断専門医・指導医
救急放射線
井上  望
医師
(心臓血管
外科出向中)
日本救急医学会救急科専門医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医
腹部ステントグラフト実施医
脈管学会専門医
DMAT登録
血管 血管内治療、
救急医学

地域医療機関へのメッセージ

札幌市西区における救命救急センターとして平成22年4月に開設されました。
救急科スタッフは少数ではありますが、各科医師や看護師、臨床工学技士、リハビリスタッフ等とともに救急患者様の初期診療から重症患者様の急性期全身管理、集学的治療を行って参りたいと考えております。

※救急科では、救急医療、集中治療に興味のある後期研修医、常勤医を随時募集しております。
興味のある方は、7shichi@hok-mc.hosp.go.jpまでご連絡ください。