救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

地域医療連携室

北海道医療センター地域医療連携室開設のご挨拶

旧西札幌病院及び札幌南病院では地域医療連携にご協力いただき厚くお礼申し上げます。
この度、2つの病院が統合し救命救急など新たな診療機能を加えた北海道医療センターとしてオープンいたしました。同時に地域医療連携室も新しいスタッフを加えて救急をはじめとする急性期疾患から神経・筋疾患の住宅支援まで幅広い守備範囲を持つことになりました。当センターでは患者様が身近な診療所や医院の「かかりつけ医」をお持ちになることをお勧めしております。入院や検査が必要な時は「かかりつけ医」の先生から当センターの地域医療連携室へご連絡、ご紹介いただければ担当診療科の医師よりご返事申し上げます。
また、患者様が当センターで治療、検査を受けていただき症状が安定いたしましたら、「かかりつけ医」で診療を継続していただくよう適当な医療機関にお願いし、逆紹介を推進して参ります。
従前にも増して皆様との医療連携を円滑に進め、患者様へより良い医療を提供していきたいと考えております。
より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成22年4月吉日

独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター

地域医療連携室長 長尾 雅悦