救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各診療科のご案内

診療科 神経内科

当科の対象疾患

Ⅰ.脳の病気

脳血管障害、髄膜炎、脳炎、パーキンソン病、パーキンソン症候群、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、神経ベーチェット症候群、ハンチントン舞踏病、頭痛、アルツハイマー病をはじめとする認知症、てんかん、不随意運動(振戦、チックなど)、脳腫瘍、脳膿瘍、頭部外傷、慢性硬膜下血腫、脳性麻痺

Ⅱ.脊髄の病気

脊髄炎、頚部脊髄症、頚部脊椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、脊髄空洞症、筋萎縮性側索硬化症、スモン、家族性痙性対麻痺、HAM、亜急性脊髄連合変性症、脊髄外傷、脊髄腫瘍、脊髄血管障害

Ⅲ.末梢神経の病気

多発神経炎、単神経炎、多発性単神経炎、絞扼性神経炎、顔面神経麻痺、三叉神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛、ギラン・バレー症候群、CIDP、ライム病、顔面攣縮、中毒性ニューロパチー(砒素、薬物)、代謝性ニューロパチー(糖尿病、尿毒症)、栄養障害ニューロパチー(アルコール、脚気、ペラグラ)、癌性ニューロパチー、シャルコー・マリー・トウース病

Ⅳ.筋肉の病気

筋ジストロフィー、多発筋炎、重症筋無力症、ミトコンドリア・ミオパチー、遠位型ミオパチー、代謝性ミオパチー、内分泌障害によるミオパチー、先天性ミオパチー、先天性筋強直症、周期性四肢麻痺

診療内容

神経内科で扱う疾患には様々な疾患が含まれますが、当院では特に、頭痛、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症などの神経難病、重症筋無力症、多発性硬化症、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチーなどの免疫性神経疾患の専門診療に力を入れています。(それぞれの専門分野を担当する医師はスタッフプロフィールをご覧ください。)当院には、MRI・CT・SPECTなどの画像診断機器および、脳波、神経伝導検査、針筋電図などの電気生理学的検査機器を備えており、これらの検査機器を駆使し的確な診断、評価に努めています。

※パーキンソン病専門外来

毎週火曜日の午前に菊地院長による「パーキンソン病専門外来」(平成23年4月~)を実施しています。

※多発性硬化症専門外来

毎週水曜日の午後に新野/宮崎医師による「多発性硬化症専門外来」(平成25年3月~)を実施しています。

スタッフ

氏名・職名 認定資格 主な専門分野
菊地  誠志
院長
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・指導医
日本認知症学会医専門医・指導医
パーキンソン病などの
神経変性疾患、免疫性神経疾患
新野  正明
臨床研究部長
(認知症診断センター長)
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・指導医
日本頭痛学会専門医・指導医
日本認知症学会医専門医・指導医
多発性硬化症
土井  静樹
医長
難病医療相談室長
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
多発ニューロパチー、
重症筋無力症、筋萎縮性側索硬化症
藤木  直人
医長
医療安全管理部長
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
日本頭痛学会専門医・指導医
頭痛、神経変性疾患
南  尚哉
医長
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
重症筋無力症、神経変性疾患
秋本 幸子
医師
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
臨床神経学一般
宮﨑 雄生
医師

日本神経学会専門医・指導医

日本内科学会認定医・指導医

日本内科学会総合内科専門医
多発性硬化症
神経内科臨床全般
中村 雅一
医師
日本神経学会専門医
日本内科学会認定医
多発性硬化症を含む免疫性神経疾患
神経内科臨床全般
網野 格
医師
日本内科学会認定医 臨床神経学一般
中野 史人
医師
日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
神経内科臨床全般

検査・治療手技

MRI・CT・SPECTなどの画像診断機器および、脳波、神経伝導検査、針筋電図などの電気生理学的検査

主な治療実績(27年度)

入院 外来
延総数 597名 8772名
重症筋無力症関連 108名(18%) 1854名(21%)
パーキンソン病関連 103名(17%) 2015名(23%)
多発性硬化症関連 78名(13%) 776名(9%)
末梢神経疾患 11名(2%)
運動ニューロン関連疾患 59名(10%) 261名(3%)
脊髄小脳変性症・多系統萎縮 37名(6%) 151名(2%)
筋疾患 15名(3%) 245名(3%)
感染症 32名(5%)
頭痛 517名(6%)
認知症 412名(5%)
その他 154名 2541名

地域医療機関へのメッセージ

私たちの科の前身は旧国立札幌南病院にあって、そこでは昭和54年に標榜科としての神経内科が、北海道で初めて開設されました。当時から神経難病のパイオニアとして診療に当たってきましたが、2010年に現在の地に移ってからは、慢性疾患だけでなく急性期の神経内科疾患にも幅広く対応しています。また、総合病院の神経内科ですので、他科とも連携して他疾患による神経内科的症状にも対応しています。さらに、神経疾患は治療が確立していない疾患も多いことから、少しでも早く薬が使えるよう当科では積極的に治験に参加しています.詳細は“現在行っている治験”をご覧ください。今後も近隣の諸施設をはじめとした多くの医療機関のご協力を得ながら診療に励んでいく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。神経内科疾患が疑われる場合などもお気軽にご相談ください。