救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

認知症疾患診断センターのご紹介

認知症疾患診断センターのご紹介

新野正明 認知症疾患診断センター長

新野正明 認知症疾患診断センター長

我が国は急速に高齢化社会へと移行しつつあり、認知症患者数は現在で500万人弱、2025年には700万人を超えると試算されています。実に65歳以上の5人に1人が認知症に罹患する計算となり、どのような医療機関でも認知症の方を診ていかなければならない時代に突入しようとしています。そこで当院では,西区を中心とした「地域で認知症を診ていく」環境を作り上げたいと考えました。その中で当院の果たすべき役割を考え、認知症診断、疾患にあわせたアドバイスなどを中心に関わる事を目的に認知症疾患診断センターを開設しました。認知症と一口に言っても、その中には様々な疾患が含まれ、アルツハイマー型認知症、レビー小体病の他、ビタミン欠乏、正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫など治療可能な疾患も含まれています。認知症が疑われた場合にまず大事なことは、正しい診断を行い、その後の道筋を付けることだと考えます。
認知症は先ほど述べたように1医療機関で診ていくものではなく、その時の患者さんの状況にあわせて各医療施設が専門とするところを中心に関わっていく必要があると思います。 そのために、当院は連携施設と関係を密にしながら認知症診療を行い、認知症に伴うBPSD(行動・心理症状)対応のためにさらに3つの専門医療機関(札幌西の峰病院、旭山病院、慈啓会病院)と連携し、認知症患者さんのそれぞれの状態に応じた適切な医療を「地域」として提供できる体制作りを目指していきます。その一歩となるのが認知症疾患診断センターと考えています。認知症かも?と考えられた場合にはお気軽に当センターをご活用いただければと思います。認知症に強い「地域」を目指していきたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。

●認知症疾患診断センターの役割

  • ・画像診断を含めた認知症診断で
     かかりつけ医をサポート
  • ・認知症の鑑別診断

●地域への情報発信

認知症疾患診断センターの役割として、市民向けの講演会を企画し開催しています。
認知症に関する最新の情報を専門の医師、看護師がわかりやすく説明しています。
今後も定期的に開催する予定です。
(スケジュール等につきましてはホームページなどで公開していきます。)

◆今後のスケジュール

■連携医療機関向け勉強会
日時:平成30年3月16日(金)18:00~19:30
会場:北海道医療センター 5階「大会議室」
講演 認知症基本的対応技術

『カンフォータブル・ケア』
演者 医療法人北仁会 旭山病院 看護師長 南 敦司先生

◆いままでに開催した講演会

■いきいき三角山フェスタ「ミニ講演会」(平成28年10月15日開催)
「認知症って何?もの忘れとどう違うの?」
演者 新野 正明 認知症疾患診断センター長

■市民向け健康講座(平成28年11月25日開催)
「がんと認知症」
演者 佐々木 亜希 認知症看護認定看護師

画像診断を含めた認知症診断でかかりつけ医による適切な治療と管理をサポート

認知症の治療は早期発見・早期治療が重要ですが、認知症の診断は初期ほど難しく、専門医による診察と高度医療機器を使った画像検査が必要です。
そこで、北海道医療センターでは「認知症疾患診断センター」を開設し、専門医を中心としたチームで認知症初期からの鑑別診断を行っています。

●認知症医療の質を高める、かかりつけ医と専門医の連携

認知症専門医療機関の不足から、認知症として医療機関を受診していない「潜在的認知症患者」が多数いるとされています。
また、治療ができないほど進行した状態での専門医受診が少なくありません。高齢化率の高まりとともに、かかりつけ医療機関の患者さんが認知症を発症するケースが増加することが予想され、かかりつけ医が日常診療の中で積極的に早期検出に関われる体制づくりが急務といわれています。
しかし、認知症は原因疾患が多様で、初期症状は加齢や性格的な行動との区別が難しいこと から診断は容易ではありません。
患者さんの「異変」に気づいたら早めに専門医に受診し、早期の段階で正しい治療の方向性を見いだすことです。
かかりつけ医と専門医とのスムーズな連携が、患者さんのその後の人生をより良いものにします。

◆当院認知症疾患診断センターが目指す認知症医療

~ かかりつけ医を中心とした体制づくり ~

認知症の鑑別診断

難しいとされる認知症初期の診断を、日本神経学会専門医・指導医を中心とした専門チームが担当しています。認知症は種類によって、病期ごとの症状や治療法が大きく異なるため、できるだけ早い段階で鑑別診断を行うことが大切です。

お申し込み

「認知症疾患診断センター」の受診は完全予約制となっており、かかりつけ医からの紹介により1日1名限定で行います。
患者さんやご家族から直接お申し込みはできません。かかりつけ医へご相談ください。

診察

【問診・診察】
患者さんとご家族が訴える症状が病的なものなのか、加齢によるものかを見極めます。診察中には、失行や失語などの高次脳機能障害や前頭葉徴候、パーキンソン症状、手足の軽い麻痺などがないかも観察します。

検査
 
血液検査

甲状腺ホルモンやアンモニアなども含め、認知機能低下に関わる可能性のある項目をチェックし、身体疾患をスクリーニングします。

MRI画像検査

MRI で脳の画像を撮影し、早期アルツハイマー型認知症診断支援システムVSRAD を用いて、アルツハイマー病の病態学的特徴がないかを調べます。
また、MRI 画像の水平断や冠状断は、血管性認知症、前頭側頭型認知症、特発性正常水頭症などの鑑別に有用です。

認知機能検査

認知機能を評価するスクリーニング検査を2種類行います。

診断が難しい場合はRI検査

MRI 検査で診断が難しい場合は、後日、RI検査(核医学検査)の一つである「ダットスキャン検査」や「脳血流SPECT」を行い、脳血流や代謝の状態を客観的に見て診断します。 入院精査で髄液検査を行うこともあります。

ダットスキャン検査では、黒質線条体ドパミン神経終末部のドパミントランスポーターの分布を反映した画像を得ます。

検査結果

本人と家族に検査結果を説明し、今後の療養や治療について説明します。

その後

●地域全体で認知症を診る
原則、かかりつけ医に戻します。検査画像や診断結果を提供し、治療や経過観察、引き続き日常健康管理などをお願いしています。

●定期的なフォローアップ
認知症疾患診断センターで定期的に認知機能の状態を再チェックし、総合的な病態評価を行います。必要に応じて神経内科外来での診療継続や入院対応、地域医療機関の紹介など、医療が患者さんにスムーズに提供できるよう調整します。