救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

概要・沿革

沿革

国立病院機構北海道医療センターは、平成22年3月に国立病院機構西札幌病院と国立病院機構札幌南病院が統合して開院しました。 西札幌病院は、成育医療(小児科・婦人科)、免疫異常、循環器疾患及び腎疾患等の専門医療を、札幌南病院は、神経筋疾患及び結核を含む呼吸器疾患の専門的な医療を行ってきました。平成11年の国立病院等の再編成見直し計画に基づき、統合病院(=北海道医療センター)は、北海道内の「神経・筋疾患、成育医療、免疫異常」に関する中心的施設として、高度で専門的な医療、臨床研究、教育研修及び情報発信の機能を備えるとともに、「がん、循環器病など」に関する専門的な医療等の機能を備えた施設として、また、災害時の診療支援機能を備え、北海道内における高度で総合的な医療 等の機能を備えた施設として整備することとし、22年1月末に新棟が完成、平成22年3月1日に統合が完了しました。 北海道医療センターは、独立行政法人国立病院機構144病院の一員として、かつ、地域の医療 機関や行政機関とも連携し、その役割 を果たしていくこととしています。

【病院沿革】

独立行政法人国立病院機構西札幌病院

昭和 5年
市立札幌療養所として創設
昭和18年
日本医療団札幌療養所として改称
昭和22年
厚生省に移管、国立札幌療養所として発足
昭和44年
国立療養所西札幌病院と改称
平成14年
国立療養所小樽病院と統合
平成16年
独立行政法人国立病院機構西札幌病院と改称

独立行政法人国立病院機構札幌南病院

昭和18年
傷痍軍人北海道第二療養所として創設
昭和20年
厚生省に移管、国立北海道第二療養所となる
昭和49年
国立療養所札幌南病院と改称
平成16年
独立行政法人国立病院機構札幌南病院と改称

独立行政法人国立病院機構北海道医療センター

平成22年3月1日
国立病院機構西札幌病院と国立病院機構札幌南病院が統合し、独立行政法人国立病院機構北海道医療センターとなる

概要

●病床数
500床(一般病床410床、精神病床40床、結核病床50床)
●病棟数
一般病棟
8病棟
精神病棟
1病棟
結核病棟
1病棟
救命救急センター
1病棟
一般ICU
1病棟
●主な診療機能
  • 神経・筋疾患、成育医療、免疫異常に関する高度で専門的な医療を行う。
  • がん、循環器病、腎疾患、内分泌・代謝性疾患、骨・運動器疾患、肝疾患に関する専門的な医療を行う。
  • 呼吸器疾患(結核を含む)に関する専門的な医療を行う。(結核の拠点施設)
  • 災害時の診療支援機能を備え、高度で総合的な医療を行う。
  • エイズに関する専門的医療を行う。(エイズ治療拠点病院)
  • 救命救急センターとして救急医療を行う。
  • 精神(主として身体疾患合併の精神疾患患者)に関する医療を行う。
●標榜診療科 29科
内科、糖尿病・脂質代謝内科、腎臓内科、心療内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急科、病理診断科
●指定医療機関
  • 更生医療指定医療機関
  • 育成医療指定医療機関
  • 精神通院医療指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 第二種感染症指定医療機関(結核)
  • 療育医療指定医療機関
  • 難病医療費助成指定医療機関
  • 小児慢性特定疾病指定医療機関
  • 労働者災害補償保険法指定医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 原子爆弾被爆者医療指定医療機関
  • 二次救急医療機関
  • 三次救急医療機関
  • 救命救急センター
  • 緊急被ばく医療の二次医療機関
  • 精神科合併症受入協力病院
  • 難病医療拠点病院
  • エイズ治療拠点病院
  • 地域災害拠点病院(北海道)
  • 災害時基幹病院(札幌市)
  • 臨床研修指定病院(基幹型)
  • 地域医療支援病院
  • 北海道がん診療連携指定病院