救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

がん診療センター

がん診療センターとは

(左)髙橋がん診療センター長
(右)齋藤がん診療副センター長

当院は2015年4月に北海道がん診療連携指定病院に認可され、それを受けて2016年4月に「がん診療センター」を設立しました。
 もともと各科においてがん診療は積極的に行われておりましたが、がん診療だけを行うがん専門病院とは異なり、当院はさまざまながん以外の疾患に対する高度専門医療や救急医療にも幅広く対応しています。このような先駆的総合医療を担う中で、がん診療連携指定病院としての病院機能を強化し、がん診療体制の強化・充実を図る目的で「がん診療センター」を設立し、院内各部門のスタッフが恒常的に連携できる体制を整えました。
「がん診療センター」は4つの部門で構成され、各部門が密接に連携及び機能を補完し合いながら、質の高いがん医療の実践を目指していきます。

●がん診療推進室

 病院内のがん診療を行っているすべての診療科の医師、がん化学療法看護認定看護師、緩和ケア専従看護師、がん相談専従看護師を中心に、地域医療連携室や事務職とも協力し、がん診療センターの運営を担う中核として定期的な話し合いを実施し、病院内外のがん診療の円滑な推進を目指します。

●がん相談支援室

 がんに関する疑問や不安、悩み、その他の意見に対して相談支援を行い、がん患者さんやその家族の方々の不安や悩みを軽減することを目指します。

●がん緩和ケア室

 がん患者さんに対して継続的に適切な緩和医療を提供することで、患者さんおよびその家族の方々の生活の質を維持し、並びに病気に対する苦痛や不安を緩和することを目指します。

●院内がん登録室

 病院内のがん診療を行っているすべての診療科のがん診断・治療を受けた患者さんのがん情報を、主に治療や予後に関して調査・登録する仕組みです。それらの情報を、当院のがん診療レベルの向上に役立てることを目指します。

 

がん診療センターに付随するコンテンツの紹介