救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

がん診療センター

院内がん登録室とは

 『病院で診断されたり、治療されたりしたすべての患者さんのがんについての情報を、診療科問わず病院全体で集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。』
(国立がん研究センターホームページより)

 「がん対策基本法」・「がん登録等の推進に関する法律」に基づいて登録を行っています。

 「院内がん登録 標準登録様式」の定義に則り、がんの診断、治療及び治療成績に関する情報を、1腫瘍ごと(1腫瘍・1登録)に登録する仕組みです。

 がん診療の状況を把握し、がん診療の質の向上に役立てる基礎資料とすることを目的としています。

(「全国がん登録」制度について)

 2016年1月より「がん登録等の推進に関する法律」の施行に伴い、「全国がん登録」制度が開始されました。
 全国の医療機関はがんと診断された患者さんのデータを都道府県知事に届け出ることが義務化されました。

当院における院内がん登録

 当院は2015年4月に北海道がん診療連携指定病院に指定され、院内がん登録を開始しました。
 「国立がん研究センターがん対策情報センターによる院内がん登録実務者研修」を終了した診療情報管理士が登録業務を担当しております。

 登録データに関わる個人情報の取扱いについては、独立行政法人国立病院機構個人情報保護規定および当院の個人情報保護方針に基づき、最大限の注意を払って、情報漏えい等のないよう努めております。

 この事業での個人情報利用について、事業における必要性から、患者さんから撤回等の申し出がない限り、同意をいただかずに利用しますことをご了承ください。

院内がん登録情報の活用

  • 1.当院におけるがん診療の把握
  • 2.自治体が実施する地域がん登録へのデータ提供(2015年までの診断症例)
  • 3.全国がん登録へのデータ提供(2016年からの診断症例)
  • 4.国立がん研究センターが実施する全国集計へのデータ提出
  • 5.予後(診療後の動態)調査