1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 皮膚科

皮膚科


受診される方

当科は予約制となっております。当科受診を希望される方は、 紹介状をご持参の上、2診療日前までに電話予約をお取りになって御来院下さい。 紹介状がない場合は、申し訳ありませんが、予約はお取りしておりません。

なお他院受診の上、同日緊急に当科の診察・入院が必要な場合は、まず当科外来にご連絡下さい。

再診も予約制ですが、急に具合が悪くなったときは、必要に応じて予約枠の調整をいたしますので、
予約日以外の受診を希望される際は、必ず事前にご連絡下さい。

混雑のため、待ち時間が大変長くなっており申し訳ございません。 また当院は地域医療支援病院であるため、一連の検査などが終わって診断が確定し、 治療方針が決まって症状が落ち着いている患者様に関しては、近隣の開業医の先生方にご紹介させていただいております。

このページのトップへ

対象となる疾患

アトピー性皮膚炎などの湿疹・皮膚炎 急性、慢性蕁麻疹 帯状疱疹などのウイルス感染症 掌蹠膿疱症 膠原病、水疱症などの自己免疫性疾患 接触皮膚炎 蜂窩織炎などの細菌感染症 乾癬 薬疹 皮膚良性/悪性腫瘍など、あらゆる皮膚科疾患をみています。

ただし、大きな手術を必要とする悪性腫瘍やその化学療法については、対応が可能な医療機関を紹介いたします。血管腫や色素斑を治療するレーザーの設備はございません。

このページのトップへ

特色

皮膚科では、正確な診断と丁寧な説明、治療経過のフォローを心がけ、難しいケースは、 皮膚の生検をはじめとした詳細な検討を行います。乾癬やアトピー性皮膚炎の患者さまは、 重症例まで積極的に治療し、乾癬では、生物学的製剤による最新治療も実施しております。 必要に応じて入院治療も可能です。中央手術部での手術は、入院が原則となります。

一般的な治療方針として、ガイドラインに沿った標準的な治療を行いますが、難治あるいはまれなケースは、 新しい考えや文献に基づく治療法も適宜導入します。

医療設備として、ダーモスコープ、医療用紫外線装置であるナローバンドUVB(部分照射)、エコー(超音波検査)、CT、MRIなどがあります。

接触皮膚炎や金属アレルギーの際のパッチテストや、薬剤アレルギーなどの検査も適宜行っております。項目に関しましては、適宜ご相談下さい。 外来小手術では、粉瘤のくり抜き法や、陥入爪のフェノール法による処置なども導入しています。

午前中は一般外来で、午後(完全予約制)はこれら特殊検査や手術を行います。

このページのトップへ

スタッフ紹介

皮膚科医長 大 松 華 子 日本皮膚科学会 皮膚科専門医
皮膚科医師 三 井   彩 日本皮膚科学会 皮膚科専門医
皮膚科医師 三 宅   温 日本皮膚科学会 皮膚科専門医
皮膚科医師 林   剛 生  
皮膚科医師 野々垣   彰  
このページのトップへ