1. ホーム
  2. 診療科のご案内
  3. 緩和ケア外来

緩和ケア外来


緩和ケア外来とは

緩和ケアとは、重い病を抱える患者さまやそのご家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことです。
がん治療が行われる際には、身体の痛みや吐き気、食欲不振、だるさ、気持ちの落ち込みなど、様々な症状が出ることがあります。
初めて病気の説明を受け、これからがん治療を受けられる患者さま、また現在の治療や症状でお困りの患者さまが、問題を解決しご自分らしい生活を送っていただくことができるよう支援します。

このページのトップへ


受診方法と治療内容

当院には緩和ケア病棟(緩和専用入院病棟)がないため、当院外来通院中の患者さまのみを対象とさせていただいています。
他院より当外来への直接紹介は現在受け付けておりません。
当院外来受診中で、受診を希望される患者さまは各科の主治医にご相談下さい。

・時間  :毎週火曜日 9時00分~11時00分(完全予約制)
・診療時間:1回当たり約30分
・担当医師:仁木 有理子
      (必要に応じて、緩和ケアチーム精神科医師、認定看護師と連携して診療します)

このページのトップへ


緩和ケアチームによるサポート

身体症状担当医師、精神症状担当医師、緩和ケア認定看護師、緩和薬物療法認定薬剤師、リハビリテーション医師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士からなる緩和ケアチームを編成しています。緩和ケアチームは主治医と連携し、入院後も患者さまを継続的に支援いたします。

このページのトップへ



このページのトップへ