1. ホーム
  2. 看護部
 

看護部



-記憶に残る看護-
 自律できる看護師を育成するための教育支援と働き続けられる環境があります。



-看護師募集パンフレット-
看護師募集パンフレット
-けっこういいぞ!NHO-
けっこういいぞ!NHO

看護理念・方針

看護部の理念

  すべての方々に誠意をもって接し、心のあたたかい看護を実践します

看護部の方針

 (1)看護専門知識と技術によって苦痛の緩和に努め、QOLを高めるケアを提供する
 (2)医療チームの一員として役割を果たし、地域の人々との連携を深める
 (3)自らの意志決定によって、問題解決にあたれるよう、自己研鑚に努める
 (4)業務改善を推進するとともに、経済効果を上げる

相模原病院の求める看護師、助産師像

  看護部の理念に意味づけされていることを実践できる看護師、助産師
  <看護部の理念> 
  「すべての方々に誠意をもって接し、心のあたたかい看護を実践します」
  誠意 親しみの心、理解する心、謙虚な心、感謝する心
看護の心 痛みを深く理解する、人間を愛する、仕事への情熱と誇り
あたたかい 思いやり、いたわり、優しさ
看護実践 専門的知識、確かな看護技術、専門職としての態度

看護部の求める人物像

  「当たり前のこと」を指示や注意されることなく当たり前にできる人
  「社会人として自律」している人
  1.接遇・身だしなみ・言葉使いなど、社会人としてしっかり行動できる人
2.組織の一員としての自覚を持ち、いつでも笑顔で明るい人
3.患者、家族への気遣いと同様に同僚にも気遣いと思いやりを持ちチームワークが図れる人
4.職員間のコミュニケーションの重要性を認識し、自分の意見を述べることができ同時に
他者の意見を聞くことができる人
5.新しいことに耳目を向け、自己研鑽を行っていく人

看護単位紹介

 1階北病棟
  (神経内科・リウマチ科・内科)

神経内科・リウマチ内科・リウマチ整形外科を主とし、介助の必要な患者さんが入院しています。食事・清潔・排泄介助の必要な患者さんが多く、清潔に関しては動けない患者さんも週1回は入浴介助を行い、日常生活援助の充実を心がけています。また歩行が困難な患者さんには転倒に注意して安全を図っています。

1階南病棟写真


 2階北病棟(産婦人科・成人女性)

産婦人科・成人女性病棟で、お産・婦人科の病気・手術・化学療法など女性の方の病棟です。安心安全な入院生活を送れるような看護を提供しています。
産科の方は、産後退院前に個室を利用し、母児同室を実施して不安なく退院出来るようにサポートしています。また病棟のスタッフが外来も実施し、継続看護を目指しています。そして助産師によるマタニティヨガも開催しています。

2階北病棟写真


 3階北病棟(消化器科・外科)

主に消化器がん、消化管出血、胃潰瘍、肝炎、膵炎、総胆管結石、大腸ポリープの患者が入院されています。
検査・治療を目的とした患者さんが多く入院されるため、患者さんへわかりやすい説明を行い、安心して治療を受けられるように環境を整えています。
入院中の様々な不安な気持ちを汲み取り、安心して入院生活を過ごしていただけるよう、思いやりと心のこもった患者さまに寄り添える『丁寧な』看護を目指しています。

3階北病棟写真


 4階北病棟(小児科・耳鼻咽喉科)

小児科・耳鼻科病棟です。小児科は肺炎・食物アレルギー・気管支喘息などの患者さんが多く、耳鼻科は慢性副鼻腔炎・鼻中隔わん曲症の患者さんなどが多く入院しています。
特に、小児アレルギー疾患の子供の入院が多く、食物アレルギーの子供たちの食生活がより豊かになるよう支援すると共に、安全で安心を得られる看護を目指し取り組んでいます。
耳鼻科は、手術や睡眠時無呼吸症候群の検査目的の患者さんが多く、それぞれの患者さんやご家族の思いに寄り添い、あたたかな看護が提供できるよう日々励んでおります。

4階北病棟写真


 5階北病棟
  (アレルギー・呼吸器科・皮膚科)

当病棟は、相模原病院アレルギー・リウマチの準ナショナルセンターのアレルギー病棟として役割と責任を担ってます。
アレルギーや呼吸器の病気には「息苦しい」症状がありますが、身体的にも精神的にも辛い思いをされる患者の皆さまに寄り添えるよう心掛けています。また、慢性の経過の患者の皆さまには、薬の管理のしかた、吸入の方法、在宅酸素量法など自宅で続ける治療や療養への支援に力を入れております。
患者・ご家族の皆さまと一緒に考えられる看護を目指しています。病棟は最上階にあり、デイルームからの四季折々の変化を広い窓から感じてください。

5階北病棟写真


 1階南病棟(整形外科・リウマチ科)

整形外科・整形リウマチ病棟で、人工関節置換術(膝・股・肘・手指)や脊椎(腰・頚)、骨折により手術を受ける患者さんの看護を行っています。病気によっては痛みを伴うことも多く、状態に合った看護を提供し、安全安楽な入院生活が送れるように援助しています。早期退院に向けて、受け持ち看護師が中心となってリハビリ指導や家族指導を行っています。

1階北病棟写真


 2階南病棟
  (循環器科・リウマチ科・ICU・CCU)

主に心筋梗塞、狭心症、心不全など心臓病の患者さんや、リウマチなどで日常生活に援助が必要な患者さんが入院されています。
患者さん一人一人に合わせた看護ケアや生活の援助を提供するため、患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。
そのため、毎朝、当日の検査スケジュールや清潔ケアなどについて、患者さんとミーティングをしています。
入院の検査や治療の援助はもちろん、退院後の生活が安心して送れるように退院指導など、受け持ち看護師が中心に援助を行います。

2階南病棟写真


 3階南病棟(外科・呼吸器外科)

胃・大腸・胆嚢・肝臓・膵臓・乳腺・肺の病気で外科的治療が必要とされる患者さんや抗がん剤治療を行う患者さんが入院しています。入院時から退院まで受け持ち看護師が責任を持ち、安心して入院生活を過ごせるようにサポートしています。
人工肛門の自己管理指導や在宅に戻るための介護支援など専門性が必要な内容でも、皮膚・排泄ケア認定看護師やがん性疼痛看護認定看護師、メディカルソーシャルワーカー等と連携を取りながら個別性のある充実した看護を提供しています。

3階南病棟写真


 4階南病棟
  (脳神経外科・眼科・泌尿器科)

脳神経外科・泌尿器科・眼科の混合病棟です。検査・手術・機能回復とその時期に応じた看護を行っています。入院早期より医師・メディカルソーシャルワーカー・リハビリ部門と情報交換し、機能回復および退院調整をサポートしています。
また、高齢の患者さんが多いため、手術・検査などわかりやすい説明を心がけ、安全面に配慮しています。放射線治療や化学療法など治療に伴う体調の変化に合わせ、生活や食事の相談・調整を行っています。

4階南病棟写真


 外来
  (各診療科・急患室・内視鏡室
  ・外来治療センター)

アレルギー・リウマチ研究センターを有し、アレルギー科では重症喘息の治療をはじめ、薬物・食物アレルギーの皮膚テストや減感作療法、リウマチ科では生物製剤を用いた治療を行っています。小児科外来では、経口免疫療法を行っています。外来治療センターは、平成23年2月に5床から15床に増床し、がん化学療法やホルモン療法等を行っています。
外来での患者さんへの関わりは短時間ですが、丁寧に訴えを聞き、きめ細かいケアができるようにしています。内視鏡・放射線科検査・各科の特殊検査等については、患者さんに合わせた、わかりやすい検査説明を心がけています。また、外来治療センターでは、平成23年度より化学療法導入のための入院患者さんに、抗がん剤の副作用と対処方法、外来化学療法の手続きと外来治療センターの案内を行い、患者さんが安全で安楽に治療を受けてもらえるようにしています。

外来写真


 手術室

手術室では、緊急手術も含め一般外科をはじめとした各診療科の手術を年間約4200件行っています。
多岐にわたる各科手術に対し、高い専門性や技術を発揮できるようスタッフを育成し、患者さんが安心して手術が受けられるように麻酔科や医師・看護師がチームワークよく頑張っています。

手術室写真

各専門分野の看護師の活動

感染管理認定看護師 佐野 睦美
           植木 恵美

私たちICNは、患者・家族・来院者等の院内だけでなく、院外に関わる全ての人々を感染から守る役割を担っています。
患者さんのケア時における感染防止、インフルエンザなどの流行性疾患の予防と対策、感染対策に関する教育活動などを行っています。また他の医療施設(感染防止加算2取得)との連携を行っています。
ICT(感染制御チーム)を中心に専門知識を活かし、院内で起こり得る感染のリスクを最小限に抑えるよう活動していきます。

佐野 睦美 植木 恵美
がん性疼痛看護認定看護師 内川 吾子

がんによって生じる痛みを和らげるための専門的な知識と技術をもって、患者さんの体の症状や不安など気持ちのつらさが楽になるよう支援します。
具体的には、医師や看護師と相談しながら、患者さん一人ひとりにあった薬剤の使用や副作用への対策などを考えます 。
そして患者さんやご家族の思いを尊重しながら、“自分らしい生活”を維持できるよう、医師、薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士など様々な職種と連携を取り、サポートします。

内川 吾子
がん化学療法看護認定看護師 平島 奈奈子

化学療法中の安全・安楽・安心な管理はもちろん、副作用症状のアセスメント・セルフケア指導・社会的背景や精神面を考慮し、がんと共に生きていくための看護を担当看護師と共に考えていきます。
普段は外来治療センターで活動しておりますが、週に1回病棟へラウンドし、病棟で抗がん剤治療する患者さんやスタッフの皆さんの相談を受けています。
また、院内の化学療法委員会に所属し、勉強会を定期的におこない、院内スタッフの化学療法に関する知識の向上に努めています。

平島 奈奈子
慢性心不全看護認定看護師 中川 奈津子

心不全を患った患者さんのQOLを維持しその人らしい生活を送れるためにともに考えていきたいと思います。
病棟に勤務しております。
主治医からの依頼を受けて心不全患者さんの指導に介入しております。
開始時期は急性期を脱したときからとしております。
病棟の看護スタッフに対し月に一度勉強会を開催し対象となる患者さんのライフスタイルに即した介入を看護スタッフ全体で心がけております。

中川 奈津子
摂食・嚥下障害看護認定看護師 中川 佳美

摂食嚥下障害とは、食物を飲み込む運動が円滑に行われないことや、食物の通り道に障害物があって通過しにくいことをいいます。
現在、私は呼吸器科病棟に勤務しながら、摂食嚥下障害のある患者の嚥下評価や全身状態をアセスメントし、食べられるようになるための介入方法を医療スタッフとともに考えています。
食べることは、その人の生きる力を最大限に引き出すため、早期からの介入が行えるように、患者さん・ご家族のサポートを行います。

中川 佳美
皮膚・排泄ケア認定看護師 山坂 友美
              三本木 美幸

スキンケアを基本とし、傷やストーマ(人工肛門・人工膀胱)の局所環境、失禁の状態や状況、生活上の問題を把握し、患者さんやケアを行う対象者の背景を考慮してよりよいケア方法を考えます。
主な活動としては、月~金まで専従で勤務しており、入院・外来問わず、院内どこでも相談を受けています。
ストーマ外来や褥瘡回診、褥瘡対策委員会、看護部WOC委員会、勉強会の企画など看護の質の向上を目指す活動を行っています。

山坂 友美 三本木 美幸
緩和ケア認定看護師 光永 義洋
           中村 浩子

がんと診断された時点から、患者さんやご家族の身体的・精神的・社会的な苦痛をやわらげ、QOLを維持・向上していけるように支援していきます。
患者さんやご家族の価値観を尊重し、自己決定ができるよう支援します。
また、選択された自己決定を尊重した看護を行います。
現在は消化器科病棟に勤務しています。
患者さんやご家族が「その人らしく」過ごしていけるように病棟スタッフと協力しながら看護しています。

光永 義洋 中村 浩子
慢性呼吸器疾患看護認定看護師 大村 忠行

慢性呼吸器疾患の患者さんの息苦しさが増えない動作、吸入指導、在宅酸素療法、人工呼吸器装着中の看護を行います。
自己管理、療養生活が送れるように支援し、その人らしい生活が送れるよう患者・家族と共に考え、自己決定を尊重していきます。
呼吸器・アレルギー科病棟に勤務しています。
慢性呼吸器疾患看護を病棟スタッフと共に行っています。
また、統一した看護が提供できるよう勉強会を開催しています。
今後はRST(呼吸ケアサポートチーム)を立ち上げ、院内の人工呼吸器装着患者のケアを行っていき、呼吸ケアの向上に努めます。

大村 忠行
認知症看護認定看護師 石川 里美

一人の人間としての尊厳を守りその人らしく生活が続けられるように、一人ひとりの気持ちと可能性を大切にしたケア方法を考えます。安全だけでなく安心できるケアを支援します。
入院という大きな環境の変化に戸惑う時期を少しでも短縮し、少しでも早く自分らしい生活への復帰ができることを目指し活動をしています。退院後の生活も見据えて、入院中からより良い生活へ向けた支援となるように看護をしていきます。

石川 里美
 
 
このページのトップへ