救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各診療科のご案内

診療科 皮膚科

当科の対象疾患

  • 皮膚悪性腫瘍(手術的加療・センチネルリンパ節生検・化学療法等当院で可能なもの)、皮膚良性腫瘍、軟部腫瘍などの腫瘍性皮膚疾患
  • 重症のアトピー性皮膚炎に対する教育入院(紫外線療法、外用指導含む)、薬疹・食物アレルギー(食物依存性運動誘発アナフィラキシーを含む)等に伴う内服誘発試験ならびに負荷試験などのアレルギー疾患、光線テスト
  • 重症の尋常性乾癬に対する生物学的製剤の適応、ナローバンドUVB療法
  • 重症の各種天疱瘡(免疫グロブリン大量静注療法を含む)、重症薬疹
  • 紫斑病、血管炎などに伴う難治性皮膚潰瘍の治療、ポケットを有する難治性褥瘡に対する根治手術および陰圧閉鎖療法
  • 重度の帯状疱疹、蜂窩織炎等の感染症

診療内容

皮膚良性・悪性腫瘍の診断および治療(手術、化学療法含む)、アトピー性皮膚炎、虫さされ、接触性皮膚炎等を含む湿疹群、アナフィラキシーを含む蕁麻疹、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、天疱瘡などの水疱性疾患、薬疹、膠原病の皮膚症状、皮膚潰瘍・褥瘡治療、みずむしを含む皮膚真菌症、いぼ治療、まき爪の治療など

スタッフ

氏名・職名 認定資格 主な専門分野
廣﨑  邦紀
医長
皮膚科専門医
がん治療認定医・暫定教育医
皮膚悪性腫瘍、皮膚アレルギー、褥瘡、皮膚科疾患全般
福田 朝子
医師
皮膚科疾患全般

検査・治療手技

検査:金属パッチテスト、スタンダードパッチテスト、光パッチテスト、プリックセット、内服誘発試験等の負荷試験、光線テスト、アレルギーなどの採血検査、真菌検査、皮膚生検、筋生検、ダーモスコピー、センチネルリンパ節生検など
治療手技:紫外線治療(ナローバンドUVBを含む)、液体窒素療法、皮膚腫瘍(悪性含む)切除術、皮弁作成術、分層・全層植皮術、化学療法、尋常性乾癬に対する生物学的製剤の治療など

主な治療実績(平成27年度)

・手術(平成27年)
  • 手術室件数157件中
  • 有棘細胞癌:4例
  • 基底細胞癌:7例
  • その他悪性腫瘍:4例
  • 褥瘡:9例
  • リンパ節摘出術:2例
  • 全層植皮術:4例
  • 分層植皮術:12例
  • 皮弁作成術:19例
  • 全身麻酔手術:54件
・検査(平成27年)
  • 筋生検:2例
  • 皮膚生検:49例
・その他①(化学療法)
  • 悪性黒色腫インターフェロンβ局所治療:1例
・その他②(生物学的治療)
  • 尋常性乾癬
  • レミケード:1例
  • ヒュミラ:2例
  • ステラーラ:3例
  • コセンティクス:3例

地域医療機関へのメッセージ

皮膚科領域の疾患は幅広く取り扱っており、当科で診断・治療が一通り済んだ段階で、場合によっては逆紹介させて頂いております。
また、専門をより明確にするため、月曜日の午後に褥瘡専門外来を、火曜日の午後(第3週を除く)にアレルギー・腫瘍の専門外来をそれぞれ完全予約制にて設置しております。
学会や研究会への発表活動も積極的に行って情報発信を行い、地域医療に貢献し、ニーズに応えられるよう、今後も努力、研鑽致しますので、どうぞよろしくお願い致します。
2013年より水曜、木曜以外の曜日の外来は完全予約外来となっておりますが、原則的に紹介患者はお受けしておりますので、宜しくお願い致します。

尚、現在下記の認定がございます。
●日本皮膚科学会認定専門医一般研修施設
●がん治療認定医研修施設
●尋常性乾癬における生物学的製剤承認施設

所属する関連学会は下記の通りです。
日本皮膚科学会、日本臨床皮膚科医会、日本臨床腫瘍学会、日本皮膚悪性腫瘍学会、日本アレルギー学会、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会、北海道アレルギー研究会、日本褥瘡学会