平成29年度 国立病院機構千葉医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数    ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 130人 100人 187人 236人 519人 799人 1,757人 3,080人 1,650人 247人

入院患者の年齢階級別患者数の指標です。90歳以上を除き、1区分10歳毎にカウントしています。

平均年齢は67.4歳と昨年より2.8歳高くなりました。これに伴い70歳以上の患者数も57%とこちらもやや上昇しました。この中で最も多かったのは70歳から79歳の方です。これに対し、未成年(0~19歳)の患者の割合は2.6%と少ない構成となっています。昨年より0.4%増加しました。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)    ファイルをダウンロード
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎
- 限局性腹腔膿瘍手術等
- 処置2:なし - 副病:なし
80人 7.13日 10.61日 2.5% 71.2歳
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎

- 処置2:なし - 副病:なし
38人 26.00日 20.83日 21.1% 85.3歳
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
- その他の手術あり
- 処置2:なし
36人 8.31日 11.44日 0.0% 76.0歳
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
- 手術なし
- 副病:なし
30人 12.30日 12.34日 3.3% 72.9歳
050130xx99000x 心不全
- 手術なし
- 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:なし
18人 16.17日 17.71日 5.6% 76.8歳
  • 胆管(肝内外)結石、胆管炎 - 限局性腹腔膿瘍手術等
    限局性腹腔膿瘍手術等とありますが、当院では主に内視鏡を用いた手術を行っています。
    この中で最も多い手術は、胆管にステントと呼ばれる管(医療機器)を入れるものです。
  • 誤嚥性肺炎
    本来食道に送られるべき食べ物が気管に入り、食べ物に含まれる細菌が肺に炎症を起こしてしまったものです。
    病気やその後遺症で食べ物を飲み込む力が衰えるとなりやすい病気です。
  • 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) - その他の手術あり
    当院では主に血管塞栓術を行っています。
    血管塞栓術とは、腫瘍に栄養を送る動脈を特別な物質で塞ぐことで、腫瘍を壊死させる治療法です。
  • 腎臓または尿路の感染症 - 手術なし - 副病:なし
    細菌が腎臓や膀胱に入ることで炎症をおこす病気です。当院では尿路の感染症が最も多く、次いで腎臓の感染症が多いです。
  • 心不全 - 手術なし - 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:なし
    心臓の機能が低下して、体に十分な血液を送り出せなくなった状態です。
    当院では入院時に心臓の病気や高血圧を持っている方が多いです。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍
- 手術なし
- 処置1:なし - 処置2:④あり - 副病:なし
119人 10.82日 11.99日 0.0% 70.6歳
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍
- 手術なし
- 処置1:あり - 処置2:なし
110人 4.51日 3.59日 2.7% 71.2歳
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍
- 手術なし
- 処置1:なし - 処置2:⑧あり
60人 9.72日 11.75日 0.0% 67.0歳
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍
- 手術なし
- 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:なし
54人 20.44日 14.60日 11.1% 74.3歳
040110xxxxx0xx 間質性肺炎

- 処置2:なし
37人 27.27日 19.65日 16.2% 72.7歳
  • 肺の悪性腫瘍 - 手術なし

    - 処置2:④あり or - 処置2:⑧あり

    化学療法による治療です。番号の違いは使用する薬剤の違いです。

    - 処置1:あり
    肺がんが疑われる方に対し、肺の組織の一部をとって検査をします。
    当院では主に経気管肺生検法という、気管から肺の組織検体を採取する方法を取っています。

    - 諸々なし
    がんによる痛みのケア等を行っています。
  • 間質性肺炎 - 処置2:なし
    さまざまな原因から呼吸を行う組織の間が厚く硬くなり、ガス交換(酸素を取り入れ二酸化炭素を出す)がうまくできなくなる病気です。
    炎症を抑える投薬治療や場合によって酸素投与を行っています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎
- 限局性腹腔膿瘍手術等
- 処置2:なし - 副病:なし
85人 10.57日 10.61日 2.4% 76.0歳
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害

29人 17.35日 15.23日 3.5% 60.5歳
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎

- 処置2:なし
27人 6.19日 5.50日 3.7% 63.5歳
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。)
- 手術なし
- 処置2:なし - 副病:なし
24人 17.08日 13.04日 4.2% 76.5歳
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)
- 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等
- 処置1:なし - 処置2:なし
23人 7.96日 8.43日 0.0% 73.9歳

胆管結石など胆道疾患の内視鏡治療、肝硬変に伴う肝癌や静脈瘤の治療での入院に加え、救急患者を積極的に受け入れており、比較的症状の重いウィルス性腸炎や消化管出血での入院も多くみられます。

  • 胆管(肝内外)結石、胆管炎 - 限局性腹腔膿瘍手術等
    当院では主に内視鏡的胆道ステント留置術を行っています。
    その他に、内視鏡的乳頭切開術、バルーン拡張術、内視鏡的胆道結石除去術、胆道採石術などを行います。
  • アルコール性肝障害
    アルコールを過剰摂取し続けて、肝臓に肝硬変等の病気がおきるものです。
  • ウイルス性腸炎
    嘔吐や下痢がひどく、脱水症を起こしているため、緊急で入院になるケースが多いです。
  • 肝硬変
    肝炎が進み、肝臓の細胞が線維化し肝臓が小さく硬くなり、肝臓の機能が低下します。
    肝機能の低下による低栄養状態の改善等、目立っている症状に対しての治療が主です。
  • 肝・肝内の悪性腫瘍 - 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法等
    腫瘍に針を刺しラジオ波を流すことで、腫瘍を壊死させる方法です。
    当院では、腫瘍の範囲が2cm以内と比較的早期の方に対して行うことが多いです。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
010160xx99x00x パーキンソン病
- 手術なし
- 処置2:なし - 副病:なし
- - 18.66日 - -
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症
- 手術なし
- 処置2:なし - 副病:なし
- - 9.99日 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
- 手術なし
- 副病なし
- - 12.34日 - -
010080xx99x01x 脳脊髄の感染を伴う炎症
- 手術なし
- 処置2:なし - 副病:あり
- - 21.46日 - -
010090xxxxx00x 多発性硬化症

- 処置2:なし - 副病:なし
- - 13.98日 - -

※患者数が10未満の場合は、平均在院日数(全国)以外の項目にはハイフン( - )を入力することになっています。

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患
- 手術なし
- 処置1:あり - 処置2:なし - 副病:なし
157人 3.55日 3.03日 0.6% 71.5歳
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患
- 経皮的冠動脈形成術等
- 処置1:なし,①、②あり - 処置2:なし - 副病:なし
55人 7.69日 4.62日 0.0% 70.2歳
050130xx99000x 心不全
- 手術なし
- 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:なし
17人 28.82日 17.71日 17.7% 76.9歳
050050xx99000x 狭心症、慢性虚血性心疾患
- 手術なし
- 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:なし
14人 6.00日 6.83日 7.1% 71.7歳
050070xx99000x 頻脈性不整脈
- 手術なし
- 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:なし
- - 7.71日 - -

循環器内科には虚血性心疾患(狭心症や急性冠症候群)、うっ血性心不全、心臓弁膜症、不整脈等で入院されます。その中では、虚血性心疾患が最多であり、うっ血性心不全の原因としても重要な疾患であり、当院でも虚血性心疾患の診断と治療に重点が置かれています。

  • 狭心症、慢性虚血性心疾患
    当院では主に、労作性狭心症の方の検査や治療を行っています。
    労作性狭心症とは、階段を上る、重い荷物を持ち上げるといった動作時に、胸が締め付けられるように痛む病気です。

    - 処置1:あり
    心臓カテーテル検査を行うための検査入院です。血管にカテーテルを入れて、心臓の機能を調べます。

    - 処置1:なし,①、②あり
    治療のために心臓の冠動脈の狭くなったところにステント(医療機器)と呼ばれる管を入れるものです。

    - 諸々なし
    投薬治療をしています。
  • 心不全 - 手術なし - 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:なし
    心臓の機能が低下して、体に十分な血液を送り出せなくなった状態です。
    当院では入院時に心臓の病気や高血圧を持っている方が多いです。

※患者数が10未満の場合は、平均在院日数(全国)以外の項目にはハイフン( - )を入力することになっています。

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
060335xx02000x 胆のう水腫、胆のう炎等
- 腹腔鏡下胆嚢摘出術等
- 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:なし
125人 7.09日 7.40日 0.0% 60.0歳
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
- 結腸切除術
 3:全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等
- 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:なし
59人 16.31日 15.61日 0.0% 72.0歳
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
- 手術なし
- 処置2:⑥あり - 副病:なし
58人 3.02日 4.38日 0.0% 66.5歳
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍
- 胃切除術
 2:悪性腫瘍手術等
- 処置2:なし
43人 19.67日 17.27日 2.3% 73.2歳
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍
- 手術なし
- 処置2:⑤あり - 副病:なし
40人 3.50日 4.31日 0.0% 70.6歳
  • 胆のう水腫、胆のう炎等 - 腹腔鏡下胆嚢摘出術等
    胆石性胆のう炎(胆石が原因でおこる胆のう炎)に対しての治療が主です。
    腹腔鏡(お腹を見る内視鏡のようなもの)を用いた胆のう摘出術は、おなかを開く手術に比べて身体への負担が軽く、比較的早期に退院できます。
  • 結腸の悪性腫瘍 - 結腸切除術
    結腸とは大腸の盲腸・直腸以外を言いますが、DPCと呼ばれるコードにおいては盲腸も含みます。S状結腸がんと上行結腸がんの治療が多いです。
    主に腹腔鏡下で結腸を切除する手術を行っています。
  • 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍- 処置2:⑥あり or ⑤あり
    直腸部の治療が最も多いです。
    化学療法による治療です。番号の違いは使用する薬剤の違いです。
  • 胃の悪性腫瘍 - 2:悪性腫瘍手術等
    胃体部と言われる、胃の入り口や出口及びその付近でもない本体部分の治療件数が最も多いです。
    開腹をしない腹腔鏡下で胃を切除する手術件数が7割を占めています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍
- 乳腺悪性腫瘍手術
 1:単純乳房切除術(乳腺全摘術)等
- 処置2:なし
59人 8.86日 10.15日 0.0% 60.5歳
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍
- 乳腺悪性腫瘍手術
 4:乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの
  (内視鏡下によるものを含む。))等
- 処置2:なし
35人 13.89日 11.45日 0.0% 57.4歳
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍
- 手術なし
- 処置2:④あり - 副病:なし
22人 4.77日 4.49日 0.0% 60.6歳
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍
- 手術なし
- 処置2:⑥あり
16人 3.81日 4.42日 0.0% 61.1歳
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍
- 乳腺悪性腫瘍手術
 2:乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)
- 処置2:なし
15人 7.67日 6.37日 0.0% 59.0歳
  • 乳房の悪性腫瘍

    腋窩部(いわゆるワキの下)にあるリンパ節を取り除かない、乳房の部分切除手術が最も多いです。

    - 処置2:④あり or ⑥あり
    化学療法による治療です。番号の違いは使用する薬剤の違いです。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)
- 人工関節再置換術等
94人 23.84日 23.14日 1.1% 66.6歳
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折
- 人工骨頭挿入術肩、股等
47人 40.38日 27.09日 66.0% 78.2歳
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
- 手術なし
- 副病:なし
23人 35.57日 19.94日 34.8% 77.6歳
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)
- 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術
 (多椎間又は多椎弓の場合を含む。)
 2:後方又は後側方固定等
- 処置1:なし
15人 38.53日 22.08日 6.7% 71.4歳
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)
- 手術なし
- 副病:なし
14人 6.29日 6.89日 0.0% 64.9歳

DPCコードの頭2桁が『07』のものは病気、『16』は怪我によるものです。

  • 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) - 人工関節再置換術等
    形成不全性股関節症の治療が最も多いです。股関節の骨盤側の受け皿部分が小さいことによって起きます。
    当院では『再』でない、人工関節置換術を行っています。
  • 股関節大腿近位骨折 - 人工骨頭挿入術肩、股等
    転倒した際に股関節に近い方の太ももの骨を折ってしまったものです。からだの中心に近い方を近位、遠い方を遠位と言います。
  • 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) - 手術なし
    腰椎の圧迫骨折が多いです。高齢者の方が尻もちをついて転んだ際に骨折されることが多いです。
    手術をしない場合には、ひとりひとりのサイズを計測してコルセットを作成、装着します。
  • 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)
    - 椎弓形成術
    頸椎症性脊髄症や頸椎後縦靭帯骨化症の治療をしています。
    背骨の後ろ側に切り込みを入れて開き、間に人工骨や患者さん自身の骨を挿入して脊柱管を広げ、神経を圧迫しないようにします。

    - 手術なし
    状態を知るための検査入院です。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物
- 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等
処置1:なし
13人 4.23日 4.14日 0.0% 60.3歳
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)
- 皮膚悪性腫瘍切除術等
- 処置2:なし
- - 8.50日 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂
- 手術あり
- 処置2:なし
- - 3.29日 - -
050170xx99001x 閉塞性動脈疾患
- 手術なし
- 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:あり
- - 18.24日 - -
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)
- 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等
- 処置1:なし - 副病:なし
- - 5.80日 - -

皮膚・皮下良性腫瘍の手術目的で入院される患者さんが大半を占めています。その他、眼瞼下垂は主に加齢性の下垂の手術を行っております。

  • 皮膚の良性新生物 - 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等
    主に脂肪腫(脂肪でできた良性腫瘍)の摘出を行っています。
    露出部とありますが、露出部以外も対象です。露出部とは、頭、首、肘から手の指先まで、膝から足の指先までの箇所を言います。

※患者数が10未満の場合は、平均在院日数(全国)以外の項目にはハイフン( - )を入力することになっています。

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷
- その他の手術あり
- 処置2:なし - 副病:なし
35人 11.89日 9.68日 5.7% 76.0歳
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)
- 手術なし
- 処置2:なし - 副病:なし
23人 30.52日 19.10日 65.2% 70.7歳
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷
- 手術なし
- 処置2:なし - 副病:なし
18人 6.39日 7.34日 0.0% 72.7歳
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
- 手術なし
- 処置1:なし - 処置2:②あり - 副病:なし
- 発症前Rankin Scale 0、1又は2
16人 20.94日 16.51日 37.5% 70.9歳
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作

- 処置2:なし
16人 4.50日 0.0% 65.1歳

脳腫瘍、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、頭部外傷等、脳神経外科疾患全般にわたり診療を行っています。また、リハビリテーション科と連携し患者さんの社会復帰のお手伝いをさせて頂いております。

  • 頭蓋・頭蓋内損傷
    頭に物理的な衝撃を受け、頭の内部や外部に損傷を負った状態です。

    - その他の手術あり
    頭蓋骨の内側で脳を覆っている硬膜と脳の間に、溜まった血(血腫)を取り除く手術をしています。

    - 手術なし
    脳の損傷を伴わないか、出血が少ない場合には、保存的治療(外科手術を行わない)を行います。
  • 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS*10未満)
    主に脳内出血を起こしている方が入院しています。また、高血圧である方がほとんどです。
    投薬による治療をしています。
  • 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつJCS*10未満) - 処置2:②あり
    脳の血管が細くなったり、詰まったりすることで脳に酸素や栄養が届かず、脳の細胞に障害を受ける病気です。
    処置2:②とは脳の病気に対するリハビリのことです。
    すべての患者さんに早い時期からリハビリを行うことで、廃用症候群(心身の機能低下)の予防やADL(移動・排泄・食事・更衣・洗面・入浴などの日常生活動作)の向上を目指します。
  • 一過性脳虚血発作
    一時的に脳に血流が流れなくなり、うまく話せなくなったり、麻痺が現れる発作を言います。脳梗塞と同じ原因で起こります。
    基本的には投薬治療です。

*JCSとはジャパン・コーマ・スケール(Japan Coma Scale)の略です。
 意識障害患者の意識レベルを評価する指標の一つで、JCS10未満とは『普通の呼びかけで開眼する』状態です。

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍
- 手術あり
- 処置2:なし
81人 18.53日 12.35日 0.0% 71.4歳
040200xx01x00x 気胸
- 肺切除術等
- 処置2:なし - 副病:なし
37人 11.81日 10.04日 0.0% 27.3歳
040200xx99x00x 気胸
- 手術なし
- 処置2:なし - 副病:なし
20人 12.30日 9.14日 5.0% 44.4歳
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍
- 手術なし
- 処置1:あり - 処置2:なし
18人 3.56日 3.59日 0.0% 72.8歳
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍
- 手術なし
- 処置1:なし - 処置2:なし - 副病:なし
- - 14.60日 - -

肺の悪性腫瘍と気胸の治療件数が多いのが特徴です。
肺の悪性腫瘍では高齢で持病のある方も多いですが、地域がん診療連携拠点病院の専門性と総合病院の機能により安全に配慮した診療を行っております。

  • 肺の悪性腫瘍

    - 手術あり

    主に胸腔鏡(胸の中を見る内視鏡のようなもの)を用いた身体への負担の少ない手術を行っています。

    - 手術なし - 処置1:あり
    肺がんが疑われる方に対し、肺の組織の一部をとって検査をします。
    当院では主に経気管肺生検法という、気管から肺の組織検体を採取する方法を取っています。
  • 気胸
    肺から空気が漏れてしまい、胸腔と呼ばれる肺を納めている空間に溜まっている状態です。肺を圧迫し肺が膨らまず、呼吸が苦しくなります。

    - 肺切除術等

    自然に穴が塞がらない場合などに、胸腔鏡を用いて肺の一部を切除します。

    - 手術なし - 処置なし
    胸腔内にドレーンチューブ(医療機器)と呼ばれる管を入れて、胸腔内に貯まった空気を外に出して、肺が膨らむようにします。

※患者数が10未満の場合は、平均在院日数(全国)以外の項目にはハイフン( - )を入力することになっています。

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤
- ステントグラフト内挿術
- 処置2:なし
15人 11.27日 12.51日 0.0% 79.4歳
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患
- 動脈塞栓除去術
 2:その他のもの(観血的なもの)
- 処置1:なし、①あり - 処置2:なし - 副病:なし
13人 3.92日 5.68日 0.0% 77.1歳
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。)
- ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等
- 処置1:なし - 処置2:①あり - 副病:なし
10人 24.90日 23.93日 0.0% 65.3歳
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤
- 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)
 7:腹部大動脈(分岐血管の再建を伴うもの)
- 処置2:①あり
- - 21.40日 - -
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患
- 動脈形成術、吻合術
 4:指(手、足)の動脈等
- 処置1:なし、①あり - 処置2:なし - 副病:なし
- - 16.50日 - -

大動脈瘤治療に対しては、腹部・胸部とも患者様の状態に合わせステントグラフト等低侵襲な治療が主を占めております。
末梢血管病変においても、低侵襲となる治療を主として施行しております。
弁膜症に対してはできるだけ形成術を基本としております。
冠動脈手術に対しましても拍動下のバイパス手術を行っております。

  • 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 - ステントグラフト内挿術
    主に腹部大動脈瘤の手術を行っています。腹部にある大動脈にこぶができる病気です。放置しておくとだんだん大きくなり破裂する危険があります。
    ステントグラフト内挿術とは、人工血管(グラフト)に針金状の金属を編んだ金網(ステント)をカテーテルを用いて血管内に入れ、患部の血管を補強するとともに動脈瘤の部分に血液が流れないようにする手術です。
  • 弁膜症 - ロス手術
    心臓の弁の開きが悪くなり血液の流れが悪くなる状態や、正常に閉じなくなることで逆流を起こしてしまう状態を言います。
    大動脈弁の病気に対して、自分の肺動脈弁を大動脈弁に入れ換える手術です。

※患者数が10未満の場合は、平均在院日数(全国)以外の項目にはハイフン( - )を入力することになっています。

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎
- 手術なし
25人 6.60日 5.48日 0.0% 34.2歳
030428xxxxxxxx 突発性難聴

25人 10.00日 9.18日 4.0% 58.7歳
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍
- 手術あり
23人 8.57日 7.58日 0.0% 59.3歳
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎

23人 9.78日 7.23日 0.0% 60.9歳
030390xx99xxxx 顔面神経障害
- 手術なし
22人 10.36日 9.45日 0.0% 54.9歳

頭頸部の腫瘍、炎症、外傷、機能障害を対象とした治療を行っています。

  • 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 - 手術なし
    のどの奥の左右両側にある部位に炎症を起こしていたり、膿が溜まっている状態です。
    炎症を抑える薬や抗生物質など対症療法を行っています。
  • 突発性難聴
    突然聞こえが悪くなったり、耳鳴りや目まいが一緒に生じることもあります。
    主にステロイドによる投薬治療を行います。
  • 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 - 手術あり
    喉頭の腫瘍に対して行う手術が最も多かったです。喉頭とは『のどぼとけ』のところにあります。
    耳下腺の腫瘍において、術前に正確な質的診断(画像診断による検査で、病的な変化が起きている部分の状態を調べること)を行い、美容と機能を念頭に置いた手術を行っています。
  • 慢性副鼻腔炎
    副鼻腔とは鼻腔に隣接した骨内に作られた空洞のことです。慢性副鼻腔炎は、膿が溜まることから蓄膿症とも呼ばれています。
    主に鼻腔や副鼻腔に内視鏡を入れて行う手術で治療しています。
  • 顔面神経障害 - 手術なし
    顔面神経障害とは、何らかの原因で顔の神経に麻痺等が生じた状態です。
    当院では主にハント症候群(脳神経の神経節に以前感染していた水ぼうそうのウイルスが、再度活性化することで発症)で入院される方が多く、抗ウイルス薬で治療しています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)
- 手術なし
- 処置2:なし - 副病:なし
22人 6.32日 5.70日 0.0% 4.0歳
040100xxxxx00x 喘息

- 処置2:なし - 副病:なし
21人 7.00日 6.32日 0.0% 3.1歳
100380xxxxxxxx 体液量減少症

20人 3.70日 9.16日 0.0% 6.5歳
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)
- 手術なし
- 処置2:なし - 副病:なし
18人 6.11日 6.18日 11.1% 0.0歳
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)

- 副病:なし
10人 5.00日 5.94日 0.0% 1.6歳

小児科では以前より、肺炎、気管支炎、気管支喘息、胃腸炎、脱水症での入院が多く、その他では、扁桃炎、ケトン性低血糖症、伝染性単核球症、IgA血管炎などがあります。
また、院内出生の新生児の呼吸障害、黄疸、嘔吐などでの入院もあります。

  • 肺炎等(1歳以上15歳未満)
    マイコプラズマ肺炎や細菌による肺炎で入院しています。
    小さなお子さんでも薬剤を吸入しやすいよう、ネブライザー(少量の薬を霧状にし、自然呼吸で薬剤を吸入できるようにする機械)を使用しています。
  • 喘息
    喘息の発作のために入院されることが多いです。
    投薬治療や酸素吸入による治療を行います。
  • 体液量減少症
    いわゆる脱水症です。インフルエンザや胃腸炎により体の水分が少なくなり入院されることが多いです。
    吐き気が強いと口から水分を摂るのが困難なため、点滴で治療しています。
  • 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害
    主に新生児黄疸による入院です。
    保育器で温度・湿度・酸素濃度の管理を行いながら、治療をしています。
  • 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)
    急性気管支炎の多くは『かぜ』による炎症が気管・気管支へと波及し、せきや痰を伴うようになったものです。
    投薬治療やネブライザーを用いた治療をしています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
080011xx99xxxx 急性膿皮症
- 手術なし
33人 13.88日 11.73日 0.0% 66.5歳
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)
- 皮膚悪性腫瘍切除術等
- 処置2:なし
15人 11.33日 8.50日 0.0% 80.9歳
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹

- 処置1:なし
12人 14.67日 10.89日 0.0% 66.8歳
080020xxxxxxxx 帯状疱疹

10人 8.40日 8.95日 0.0% 63.6歳
080090xxxxxxxx 紅斑症

- - 10.37日 - -
  • 急性膿皮症
    膿皮症とは細菌感染で皮膚の化膿したものをいい、下肢の蜂窩織炎(蜂巣炎)で入院される方が多くを占めています。再発することもあり注意が必要です。
    抗生物質などの投薬で治療をしています。
  • 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) - 皮膚悪性腫瘍切除術等
    皮膚は表面から表皮・真皮・皮下組織といった三層構造になっています。このうち、当院では主に表皮にできたがんの切除をしています。
  • 薬疹、中毒疹
    薬疹とは、薬を内服したり注射したりすることにより起きる発疹のことです。
    原因となった薬の使用を止め、プレドニンによる治療を行います。
  • 帯状疱疹
    帯状疱疹は身体の左右どちらか一方に、ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状にあらわれる病気です。以前かかった水ぼうそうのウイルスが再度活性化し、発症します。
    ヘルペスや水ぼうそうのウイルスに有効なアシクロビルで治療します。

※患者数が10未満の場合は、平均在院日数(全国)以外の項目にはハイフン( - )を入力することになっています。

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
110070xx0200xx 膀胱腫瘍
- 膀胱悪性腫瘍手術 6:経尿道的手術
- 処置1:なし - 処置2:なし
44人 8.50日 7.31日 0.0% 75.1歳
110070xx02020x 膀胱腫瘍
- 膀胱悪性腫瘍手術 6:経尿道的手術
- 処置1:なし - 処置2:②あり - 副病:なし
44人 6.89日 7.64日 0.0% 72.9歳
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
- 手術なし
- 副病:なし
15人 17.27日 12.34日 13.3% 69.3歳
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患
- その他の手術あり
- 副病:なし
13人 6.39日 7.20日 0.0% 57.3歳
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等
- 経尿道的前立腺手術
13人 11.54日 9.73日 0.0% 75.0歳

膀胱癌、腎(尿管)癌等悪性腫瘍の手術例が多いのが特徴です。膀胱癌も手術適応がある方には積極的に外科治療を行っています。
前立腺肥大症や尿路結石症の良性疾患は、保存的治療を第一に選択しますが、改善不十分な方には外科的治療を行っています。

  • 膀胱腫瘍

    - 膀胱悪性腫瘍手術 6:経尿道的手術

    尿道に内視鏡を入れ膀胱の腫瘍を切除する手術です。

    - 処置2:②あり
    化学療法の有無を言います。
  • 腎臓または尿路の感染症 - 手術なし - 副病:なし
    細菌が腎臓や膀胱に入ることで炎症をおこす病気です。当院の泌尿器科では腎臓の感染症がほとんどを占めています。
  • 上部尿路疾患 - その他の手術あり
    上部尿路とは、腎臓と尿管の部分を言います。これより下の、膀胱と尿道は下部尿路と言います。
    尿管結石に対しての手術が多いです。尿道から内視鏡を入れ尿管に一時的にステントと呼ばれる管を置きます。
  • 前立腺肥大症等 - 経尿道的前立腺手術
    前立腺は男性にのみある臓器で、膀胱の下にあり尿道を取り囲んでいます。
    尿道から内視鏡を入れて、肥大した前立腺を切除する手術を行います。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍
- 子宮全摘術等
64人 10.66日 9.91日 0.0% 45.5歳
120090xx97xxxx 生殖器脱出症
- 手術あり
42人 12.10日 9.27日 0.0% 72.8歳
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍
- 卵巣部分切除術(膣式を含む。) 1:開腹によるもの等
33人 11.61日 10.27日 0.0% 51.9歳
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍
- 卵巣部分切除術(膣式を含む。) 2:腹腔鏡によるもの等
17人 6.06日 6.37日 0.0% 39.2歳
120010xx01x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍
- 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)等
- 処置2:なし
16人 12.75日 13.44日 0.0% 58.6歳
  • 子宮の良性腫瘍 - 子宮全摘術等
    婦人科疾患では頻度の最も多い子宮の良性腫瘍の手術を中心に行っています。
  • 生殖器脱出症 - 手術あり
    高齢者に多い特徴があります。
  • 卵巣の良性腫瘍 - 卵巣部分切除術
    卵巣のう腫に対する手術が最も多いです。
    卵巣のう腫の部分切除(卵巣の正常部分を残す)を行っています。
    1:開腹によるもの等
    比較的年齢層が高い方に行っています。

    2:腹腔鏡によるもの等
    比較的年齢層が低い方に行っています。
  • 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 - 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)等
    主に卵巣のがんに対して、治療を行っています。
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数
(自院)
平均在院
日数
(全国)
転院率 平均年齢
020200xx9710xx 黄斑、後極変性
- 手術あり
- 処置1:あり - 処置2:なし
17人 8.06日 7.31日 0.0% 67.7歳
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖症
- 手術あり
- 処置2:なし - 片眼
14人 8.93日 7.96日 7.1% 59.1歳
020160xx97xxx0 網膜剥離
- 手術あり
- 片眼
10人 12.50日 10.21日 0.0% 60.3歳
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患
- 手術あり
- 片眼
- - 2.85日 - -
100070xx97x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)
- 手術あり
- 処置2:なし - 副病:あり - 85歳未満
- - 13.95日 - -

眼科では、手術目的の入院がほとんどを占め、その中でも圧倒的に白内障手術が多くなっていますが、短期滞在手術等基本料で計算されるため、視標2の統計には含まれておりません。その他には、黄斑疾患(黄斑円孔、黄斑上膜など)、裂孔原性網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、網膜血管閉塞症による硝子体出血などに対し、極小切開硝子体手術を行っています。

  • 黄斑、後極変性 - 手術あり - 処置1:あり
    黄斑と後極は眼の部位です。黄斑は網膜の中心部、後極は黄斑を含むその周辺です。
    物がゆがんで見えたり、色が薄く見えるたりする症状に対し、手術を行います。
    処置1は水晶体(光を屈曲させて網膜にぞうを結ぶはたらきをする眼の部位)を再建する手術を伴うか否かです。
  • 糖尿病性増殖症 - 手術あり
    糖尿病の合併症として起きる眼の病気です。
    レーザーによる治療効果が上がらなかったときや、急激に視力が悪くなった際に硝子体(眼球内の大部分を満たしている無色透明なゼリー状の組織)の手術を行います。
  • 網膜剥離 - 手術あり
    主に裂孔原性網膜剥離をしています。網膜に穴があくことで網膜の下に目の中にある水が流れ込み、網膜を剥がしてしまいます。
    剥がれた網膜を押さえる手術を行います。

※患者数が10未満の場合は、平均在院日数(全国)以外の項目にはハイフン( - )を入力することになっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数    ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類基準 版数
Stage Ⅰ Stage Ⅱ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明
胃癌 80 26 15 47 11 83 1 7
大腸癌 58 27 82 102 28 182 1 7
乳癌 67 33 23 - - 30 1 7
肺癌 75 17 66 137 83 181 1 7
肝癌 25 - - - - 107 1 7

入院期間中の主な治療が「癌」だった人のうち、5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝臓癌)の人の病期(ステージ)です。
初発、再発に分け、初発の場合、ステージごとに分けています。ステージが0期の場合、集計対象から外しています。
1年間の患者数が10人に満たなかった場合、「-(ハイフン)」で表示しています。
なお、患者数は、1入院を1人と数えることになっているため、1人の患者さんが2回入院すると「2」と数えます。
そのため、実際の患者さんの人数とは一致しません。入院期間の長短は考慮しません。

ステージは、腫瘍の大きさやひろがり、リンパ節転移、他の臓器への転移への組み合わせで決まります。
国際的な指標である「UICC TNM分類」の第7版で集計しています。

当院では、胃癌はⅠ期で手術目的の入院が多くなっています。
大腸癌は、Ⅳ期が多く、抗がん剤治療のためにひとりの患者さんが複数回入院していることが多くなっています。
乳癌は、Ⅰ期が多く、手術と抗がん剤・放射線治療など、複数の治療を組み合わせることが多い疾患のため、ほとんどの患者さんが複数回入院しています。
肺癌は、Ⅳ期で抗がん剤治療目的の入院が多く、複数回入院していることが多くなっています。
「不明」は、癌かどうかを検査する入院などがあるためで、肺では気管支鏡検査のための入院が多くなっています。
肝癌は、再発し、血管塞栓術のために入院することが多いです。
胃・大腸・肺も再発が多いですが、治療内容は多岐にわたっています。

当院は、地域がん診療連携拠点病院に指定されており、専門的な癌治療を行っています。
癌治療についての詳細は、こちら

成人市中肺炎の重症度別患者数等    ファイルをダウンロード
患者数平均在院日数平均年齢
軽症 12人 14.83日 60.3歳
中等症 100人 25.35日 78.0歳
重症 16人 30.94日 84.4歳
超重症 16人 22.06日 80.8歳
不明 - - -

日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標です。
入院中に発症した肺炎(院内肺炎)を別にし、市中肺炎の入院患者数等を見ました。
当院では、中等度の方が最も多く、平均年齢は78.0歳でした。

市中肺炎(通常の日常生活をおくっていた人に発症した肺炎)の治療については、軽症例では外来にて通院治療を行うことが多く、中等症以上は原則的として入院にて治療を行なっています。重症や超重症例は80歳以上の高齢者に多い傾向があり、在院日数も長くなります。(重症度分類はA-DROPによる)

A-DROPとは
  A(Age:年齢)…男性70歳以上、女性75歳以上
  D(Dehydration:脱水)…BUN(尿素窒素)21mg/㎗以上、または脱水あり
  R(Respiration:呼吸)…SpO2(酸素飽和度)90%以下(PaO2:動脈血酸素分圧60Torr以下)
  O(Orientation:見当識)…意識障害あり
  P(Pressure:血圧)…収縮期血圧90mmHg以下

当てはまる項目数が重症度の点数となり、軽症:0点、中等度:1点か2点、重症:3点(ショックがある場合は、1項目しかあてはまらなくても重症とします)、超重症:4点か5点

当院の市中肺炎患者数の男女比は7:5で、男性患者の方が多い傾向にありました。
ところが、Ageを満たさない市中肺炎患者の割合は男性が18%で女性が38%といった結果が見られました。
男性患者・女性患者ともに、中等度の患者で『年齢&脱水(AD)で2点』『年齢&呼吸(AR)で2点』の比率は4:6でした。

脳梗塞の患者数等    ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 125人 27.0日 75.2歳 37.7%
その他 13人 25.2日 69.4歳 2.9%
脳卒中(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞)の70%以上を脳梗塞が占めています。また脳梗塞の原因も様々です。
脳外科では血栓溶解療法(t-PA)をはじめステント留置術(血管内手術)、内頸動脈内膜剥離術等患者さんにとって最適な治療を選択し行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)    ファイルをダウンロード
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 137人 0.09日 1.22日 0.0% 69.0歳
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 56人 1.20日 8.84日 7.1% 72.6歳
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 35人 1.00日 5.34日 0.0% 75.6歳
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 25人 1.08日 4.52日 0.0% 73.1歳
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 22人 0.86日 7.91日 0.0% 72.4歳
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 218人 0.08日 1.32日 0.0% 69.0歳
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 71人 1.51日 12.06日 2.8% 77.6歳
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 26人 1.08日 15.50日 3.9% 73.5歳
K654 内視鏡的消化管止血術 22人 3.46日 10.64日 4.6% 72.3歳
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内)(その他) 20人 1.55日 5.45日 0.0% 75.1歳
手術件数の一番多い大腸ポリープ切除は、1泊2日の入院を基本に治療を行います。
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 54人 2.24日 5.48日 0.0% 70.4歳
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K597-2 ペースメーカー交換術 - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) - - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -

年間の心臓カテーテル検査は210件程度であり、経皮的冠動脈形成術(ステント留置術)は、ここ数年は年間80件程度です。
適応については以前より冠動脈造影での狭窄率だけではなく、負荷心臓シンチを併用するなどして、その適応を厳格に決めています。
冠心臓カテーテルの入院時には、食事指導や、栄養指導も積極的に行っています。
他、徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療も行っています。

※1年間の患者数が10人に満たなかったものは、公表条件に従い『-(ハイフン)』での表示をしています。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
k672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 130人 1.66日 5.30日 0.0% 60.5歳
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 114人 1.04日 1.69日 0.0% 62.6歳
K6335 鼠径ヘルニア手術 106人 0.26日 1.86日 0.0% 70.4歳
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 54人 0.44日 1.96日 1.9% 70.9歳
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 50人 4.52日 10.40日 0.0% 71.5歳
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 50人 2.34日 4.46日 0.0% 59.0歳
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 24人 2.08日 7.42日 0.0% 62.3歳
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(胸筋切除を併施しない)) 24人 2.13日 11.42日 0.0% 53.5歳
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 11人 2.18日 9.27日 0.0% 53.5歳
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm以上) - - - - -

※1年間の患者数が10人に満たなかったものは、公表条件に従い『-(ハイフン)』での表示をしています。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0821 人工関節置換術(股) 102人 1.95日 21.18日 2.0% 67.5歳
K0461 骨折観血的手術(大腿) 36人 5.86日 38.50日 55.6% 77.2歳
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 17人 6.00日 29.59日 5.9% 69.8歳
K0462 骨折観血的手術(前腕) 14人 4.14日 23.79日 14.3% 58.8歳
K0811 人口骨頭挿入術(股) 14人 9.79日 31.21日 85.7% 78.9歳
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - - -

※露出部とは、頭・首・肘から手の指先まで・膝から足の指先までを言います。

※1年間の患者数が10人に満たなかったものは、公表条件に従い『-(ハイフン)』での表示をしています。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 35人 1.71日 11.77日 5.7% 75.5歳
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -

くも膜下出血については患者様の病態に合わせて脳動脈瘤頸部クリッピング術(開頭術)と血管内手術のいずれかを選択し行っています。
また未破裂脳動脈瘤についても手術を行っています。
脳腫瘍については脳腫瘍全般に対し治療を行っています。厳密な手術適応基準に基づき、それぞれの患者さんに対して最適な手術法を選択しています。また、化学療法および放射線療法を行っています。
その他、頭部外傷に対する緊急手術を行っています。

※1年間の患者数が10人に満たなかったものは、公表条件に従い『-(ハイフン)』での表示をしています。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 61人 4.90日 12.85日 0.0% 70.1歳
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 38人 5.95日 4.79日 0.0% 27.6歳
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 12人 5.25日 10.33日 0.0% 76.7歳
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他) - - - - -
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -

胸腔鏡下で行う手術は身体への負担が少なく、術後の平均在院日数が短縮できます。

胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)の行われた肺の悪性腫瘍の9割は原発性肺癌に対してであり、男性の方が多い傾向にありました。

胸腔鏡下肺切除術は概ね気胸に対して行われた手術で、若い男性に多い特性上、平均年齢も20代と若いのが特徴です。

※1年間の患者数が10人に満たなかったものは、公表条件に従い『-(ハイフン)』での表示をしています。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 15人 3.80日 6.87日 0.0% 78.3歳
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 15人 0.93日 5.60日 6.7% 77.3歳
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分岐血管の再建)) - - - - -
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
K5551 弁置換術(1弁) - - - - -

※1年間の患者数が10人に満たなかったものは、公表条件に従い『-(ハイフン)』での表示をしています。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 26人 1.89日 8.00日 0.0% 33.3歳
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 14人 2.07日 9.50日 0.0% 60.0歳
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 12人 2.42日 2.75日 0.0% 66.4歳
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 11人 1.64日 5.82日 0.0% 65.2歳
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 10人 2.70日 7.40日 0.0% 54.7歳
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0072 皮膚悪性腫瘍手術(単純切除) 15人 0.00日 9.47日 0.0% 80.1歳
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -
K340-3 内視鏡下鼻・副鼻腔手術1型(副鼻腔自然口開窓術) - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -

小さな良性腫瘍は外来手術にて全摘出と縫縮を行います。悪性腫瘍や大きな良性腫瘍は、予定手術入院として手術室で全摘出、縫縮や植皮術を行うことが多いです。

※1年間の患者数が10人に満たなかったものは、公表条件に従い『-(ハイフン)』での表示をしています。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 91人 1.56日 5.77日 0.0% 74.4歳
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 26人 1.23日 7.62日 3.9% 63.0歳
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 13人 2.85日 7.69日 0.0% 75.0歳
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - -
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) - - - - -

※1年間の患者数が10人に満たなかったものは、公表条件に従い『-(ハイフン)』での表示をしています。

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K877 子宮全摘術 64人 2.81日 8.34日 0.0% 47.8歳
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 39人 2.46日 7.82日 0.0% 49.5歳
K861 子宮内膜掻把術 29人 0.00日 1.00日 0.0% 59.0歳
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 23人 0.96日 4.35日 0.0% 41.7歳
K8654 子宮脱手術(膣壁形成手術及び子宮全摘術)(膣式、腹式) 22人 3.50日 7.55日 0.0% 72.8歳
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K282ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 995人 1.13日 1.00日 0.0% 74.2歳
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 39人 1.13日 7.05日 2.6% 63.9歳
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
K278 硝子体注入・吸引術 - - - - -

※1年間の患者数が10人に満たなかったものは、公表条件に従い『-(ハイフン)』での表示をしています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)    ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症 例 数 発 生 率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 17 0.20%
180010 敗血症 同一 11 0.13%
異なる 37 0.43%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.14%
異なる - -
入院中は、免疫力が低下している場合もあり、ウイルスや細菌による発症や新たに合併症を発症する場合があります。
これらの発症率を抑えることで医療の質を高めています。

入院契機欄については以下の通りです。
 同 一:傷病名で入院したもの
 異なる:傷病名とは異なる傷病で入院したもの

入院の合併症として代表的な、会計上使用するDPC分類から4つを集計。
なお、「180040手術・処置等の合併症」は、国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)の表現を用いた分類表現であり、 主病名の治療よりも入院中に他の合併症の医療資源が優先された分類です。
更新履歴
2018/ 9/27
H29年度 病院指標作成
トップ