独立行政法人 国立病院機構 千葉医療センター
日本医療機能評価機構認定 第JC2182号
〒260-8606
千葉県千葉市中央区椿森4-1-2
TEL:043-251-5311
FAX:043-255-1675
予約に関するお問い合わせ
予約センター
TEL:043-251-5323
(平日13:00~16:30)
  

外科・消化器外科

外来診療日・担当医について

森嶋 友一[交替医]豊田 康義
(緩和ケア)
里見 大介[交替医]
福冨 聡利光 靖子野村 悟
榊原 舞午後
紹介制・予約制
山本 海介土岐 朋子午後
紹介制・予約制
守 正浩石毛 孔明小倉 皓一郎

受付時間、予約、紹介状等について

受付時間:午前8:30~午前11:30まで

初診の方へ

  • 予約なしで受診できます。
    • 患者様からの直接のお電話等では、予約できません。
    • 再診の方を含め、多くの方は予約を取っている為、予約のない方はお待ちいただくことがありますのでご了承ください。
  • 他院に通院中の方は、主治医に相談の上、当院地域医療連携室で予約していただけるよう依頼すれば、予約できます。(詳細はこちら
  • 紹介状をお持ちでなくても受診できますが、紹介状をお持ちでない場合は、別途5,400円かかります。できるだけ紹介状をお持ちになってお越しください。
    ただし、保険外療養費制度に基づく初診にかかる特別の料金(5,400円)をご負担いただければ必ず受診できるということではありませんので、予めご理解いただきますようお願い致します。

再診の方へ

  • 原則的に診察時に次回の予約を行っています。
  • 都合により予約時間を変更する際は、平日の午後1:00~午後4:30までの間に予約センター(043-251-5323)へお電話ください。
  • 予約外でも診察は受けられますが、予約優先ですのでお待ちいただくことがあります。

特色

鈴木五郎初代院長より外科は当院における中心的存在として現在に至っています。当科から整形外科、脳外科、心血管外科、乳腺外科が独立し、現在では消化器外科を主な対象疾患としています。
糖尿病代謝内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、血液内科、腎内科(外来のみ)

常勤医は11名、非常勤医1名、専修医1名で、常時50〜70名の入院患者の診療にあたっています。病棟は、消化器癌・内視鏡治療・鼠径ヘルニア中心の6東病棟となります。救急患者は3階の救急病棟に入ることが多くなります。
別項の如く各学会の専門医・指導医が充実しており、ガイドラインに沿った標準的な治療をインフォームド・コンセント(説明と同意)のもとに行うよう心がけています。
年間手術件数は全身麻酔700例以上、腰椎麻酔・局所麻酔・内視鏡切除などは約350〜400例となっています。いずれも近年増加傾向です。虫垂炎、腸閉塞、胆嚢炎、汎発性腹膜炎など緊急手術も可能な限り対応しております(開業医からの紹介患者さんは原則全例受け入れしております)。
待機手術例は必ず術前に症例検討会で討論を行い、独りよがりにならないように治療方針が決定されます。検討会とは別に週一回英文ペーパーの抄読会を持ち回りで行い、最新の知見、治療法等を学ぶよう心がけています。
またがん拠点病院として消化器癌治療には力を入れており、消化器内科のスタッフ、ナースらと共に術前・術後の症例検討会(キャンサーボード)を実施しております。

当外科の最もアピールするところは、現スタッフにて消化器疾患のほぼすべてに対応できること、そして総合病院としての特性からあらゆる合併症や複数の疾患に対処できること(例えば術前に狭心症を持病として持っていても胃癌の手術が可能であったり、食道癌で放射線を行う場合他院に転院せずに済んだり、精神疾患のある方の術前術後の管理をしたり、婦人科と共同で骨盤内の手術をしたり、など)です。
また大学で外科栄養を学んだスタッフが2名おり、院内のNST(栄養サポートチーム)の主力として活動しています。術前・術後の栄養管理は得意とするところです。がん治療には欠かせない緩和ケアチームも充実しています。

【外科手術件数】2017年までは こちら から(PDFファイル)(2018/01/22更新)

主な疾患

主な疾患について当科の治療方針並びに成績は以下の通りです。

  • 食道癌
     当科で力を入れている疾患の一つです。胃癌、大腸癌と比べると、非常に治療が難しく、根気を要する(医者も患者も)疾患といえます。食道癌の特徴として①進行すると容易に周囲の重要臓器(大動脈、気管、肺など)に浸潤してしまう、②頸部・胸部・腹部に広範にリンパ節転移を来す、③食道の別の部位や胃に跳躍転移をするなどがあります。従って手術をすると、その侵襲は大きく、当然術後管理も難渋するわけです。最近では第一選択として化学放射線療法を行う施設もありますが、当科では手術を優先的に考えるものの、個々の症例に応じて十分な説明と同意のもと治療方針を決定しています。放射線治療を行う場合、当院には放射線治療専門医がおりますのでご安心下さい。
     年間切除症例は12〜20例(うち内視鏡的粘膜切除2〜5例)、化学放射線療法が15〜20例となっています。手術症例の5年生存率は40.2%、stage別ではstage0 :100%、Ⅰ:93.3%、Ⅱ:58.1%、Ⅲ:39.2%、Ⅳa:16.8%、Ⅳb:0%。頸部食道癌は当院耳鼻科と共同で手術を行っています。胸部食道癌は癌占拠部位や進行度によって、症例個々に切除範囲や再建経路を決定しています。鏡視下手術を併用する場合もあります。大まかな目安として、Stage0は内視鏡治療(2007年以降は内視鏡的粘膜下層剥離術、いわゆるESDを行っています)、Ⅰは手術、Ⅱ・Ⅲは化学療法→手術、Ⅳaは化学放射線療法または化学療法→手術、Ⅳbは全身化学療法をお勧めしています。根治的化学放射線療法後の手術、サルベージ手術も患者さんと相談の上行っています。危険の多い手術ですが、治癒の可能性があれば、積極的に施行すべきと考えています。
     化学放射線療法は放射線治療専門医と緊密な連携の上に行っています。手術も化学放射線療法も適応がない場合、経口摂取を可能とするためステント留置も行います。

    ■詳細はこちらから(PDFファイル)(2017/09/19更新)



  • 胃癌
     我が国の胃癌の罹患率・死亡率は減少傾向ですが、当院では決してそうではなく、毎年100例前後の方が手術を受けられています(内視鏡切除を含む)。当科では30年前から全国胃癌登録、胃癌研究会(現在の胃癌学会)等に参加しつつ第一線病院としての理想的な手術、治療を目指してきました。現在では胃癌ガイドラインをもとに癌の進行度やQOLを考慮して患者一人一人に合った術式を選択しています。腹腔鏡手術は現状では適応を早期癌のみにしぼって行っています。内視鏡切除(ESD)は年間20〜30例を行い、安定した成績を修めています。
     最近化学療法も盛んに行われています。スキルス胃癌、高度進行癌、非治癒切除例、再発胃癌等に対しTS-1、シスプラチン、タキソール等を用いて長期生存例もみられるようになりました。


  • 大腸癌
     2005年大腸癌研究会から「大腸癌治療ガイドライン」が発表されましたが、当科もこれに沿った治療を行っています。手術症例は年間100〜130例です。M癌、SM軽度浸潤癌ではサイズにより内視鏡的切除を行い、その他StageⅢまでは腸管切除+系統的リンパ節郭清を行っています。腹腔鏡手術は内視鏡的粘膜切除で対応できない早期癌に対して行っております(徐々に進行癌にも適応拡大がされています)。またStageⅢ大腸癌および再発高リスクStageⅡ結腸癌に対する術後補助化学療法はインフォームド・コンセントに基づき積極的に行っています。転移・再発例には5-FUおよびl-LVに加え、イリノテカンやオキサリプラチンを用いるFOLFIRI、FOLFOXといった化学療法も行い生存期間の延長に寄与しています。新薬アバスチン、アービタックス等の分子標的薬の投与も可能です。


  • 肝・胆道・膵癌
     2012年の手術症例は以下の通りです。原発性肝癌7例、転移性肝癌12例、胆管癌1例、胆囊癌2例、十二指腸・乳頭部癌1例、膵癌7例です。うち肝切除は19例、膵頭十二指腸切除は5例でした。年によって変動がありますが、元々症例数が少なく、また診断、治療ともに難しい領域です。従って消化器内科医とも症例検討を行い、手術適応を決めています。
     原発性肝癌は慢性肝疾患の合併が多く、肝予備能の低下した症例での肝切除量を適切に決定し、手術死亡を0に保つことを心懸けています。転移性肝癌はなかなか手術適応となるものは少ないのが実情ですが、大腸癌肝転移など予後の期待できるものは積極的に対応したいと考えています。


  • 胆石症
     例年100~150例の手術例があります。うち腹腔鏡下胆嚢摘出術は100〜120例を行っています。平均手術時間は約60分、開腹移行率1~2%と安定した成績を残しています。急性胆嚢炎症例に対しても可能な限り腹腔鏡下胆嚢摘出術を行うよう努力しています。発症後三日以内が適応と考えています。急性胆嚢炎に対する緊急腹腔鏡手術は、当科の最も得意とするところであります(麻酔科の協力が不可欠ですが)。
     胆管結石の場合、通常、消化器内科にて内視鏡的切石術(胆管内の結石を取り除く)をまず行い、その後外科にて腹腔鏡下胆嚢摘出術を行うようにしています。時間はかかりますが、傷が少なく安全な方法と考えています。


  • 鼠径ヘルニア
     2007年よりヘルニア外来を開設しました。木曜日の午後、最も外来の空いている時間帯をあてております。プライバシー重視で時間をかけた診察を心懸けています。お陰様で好評のようです。千葉市外の方もご利用されるようになりました。
     年間手術件数は150件以上、2012年以降は200例を超えています。人工物(PHS法やダイレクト・クーゲル法)を用いた所謂テンション・フリー法を主に行っています。症例によっては、全身麻酔科に腹腔鏡手術も積極的に行っています。これらにより再発率は極めて低くなりました。勿論ご希望により人工物を用いない従来法も行うことは可能です。お仕事のお忙しい方は手術日に入院することも可能です。麻酔も腰椎麻酔だけでなく、患者さんの病態や社会的制約に応じて全身麻酔や局所麻酔も随時行っています。また小児のヘルニアも対応可能です。夏休みや春休み期間を利用して手術されるのがよいかと考えます。

    ※鼠径部ヘルニア専門外来のページは こちら


  • 急性腹症
     皆さん、お腹が痛くなることがありますね?大抵は食べ過ぎであったり、お腹をこわしていたりで、一時的なことが殆どです。しかし稀に激烈な痛みで、とても我慢できないようなものがあります。急激に発症し、痛みが強く、緊急で手術も予想される様な場合、我々は急性腹症と呼んでいます。具体的には、消化管穿孔(腹膜炎)、腸閉塞、急性胆嚢炎、急性虫垂炎、ヘルニア嵌頓などです(勿論、手術にならない内科的疾患や手術を要する婦人科疾患もあります)。こういった疾患を我々は毎年130件以上行っています。日常業務の他に緊急で手術を行うことは我々にとっても困難を伴うものです。しかも緊急手術では患者さんの全身を精密検査している時間がありませんので、術後も心配です(しばしばICU管理となります)。手術点数も低く設定されており、多くの病院が緊急手術を避ける傾向が出てきています。けれども手術後の患者さんの晴れ晴れした顔を拝見すると、「やはりやって良かった」と外科医の生き甲斐を感じる瞬間でもあります。総合医療センターとして、癌の患者さんばかりでなく、こういった急を要する患者さんの治療にも力を入れていかなければならないと考えております。

ニュース

  • 肛門外来のご案内
    「千葉医療センターには肛門科がないのか?」という患者様のお尋ねがありました。お答えは、「厚生労働省の指導で肛門科は標榜できない」ということです(不思議なことに肛門外科ならできますが)。しかし、当院で肛門疾患に対応できないわけではありません。当院外科のスタッフが丁寧に対応いたします。通常の午前の外来ではゆっくりと時間をかけて診察することが難しい状況ですので、午後比較的空いている時間帯にプライバシー重視で診察いたします。

    肛門疾患には痔核(いぼ痔)、裂肛(きれ痔)、肛門周囲膿瘍(腫れ痔)、痔瘻(穴痔)など頻度の高いものから、珍しいものとしては肛門癌、高齢者の方では直腸脱、他に肛門周囲皮膚炎などがあります。女性で便秘がちの方や妊婦の方は程度の差はあれ、痔核であることが多く、また肛門周囲膿瘍はしばしば痔瘻へ移行し、治療を困難にします。若い人の痔瘻には稀なクローン病の初発症状であることもあります。場所が場所だけに迷っている方、一度肛門外来の受診をお勧めいたします。直腸癌を心配している方には大腸内視鏡の検査もいたします。平成21年9月第1週より開設いたしました。

    肛門外来のページはこちら
    ○場  所:外科外来
    ○日  時:毎週月曜日、午後2時から4時
    ○担当医師:守

  • おヘソが化膿する患者さんへ
     尿膜管遺残症をご存知の方は少ないと思います。尿膜管は胎生期の臍帯と膀胱をつなぐ管ですが、通常退化してしまいます。それが遺残した場合、臍炎の原因となることがあります。
     当科では2016年より単孔式腹腔鏡下尿膜管摘出術を行っています。従来の腹腔鏡手術では傷が3~4か所であったところを臍1か所の傷で手術を行います。整容性に優れており、患者さんにもご満足いただいております。また、当院には形成外科があり、手術時の臍形成を依頼することもあります。
     おヘソから膿が出ている場合には抗生物質の投与や膿を出す処置(ドレナージ)を行い、感染・炎症が落ち着いてから手術を行います。おヘソから膿が出る場合、繰り返す場合には尿膜管遺残症の可能性があります。一度ご相談ください。
    ○担当:榊原(月曜外来)

医師紹介

医師名専門分野所属学会・認定
統括
診療部長
森嶋 友一 食道癌手術
鏡視下手術
(胃癌、胆石症)
NST
■昭和60年千葉大学医学部卒 医学博士

日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療医機構暫定教育医
日本食道学会評議員・食道外科専門医・食道科認定医
日本病態栄養学会評議員
千葉県NSTネットワーク世話人
千葉県食道疾患研究会世話人
千葉県大腸疾患研究会世話人
千葉胸部外科手術手技・管理研究会世話人
千葉県ヘルニア研究会世話人
千葉市禁煙推進研究会世話人
がん
診療部長
豊田 康義食道癌
膵癌手術
緩和ケア
NST
■平成3年千葉大学医学部卒 医学博士

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本食道学会食道科認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本静脈栄養学会(TNT研修会受講終了者)
日本緩和医療学会暫定指導医
日本医師会産業医
医長里見 大介胃・大腸癌
内視鏡治療
(EMR, ESD)
腹腔鏡手術
(胃、大腸)
抗癌剤治療
■平成4年千葉大学医学部卒 医学博士

日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本臨床外科学会評議員
日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般外科領域)
日本大腸肛門病学会専門医
医長利光 靖子肝胆膵外科
移植外科
■平成7年高知医科大学医学部卒 医学博士

日本外科学会認定医・専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本移植学会移植認定医
日本DMAT隊員(統括DMAT)
ICLSディレクター
JATECインストラクター
医師福冨 聡食道癌
胃・大腸癌
内視鏡治療
■平成10年山口大学医学部卒 医学博士

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
医師野村 悟肝胆膵外科 ■平成11年卒 医学博士

日本外科学会外科専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医
日本静脈経腸栄養学会TNT研修会修了
日本医師会認定産業医
医師榊原 舞肝胆膵外科 ■平成12年金沢大学医学部卒 医学博士

日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ読影認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(腹腔鏡下胆嚢摘出術)
医師土岐 朋子消化器外科
肝胆膵外科
■平成12年千葉大学医学部卒 医学博士

日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ読影認定医
医師山本 海介腹部救急手術
ヘルニア手術
■平成15年東海大学医学部卒

日本外科学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般外科領域)
日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医
日本ヘルニア学会評議員
日本腹部救急医学会評議員・暫定教育医・認定医
医師守 正浩消化器
腹部救急手術
肛門疾患
禁煙治療
■平成16年獨協大学医学部卒

日本外科学会専門医
日本禁煙学会禁煙指導者認定制度 禁煙専門医師
日本禁煙学会禁煙指導者認定制度 禁煙認定指導医
日本禁煙科学会認定上級禁煙支援外科医
日本褥瘡学会褥瘡医師
日本緩和医療学会緩和医認定医
医師石毛 孔明外科 ■平成21年東海大学医学部卒

日本外科学会専門医
医師小倉 皓一郎外科■平成24年順天堂大学医学部卒

日本救急医学会専門医
日本急性血液浄化学会認定指導者
非常勤医師河野 宏彦消化器内視鏡
内視鏡治療
■平成11年帝京大学医学部卒 医学博士

日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
名誉院長鈴木 一郎消化器外科手術 ■昭和42年千葉大学医学部卒 医学博士

千葉県医師会顧問
日本臨床外科学会評議員
船橋医療センター病院事業管理者
日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
トップ
職員採用について 当院で一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
看護部のご紹介 様々な看護分野で活躍するためのプログラム等を紹介。
臨床研修プログラム プログラム概要や応募要項、スケジュールをご紹介。