救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各診療科のご案内

診療科  心臓血管外科

当科の対象疾患

虚血性心疾患、心臓弁疾患、大動脈疾患、末梢血管疾患、その他心血管関連疾患

診療内容

・虚血性心疾患
冠動脈バイパス手術(人工心肺使用および非使用)
・心臓弁疾患
心臓弁置換および形成(大動脈弁 僧帽弁 三尖弁)
・心臓腫瘍
・大動脈疾患
人工血管置換(胸部、胸腹部、腹部)、血管内治療(胸部・腹部ステントグラフト)
・末梢動脈疾患
人工血管置換、バイパス手術 血管内治療(バルーン拡張、ステント留置)
・静脈疾患
下肢静脈瘤手術(血管内焼灼術、伏在静脈抜去、高位結紮)、透析用内シャント造設術
・その他心血管関連疾患

スタッフ

氏名・職名 認定資格 主な専門分野
石橋 義光
医療技術部長
心臓血管外科専門医 修練指導者
胸部外科認定医・指導医
外科専門医・指導医
心臓 血管
川崎 正和
医長
心臓血管外科専門医 修練指導者
胸部外科認定医
脈管学会専門医
腹部ステントグラフト指導医
胸部ステントグラフト実施医
日本血管外科学会認定血管内治療医
外科専門医・指導医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医
心臓 血管 血管内治療
吉本 公洋
医長
心臓血管外科専門医 修練指導者
胸部外科認定医
外科専門医
心臓 血管
國重 英之
医師
心臓血管外科専門医 修練指導者
胸部外科認定医
脈管学会専門医
腹部ステントグラフト指導医
外科専門医 指導医
心臓 血管 血管内治療
井上 望
医師
救命救急専門医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医
腹部ステントグラフト実施医
脈管学会専門医
外科専門医

血管 血管内治療

救命救急

主な治療実績(28年度)

・手術
  • 手術総数 193例(心 大血管 85例)
  • 弁膜症手術
  • 大動脈弁:7例
  • 僧帽弁: 1例
  • 大動脈弁+僧帽弁: 1例
  • 大動脈弁+三尖弁: 1例
  • 僧帽弁+三尖弁: 3例
・虚血性心疾患手術
  • OPCAB:3例
  • On pump beating:3例
  • On pump arrest:5例
・胸部、胸腹部大動脈手術
  • 非解離性:9例(破裂:1例、ステントグラフト:5例)
  • 解離性:20例(急性:12例、ステントグラフト:3例)
・腹部大動脈手術
  • 非破裂性:28例(ステントグラフト:20例)
  • 破裂性:1例
・末梢血管手術
  • PAD:34例(血管内治療単独及び併施:4例、急性動脈閉塞血栓摘除術:13例
  • 透析用シャント造設:27例
  • 下肢静脈瘤手術:16例(血管内焼灼術〈高周波〉15例、伏在静脈抜去:1例)
  • その他:24例

地域医療機関へのメッセージ

2010年3月1日に国立病院機構の方針で北海道がんセンターから心臓血管外科医局ごと当院へ異動してきました。
北海道がんセンター(旧国立札幌病院)では1996年から成人の心臓大血管疾患を中心に診療にあたり、この14年間に総計約3000例の手術を行っております。1300例は心臓、胸部大動脈瘤の手術、600例は腹部大動脈瘤の手術、1000例は末梢動脈疾患と静脈の手術でありました。それまで積み上げた経験を生かし、2010年から当院で心臓血管外科領域の診療に全力で取り組んでおります。
当施設の特徴として各科の専門家がそろった総合病院であり、さまざまな合併症のある患者さんにも対応可能です。さらに第三次救命救急センターの機能を有し、重症の循環器系救急患者にも常時対応しております。また、当科は日本心臓血管外科専門医認定機構から基幹施設、日本脈管学会から指定施設、日本ステントグラフト実施基準管理委員会から胸部及び腹部ステントグラフト内挿術実施施設として認定されております。  手術総件数は2012年202例(心 大血管88例)2013年208例(心 大血管89例)2014年180例(心 大血管68例)、2015年174例(心 大血管74例)、2016年193例(心 大血管85例)で、その手術成績も良好であります。最近は患者さんに負担の少ない血管内治療(閉塞性動脈硬化症、腹部大動脈瘤、胸部大動脈瘤、下肢静脈瘤)も増えてきており、専門医が随時対応しております。
また当科では2016年2月より血管生理検査専門外来(Vascular Labo)を開設し、末梢動脈疾患(PAD)の早期発見に努めております。PADが疑われる患者様がいらっしゃいましたら是非ご相談ください。  これからも症例を積み重ね、患者さんのために、さらに高度で安全な、また可能な限り低侵襲な医療を提供できるようにスタッフ一同、常に努力してまいります。

研究・治験
  • ①凝固因子を指標に加えた急性大動脈解離(Type A)の手術適応評価の有用性の証明研究
  • ②胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術導入前後の患者リスク背景 低侵襲性の比較検討と術前リスク評価法の構築
  • ③観血的医療処置時の抗血栓薬の適切な管理に関する研究
  • ④K-134の間欠性跛行患者に対する二重盲検比較試験および長期投与試験
  • ⑤末梢動脈疾患患者を対象として心血管死、心筋梗塞及び虚血性脳卒中発現リスクに対するチカグレロールの効果をクロピドグレルと比較する無作為二重盲検並行群間多施設共同第Ⅲ相試験
  • ⑥閉塞性動脈硬化症に伴う間歇性跛行を対象としたNS-304の後期第Ⅱ相試験
  • ⑦深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症の治療及び再発抑制に対するリバーロキサバンの有効性及び安全性に関する登録観察研究(今年度開始予定)