部門紹介

奨学金を希望する皆さんへ

 国立病院機構東京病院の奨学金制度は、看護学校・看護大学に在籍する学生で、当該学校を卒業後、国立病院機構東京病院へ就職を希望する学生に対して奨学金を貸与することにより、その修学を支援することを目的としています。

奨学金貸与までの主な流れ

 @貸与の申込み
 A奨学生の選考
 B奨学生の決定
 C奨学生誓約書、奨学金口座振込申出書の提出
 D奨学金の口座振込

申込み方法

 1.看護学校、看護大学を卒業後、国立病院機構東京病院に勤務することを希望する場合にお申込み下さい。
 2.申込みする場合は、次の書類を提出して下さい。
 ○看護学校・看護大学に在籍する学生の場合
  @奨学生申請書(様式第1号)こちらからダウンロード
  A履歴書(市販のもの)
  B在籍する看護学校長が作成する成績が証明できるもの(成績証明書等)
 上記の必要書類を同封し、封筒の表に「奨学生申請書在中」と記載の上、
 当院「管理課庶務係 宛て」郵送願います。

奨学生の選考

 1.奨学生は、申込み時に提出された書類及び面接等を踏まえ決定します。
 2.面接の時期は、決まり次第連絡します。
 3.なお、奨学生として内定された方には、病院長から「奨学金貸与決定通知書」が発行されます。

奨学生の提出書類

 「奨学金貸与決定通知書」を受領した日から14日以内に「奨学生誓約書」、「奨学生口座振込申出書」
 を提出して下さい。

奨学金の額

 奨学金の額は、年間50万円です。

奨学金の貸与期間及び貸与方法

 1.看護学生は最大3年間、看護学部学生は最大4年間。
 2.年額50万円を各年度の前期(4月)、後期(10月)の2回に分け、本人名義の預金口座に
   振り込みます。

奨学金の返還の免除

 1.奨学金は、看護学校等を卒業後、奨学金の貸与期間と同じ期間を国立病院機構
   東京病院の看護師として勤務した場合には、全額返還免除されます。
 2.勤務期間の計算で年以下の月数は切り捨てとなります。

奨学生の資格取り消し

 1.次の項目の何れかに該当したときは、資格が取り消されます。
  @自己の都合により、奨学生を辞退したとき
  A自己の都合、または学則の定めにより看護学校等を退学したとき
  B新たな学年に進級できないとき
  Cその他奨学生が奨学金貸与の目的を達成する見込みがなくなったと認められるとき

奨学金の返還

 次の項目の何れかに該当した場合は、奨学金の返還が必要となります。
 なお、返還については、一括返還が必要となります。
 @奨学生の資格が取り消された場合
 A卒業当年に看護師の免許が取得できない場合
 B看護学校等を卒業後、国立病院機構東京病院に就職しなかった場合
 (採用試験で、国立病院機構東京病院への採用不合格も含む)
 C国立病院機構東京病院に就職したが、奨学金の貸与期間と同じ期間を国立病院機構東京病院の看護師として
  勤務できなかったとき(退職した場合等)



申込み及び問合せ先
〒204-8585 東京都清瀬市竹丘3-1-1
独立行政法人国立病院機構 東京病院
管理課 庶務係長
電話 042-491-2111 内線2221
FAX 042-494-2168

ページのトップへ