部門紹介

看護部

理念

私たちは、患者さんの立場に立った思いやりのある暖かい看護を行います。

基本方針

  • 看護の役割と責任を自覚し、患者さんの個別性と安全を大切にした看護を実践します。
  • 専門職業人として知識・技術の向上に努めます。
  • 研究的視点で臨床看護の質向上を図ります。
  • 患者さんの生活の質改善に向けて、地域医療・保健機関との連携を図ります。
  • 思いやりをもち、心をこめた看護を行います。

看護部長 挨拶

看護部長

看護部長 小野瀬 友子

 私たち国立病院機構東京病院の看護職員は、「患者さんの立場に立った思いやりのある暖かい看護を行う」ことを理念に掲げています。
私は「心・知・技」が揃ってはじめて患者さんに満足いただける看護が提供できると思っています。患者さんやご家族に誠意を持った気持ちよい対応をすることは勿論ですが、専門職業人として知識や技術を向上させるために、看護職員一人一人が日々努力していくことが重要だと考えています。そのために看護部として、院内研修の充実を図るとともに院外の研修にも積極的に参加できるように支援しています。
東京病院は武蔵野の面影を残す広大な敷地に建っており、季節毎に咲く花々や木々の変化が患者さんや職員の気持ちを和ませてくれます。このような恵まれた療養環境を提供すると共に、患者さん自身に東京病院で治療・看護を受けて良かったと思っていただけるように、病院で働く全職種の職員と連携を図り努力していきたいと思います。



ページのトップへ