1. ホーム
  2. 病院のご案内
  3. 病院概要

病院概要

私たちの病院を紹介いたします。

名称
独立行政法人国立病院機構相模原病院
所在地
住所   〒252-0392 神奈川県相模原市南区桜台18-1
電話   042-742-8311(代)
FAX   042-742-5314
病院長
金田悟郎
開設年月日
昭和13年4月1日(独立行政法人は平成16年4月1日)
許可病床数
一般病床458床(うち、HCU4床)
職員数
常勤職員数医師 101名
レジデント・専修医・研修医 37名(非常勤医師含む)
看護師 338名
助産師 21名
薬剤師 26名
医療技術者 83名(薬剤師除くコメディカル)
その他職員 44名(常勤)
(平成28年7月1日現在)
敷地面積
95,249.52m2
診療科目
内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、消化器外科、循環器内科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、美容外科、脳神経外科、呼吸器外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、病理診断科、救急科
組織
診療部、臨床研究センター、看護部、薬剤部、事務部
健康保険法規定による施設基準
《基本診療料》
一般病棟入院基本料(7対1)、総合入院体制加算3、診療録管理体制加算2、医師事務作業補助体制加算1(15対1)、急性期看護補助体制加算(25対1)看護補助者5割以上、看護職員夜間配置加算、療養環境加算、重症者等療養環境特別加算、栄養サポートチーム加算、医療安全対策加算1、感染防止対策加算2、患者サポート体制充実加算、褥瘡ハイリスク患者ケア加算、ハイリスク妊娠管理加算、ハイリスク分娩管理加算、総合評価加算、呼吸ケアチーム加算、病棟薬剤業務実施加算1、データ提出加算2、退院支援加算、認知症ケア加算、精神疾患診療体制加算、ハイケアユニット入院医療管理料1、小児入院医療管理料2
 
《特掲診療料》
高度難聴指導管理料、がん性疼痛緩和指導管理料、がん患者指導管理料1,2、がん患者指導管理料3、外来放射線照射診療料、ニコチン依存症管理料、開放型病院共同指導料、肝炎インターフェロン治療計画料、薬剤管理指導料、地域連携診療計画加算、検査画像情報提供加算、電子的診療情報評価料、医療機器安全管理料1、医療機器安全管理料2、病理診断管理加算2、放射線治療専任加算、外来放射線治療加算、1回線量増加加算、高エネルギー放射線治療、画像誘導放射線治療加算、麻酔管理料(Ⅰ)、HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ)、検体検査管理加算(Ⅰ),(Ⅳ)、時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト、ヘッドアップティルト試験、長期継続頭蓋内脳波検査、神経学的検査、小児食物アレルギー負荷検査、画像診断管理加算1、2、CT撮影及びMRI撮影、大腸CT撮影加算、心臓MRI撮影加算、冠動脈CT撮影加算、乳房MRI撮影加算、抗悪性腫瘍剤処方管理加算、外来化学療法加算1,2、無菌製剤処理料、脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)、集団コミュニケーション療法料、がん患者リハビリテーション料、認知療法・認知行動療法2、悪性黒色腫センチネルリンパ節加算、組織拡張器による再建手術(乳房の場合)、脳刺激装置植込術・脳刺激装置交換術、脊髄刺激装置植込術・脊髄刺激装置交換術、乳がんセンチネルリンパ節加算1及びセンチネルリンパ節生検(併用)、乳がんセンチネルリンパ節加算2及びセンチネルリンパ節生検(単独)、ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術、ペースメーカー移植術/交換術、大動脈バルーンパンピング法(IABP法)、早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術、腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術、胃瘻増設術(要件を満たす)、胃瘻増設時嚥下機能評価加算(要件を満たす)、麻酔管理料Ⅰ、放射線治療専任加算、外来放射線治療加算、1回線量増加加算、高エネルギー放射線治療、画像誘導放射線治療加算、病理診断管理加算2、医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術、人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算、胃瘻増設時嚥下機能評価加算、輸血管理料Ⅰ、輸血適正使用加算1、貯血式自己血輸血管理体制加算、入院時食事療養費Ⅰ、食堂加算
指定医療機関
臨床研修指定病院、生活保護法、結核予防法(34条)、母体保護法、自立支援医療(精神通院医療)(32条)、母子保健法(養育医療)、児童福祉法(育成医療)、身体障害者福祉法(更生医療)、原爆被爆者の一般疾病、公害
病院施設認定
地域医療支援病院、神奈川県がん診療連携指定病院、DPC対象病院、日本アレルギー学会、日本外科学会、日本消化器病学会、日本乳がん学会、日本リウマチ学会、日本麻酔科学会、日本小児科学会、日本整形外科学会、日本神経学会、日本内科学会、日本産科婦人科学会、日本医学放射線学会、日本耳鼻いんこう科学会、日本皮膚科学会、日本核医学会、日本大腸肛門病学会、日本消化器内視鏡学会、日本循環器病学会、日本がん治療認定医機構、日本気管食道科学会、日本周産期・新生児医学会、日本呼吸器学会、日本眼科学会、日本泌尿器科学会、日本脳神経外科学会、日本臨床細胞学会、日本IVR学会、日本肝臓学会、日本病理学会
主な医療機器
CT(ヘリカルスライス)、手術顕微鏡システム、リニアック、全自動錠剤分包機、ガンマカメラ、血管連続撮影システム、走査電子顕微鏡、CR装置、MRI(1.5テスラ)×2、CT(マルチスライス)、DRタイプX線テレビ装置、ダイレーザー光凝固装置、超音波内視鏡システム、内視鏡画像管理システム、超音波診断装置、超音波診断装置(心臓用)、リスパックス、超音波白内障手術装置、生化学・免疫学連結型分析装置、血液一般検査システム、医用情報画像システム、SPECT CT
このページのトップへ