1. ホーム
  2. 病院のご案内
  3. 病院指標の公開

平成28年度国立病院機構相模原病院病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3913 625 251 356 685 840 1727 2977 1728 299
平成28年度に退院された患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しました。
地域医療支援病院である当院は、地域医療の中核として幅広い年齢層の患者さんに医療を提供しています。
1番多いのは0歳代の患者さんで3913人、全体の約29%を占めます。
次いで多いのは70歳代の患者さんで2977人、全体の約22%を占めます。0歳代の患者さんの割合いは、一般的な総合病院としては高い数値です。その理由は、当院の小児科では食物アレルギーやアトピー性皮膚炎、気管支喘息などのアレルギー疾患に力を入れており、全国から患者さんが来院されるからです。0歳代では約7割が食物アレルギーの入院です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置等2_なし 定義副傷病_なし 60 12.22 11.06 1.67 72.03
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置等2_3あり 定義副傷病_なし 53 4.81 6.88 0 76.79
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 処置等2_なし 43 11.7 11.74 0 74.93
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 41 5.56 7.53 0 70.39
060020xx99x40x 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置等2_4あり 定義副傷病_なし 37 3.32 7.51 0 68.14
消化器科で1番多いのは、胆管(肝内外)結石、胆管炎限局性腹腔膿瘍手術等を実施した患者さんです。
2番目に多いのは、胃癌に対して化学療法を行う患者さんです。この化学療法は2~3日間の入院を繰り返し行うため、延べ患者数が多くなっています。
3番目に多いのは、肝・肝内胆管の悪性腫瘍の患者さんです。
なお、大腸ポリープを切除する症例は、DPC請求ではないためこの集計には挙がっていませんが、当科の中では患者数1位です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 163 3.28 3.06 0.61 71.4
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 92 16.34 17.95 6.52 77.61
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし、1,2あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 59 6.2 4.71 1.69 71.08
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 処置等1_なし、1あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 47 11.13 13.02 6.38 62.55
050130xx9910xx 心不全 手術なし 処置等1_1あり 処置等2_なし 38 15.63 15.9 2.63 71.82
循環器内科で1番多いのは、狭心症に対して心臓カテーテル検査を行う患者さんです。狭心症が疑われたり、過去に心筋梗塞や狭心症を起こして心臓の冠動脈にステントを留置した方の検査で行います。検査入院では約3日間の入院が必要です。
2番目に多いのは、心不全です。70歳以上の高齢者が80%以上を占め、日常生活自立度(ADL)が低い方が多いため、入院期間が長くなる場合があります。
3番目に多いのは、狭心症に対して冠動脈にステントを留置する患者さんで、4日前後の入院が必要です。
アレルギー科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒)  処置等2_なし 定義副傷病_なし 67 3.85 3.64 0 46.99
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 61 28.49 21.25 31.15 83.38
040100xxxxx00x 喘息  処置等2_なし 定義副傷病_なし 41 7.2 6.42 0 48.29
040110xxxxx0xx 間質性肺炎  処置等2_なし 40 31.73 19.92 17.5 75.7
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 重症度等_A-DROP スコア2 25 14.08 15.29 4 83.92
アレルギー科で1番多いのは薬剤アレルギーに対する検査入院です。どの薬剤に対してアレルギーを起こすのか、入院して薬剤を投与して反応を確認する負荷テストを行います。
2番目に多いのは、誤嚥性肺炎の患者さんです。80歳以上の高齢者が多く、喘息や肺癌、慢性閉塞性肺疾患などの基礎疾患がある場合は、入院期間が長くなる傾向があります。
3番目に多いのは、喘息による患者さんです。若年層が多いことが特徴となります。
リウマチ科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 処置等2_なし 26 27.54 17.77 11.54 65.65
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 22 27.23 21.25 36.36 80.59
070470xx99x2xx 関節リウマチ 手術なし 処置等2_2あり 21 28.71 25.16 14.29 71.76
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病_なし 16 12.38 12.43 0 76.75
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 処置等2_なし 15 31.13 15.58 0 71.33
リウマチ科で1番多いのは、全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患です。これは膠原病およびその合併症に関連した入院となります。
2番目に多いのは、誤嚥性肺炎の患者さんです。在院日数が全国平均より長くなっていますが、これは高齢であることと、リウマチ治療による免疫抑制があるため、普通の肺炎に比べて改善に時間がかかるためです。また、元の日常生活自立度(ADL)が低いためリハビリも必要となり入院期間が長くなります。
3番目に多いのは、関節リウマチでリハビリテーションを行った患者さんです。合併症が多い方や、入院中に肺炎を起こしたりすると、入院期間が長くなります。また、自宅退院が困難な方は他の病院や施設など退院先を探すため入院期間が長くなることがあります。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー  処置等1_なし 1319 1.28 2.62 0 6.48
040100xxxxx00x 喘息  処置等2_なし 定義副傷病_なし 129 5.99 6.42 6.2 3.29
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 122 8.39 6.18 2.46 0
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  処置等2_なし 121 3.79 5.50 0.83 3.61
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)  定義副傷病_なし 117 5.32 6.02 5.98 1.45
小児科で1番多いのは、食物アレルギーです。
「処置1」とは食物負荷検査を表しますが、食物負荷検査は12ヵ月に2回しか算定できないという保険請求のルールがあるため、実際には検査を行った場合でも「処置1なし」の分類になることがあります。なお、食物負荷試験を算定した場合は「処置1あり」となりますが、この分類はDPC点請求ではないため、集計に挙がっていません。
2番目に多いのは、喘息の患者さんです。
3番目に多いのは、低出生体重児の患者さんです。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 処置等2_6あり 定義副傷病_なし 81 3.98 4.41 0 69.02
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 処置等2_7あり 定義副傷病_なし 74 4.01 4.84 0 69.8
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 60 16.7 15.92 0 69.32
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 処置等2_6あり 定義副傷病_なし 57 4.12 4.48 0 74.21
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 49 6.71 7.61 0 58.2
外科で1番多いのは、直腸癌に対してベバシズマブやパニツムマブを使用した化学療法を行う患者さんです。この化学療法は繰り返し行うため、延べ患者数が多くなっています。
2番目に多いのは、結腸癌に対してパニツムマブ、セツキシマブ、レゴラフェニブ水和物を使用した化学療法を行う患者さんです。この化学療法は繰り返し行うため、延べ患者数が多くなっています。
3番目に多いのは、結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍結腸切除術全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術を行った患者さんです。
なお、鼠径ヘルニアに対して手術を行う症例は、DPC請求ではないためこの集計には挙がっていませんが、当科の中では患者数1位です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 57 28.95 27.63 66.67 83.18
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 48 28.9 26.26 10.42 74.75
070470xx02x2xx 関節リウマチ 関節形成手術 肩、股、膝+人工骨頭挿入術 肩、股等 処置等2_2あり 46 30.59 26.44 0 68.22
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死人工関節再置換術等 44 28.05 24.42 9.09 68.3
070470xx03x2xx 関節リウマチ 筋肉内異物摘出術等 処置等2_2あり 35 29.31 23.26 0 64.97
整形外科で1番目に多いのは、大腿骨近位部骨折に対して、骨折観血的手術や人工骨頭挿入術を行う患者さまです。 患者さまの多くは、地域連携パスを利用して近隣の回復期リハビリテーション病棟を有する医療機関に転院し、さらにリハビリを継続します。
2番目に多いのは、人工膝関節置換術を行う患者さまです。当院では、術前に3Dシュミレーションを行い、正確な設置を心がけ、本来の膝関節機能に近づけることに努めています。
3番目に多いのは、関節リウマチによる障害に対して手術を行う患者さまです。準ナショナルセンターとして全国有数のリウマチ関連手術を行っており、人工関節に加え各種の関節形成手術・脊椎手術などを行っています。
4番目に多いのは、人工股関節置換術です。3Dシュミレーションによるインプラントの正確な設置と共に、侵襲の小さな方法に努めています。膝関節をはじめ、股、足、肩、肘、足、手指関節などの人工関節置換術は関節リウマチの患者さまも含めると、当科で最も多く行う手術の1つです。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置等1_なし 5 2.2 4.28 0 43.8
020320xx97xxxx 涙器、眼窩の疾患 手術あり 2 2 3.46 0 69
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 処置等2_なし 2 2.5 3.44 0 69.5
030390xx970xxx 顔面神経障害 手術あり 処置等1_なし 1 3 11.39 0 66
080150xx97xxxx 爪の疾患 手術あり 1 3 5.24 0 60
開設1年以内で、医師1名体制での診療のために入院患者数としては少なくなっております。ほとんどの方が手術を受けた方の入院になります。その中で1番多いのは体表の皮膚腫瘍の切除を行った患者さんです。部位や大きさにより術式が異なりますが、全体の7割を占めます。眼瞼下垂、睫毛内反等の加齢性の眼瞼の変化に対する手術が増加傾向にあります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置等2_なし 定義副傷病_なし 18 15.5 11.83 0 75.39
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 処置等1_なし 処置等2_2あり 定義副傷病_なし 重症度等_発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 22.64 16.73 63.64 73.73
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 11 14.91 7.52 9.09 55.82
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 9 30.33 19.35 55.56 69
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 処置等1_なし 処置等2_4あり 定義副傷病_なし 重症度等_発症前Rankin Scale 0、1又は2 9 19.56 16.54 22.22 63.22
脳神経外科で入院治療を要する1番多いご病気は、頭の中にゆっくり血液が溜まってしまう慢性硬膜下血腫で、穿孔洗浄術により症状の改善が得られます。ご高齢の方に発生しやすいご病気で、入院当日に手術を行うことが多く、2~3週間の入院が必要です。
2番目に入院治療の多いご病気は脳卒中であり、高齢化社会を反映し75歳以上の方が7割以上を占めます。麻痺や言語障害などが残った場合、しっかりとしたリハビリテーションが重要となり、リハビリ病院による積極的なリハビリテーションを推進しています。
3番目に多く入院治療を受けられる方は、頭部を強打されたことにより脳振盪や脳挫傷・外傷性くも膜下出血が生じてしまった方です。転倒や交通事故が原因となることが多く、ほとんどの方は救急車で来院されます。
このように脳神経外科で治療を受けられる方の多くは救急で来院され、入院当日からの早期治療が必要となります。脳神経外科チーム一同、地域医療の要請に応えるべく、日々努力を重ねて参ります。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040200xx97x00x 気胸 その他の手術あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 23 8.43 16.24 0 26.17
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置等2_なし 22 12.82 12.73 0 71.18
040200xx99x00x 気胸 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 19 7.05 9.14 5.26 54.05
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置等1_あり 処置等2_なし 12 2.17 3.68 0 71.67
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 処置等2_なし 定義副傷病_なし 8 12.75 10.09 0 31
呼吸器外科の症例で上位5位のうち3つの症例は気胸です。気胸はやせ形の若年男子に突然起こる病気です。
気胸で1番多いのは、気胸に対して胸腔鏡下肺縫縮術を行う患者さんです。若年者の病気であるために、できるだけ体内に異物を残さないように配慮した術式を選択しています。
2番目に多いのは、肺癌の手術を行った患者さんです。
3番目に多いのは、手術は行わず胸腔ドレーンを挿入する患者さんです。胸腔内圧上昇による緊張性気胸(心臓が圧迫されて不整脈や血圧低下が見られる病態)を解除するために、胸腔ドレナージという治療を行います。当院では、細いチューブを留置して脱気を行います。ほとんどの方の気漏は数日で閉鎖し肺虚脱が改善します。気漏がなかなか止まらない場合や、何度も繰り返す場合、肺の両側の場合は手術を行います。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 処置等1_あり 処置等2_なし 30 5.13 7.72 0 71.97
020210xx01x0xx 網膜血管閉塞症 増殖性硝子体網膜症手術 処置等2_なし 20 8.25 11.66 0 54.7
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 処置等1_なし 処置等2_なし 9 4.78 7.70 0 72.11
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり 7 10.71 5.16 0 72.71
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 重症度等_片眼 4 4.5 7.01 0 62.25
眼科で1番多いのは、黄斑前膜や黄斑円孔に対する硝子体茎顕微鏡下離断術で、50歳以上の方は原則として水晶体再建術も同時に行います。3番目には水晶体再建術を同時に行わない症例が挙がります。現在、最も小切開である27ゲージ手術を全例に施行しており、早期の社会復帰が可能です。
2番目に多いのは、増殖性硝子体網膜症・裂孔原性網膜剥離などに対する手術で、50歳以上の方は原則として水晶体再建術も同時に行います。重症度により27ゲージ手術及び25ゲージ手術を使い分け、侵襲を可能な限り軽減させ早期退院・早期社会復帰を目指しています。
なお、白内障に対する水晶体再建術は、DPC請求ではないためこの集計には挙がっていませんが、当科の中では患者数1位となります。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 128 12.16 7.47 0 55.43
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 51 7.92 8.12 0 17.27
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 44 4.8 5.24 0 68.55
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 36 6.22 5.50 0 32.42
030428xxxxxxxx 突発性難聴 34 9.38 9.37 0 64.41
耳鼻いんこう科で1番多いのは、慢性副鼻腔炎に対しての内視鏡下副鼻腔手術です。特にⅢ型が多いです。副鼻腔手術と同時に内視鏡下鼻中隔手術や内視鏡下鼻腔手術(下鼻甲介手術)を行う場合が多いです。当院では術後の処置まで入院中に行い、退院してすぐ日常生活が送れるようにしています。
2番目に多いのは、扁桃やアデノイドの手術です。慢性炎症の成人や、肥大して呼吸障害を起こしている小児などが対象となります。
3番目に多いのは、末梢性めまい症です。脳梗塞など中枢性めまいを除外されたものが、耳鼻科の診療範囲となります。
4番目に多いには喉頭炎や扁桃炎、扁桃周囲膿瘍で、抗菌薬の点滴加療を行います。20~40歳代の比較的若い方でも入院が必要になることが多いです。また扁桃周囲膿瘍切開術などの手術が必要になることもあります。
5番目に多いのは突発性難聴の患者さんです。ステロイドや血管拡張薬の点滴加療を中心に治療します。糖尿病がある方の場合は血糖測定をしながら治療する必要があるため、必ず入院が必要になります。
なお、睡眠時無呼吸症候群の検査入院はDPC請求ではないためこの集計には挙がっていませんが、数多く行っています。特に小児でも検査ができる病院は珍しく、北里大学の小児科などからも検査依頼を受けています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 処置等2_あり 定義副傷病_なし 60 27.92 21.15 0 75.1
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 38 23.92 21.25 10.53 76.71
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 32 21.59 18.71 0 72.5
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 処置等2_あり 定義副傷病_なし 21 22.1 17.57 4.76 68.95
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー  処置等2_4あり 定義副傷病_なし 13 15.38 18.04 0 53.85
神経内科で1番多いのはパーキンソン病です。薬剤の効果に関して検討するとともに、入院して継続してリハビリテーションを行うことにより、効果が高くなると考えています。
2番目に多いのは誤嚥性肺炎です。パーキンソン病や脊髄小脳変性症など神経変性疾患では、徐々に嚥下機能が低下し、誤嚥性肺炎をおこすことも少なくありません。当科には比較的罹病期間の長い患者さんも多いため、誤嚥性肺炎の治療にもあたっております。
3番目に多いのはパーキンソン病です。1番目との疾患での違いは中心静脈注射、人工呼吸、SPECTを行っているか否かです。
1番目はそれらの処置項目を行っており、3番目の項目は行っておりません。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 41 7.93 8.96 0 72.15
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置等1_なし 32 2.63 4.28 0 50.31
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 27 13.41 11.97 0 68.26
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置等2_なし 16 4.88 8.78 0 75.06
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹  処置等1_なし 6 5.83 11.28 0 56.67
皮膚科で1番多いのは、帯状疱疹です。抗ウイルス剤点滴による治療を行い、約1週間の入院が必要です。
2番目に多いのは、脂肪腫や粉瘤などの皮膚良性腫瘍切除術を行う患者さんです。入院当日に手術を行い、手術創に問題がなければ2~3日で退院となります。抜糸は外来で行っています。
3番目に多いのは、蜂窩織炎や丹毒などの皮膚細菌感染症です。 抗菌薬点滴による治療を行い、約10日から2週間の入院が必要です。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置等1_なし 処置等2_なし 85 7.02 7.44 0 72.8
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 61 7.23 7.78 0 73.39
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 処置等2_2あり 定義副傷病_なし 42 9.57 11.72 2.38 73.64
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病_なし 23 12.91 12.43 4.35 65.48
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 処置等2_なし 20 13.6 13.39 0 68.5
泌尿器科では、膀胱癌の経尿道的手術(TURBT)目的の患者さんが最も多くなっています。 膀胱癌の中でも筋層非浸潤性膀胱癌の治療上の問題点は、TURBT後に膀胱内への腫瘍再発、および再発腫瘍が筋層浸潤性癌になったり、上部尿路癌が発生したりするなどの進展がみられることで、この再発と進展を可能な限り抑制することが重要です。そのため、リスク分類によりTURBT術後の抗がん剤即時膀胱内単回注入を施行したり、腫瘍の大きさ、個数、CISの有無などによりTURBT施行後1カ月に2nd look TURBT を行っています。
また、筋層浸潤性膀胱癌の場合はリンパ節転移などのリスクが高く、転移などの進行した膀胱癌に関しては抗がん剤による化学療法が一般的で、効果があれば繰り返し治療を継続します。
2番目には前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺摘出術の患者さんになります。高齢化に伴い前立腺肥大が進み、内服薬等で効果が期待できない場合に手術へ移行します。現在はモノポーラ手術からホルミウムレーザー,、さらに最近ではより止血力の高いツリウムレーザーを用いた前立腺核出術を行っており、より安全で患者さんへの負担を減らした手術を施行しています。
なお、前立腺癌針生検は、DPC請求ではないためこの集計には挙がっていませんが、当科の中では患者数1位です。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 28 1.25 2.43 0 34.43
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 処置等2_なし 9 4.56 20.79 0 28.33
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 8 7.63 12.29 0 32.63
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 4 2.75 6.86 25 24.75
120270xx97x0xx 産褥期を中心とするその他の疾患 手術あり 処置等2_なし 2 1 8.84 0 27.5
産科で1番多いのは、稽留流産や不全流産に対して手術を行う患者さんです。通常午前中に入院して、必要に応じて頸管拡張の処置をし手術を行い、夕方には退院となります。
なお、この集計では保険請求の他に自費で請求した項目がある患者さんは除外となりますので、帝王切開や切迫早産の患者さんはこの集計には挙がっていません。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 63 9.98 10.05 0 45.27
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置等2_4あり 定義副傷病_なし 54 3.72 5.12 0 58.02
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 処置等2_7あり 定義副傷病_なし 50 2.9 4.73 0 58.02
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 42 9.64 10.36 0 51.83
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 処置等2_5あり 定義副傷病_なし 35 3.37 4.92 0 55.8
婦人科で1番多いのは、子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等を行った患者さんです。
2番目に多いのは、子宮頚癌や子宮体癌に対して化学療法を行う患者さんです。この化学療法は内容に応じて3~6日間の入院を繰り返し行うため、延べ患者数が多くなっています。
3番目に多いのは卵巣がんに対してベバシズマブを使用した化学療法を行う患者さんです。この化学療法は内容に応じて3~6日間の入院を繰り返し行うため、延べ患者数が多くなっています。
同じく2番目に多いのは、子宮筋腫に対して開腹で手術を行う患者さんです。40~50歳代が多く、子宮と一緒に卵巣も摘出する方もいます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 51 5 18 67 8 39 1 7
大腸癌 44 75 70 210 30 204 2 7
乳癌 32 31 19 6 4 40 1 7
肺癌 8 2 11 39 8 30 1 7
肝癌 2 16 6 4 5 38 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
罹患率の高い5つの癌について、病期(ステージ)を集計しました。
がんの大きさや進展度、リンパ節転移の有無、他の臓器への転移の有無によって病期(ステージ)を決定します。 病期(ステージ)はⅠからⅣまであり、Ⅳが最も進行していることになります。 経過中に他の臓器に転移した場合は、「再発」として集計します。 早期癌(0期)は集計の対象になっていません 。一入院毎に患者数を数えますので、化学療法を繰り返し行っている患者さんが多いところは延べ患者数が多く集計されます。

胃癌は消化器内科と外科が連携して治療を行っています。早期胃癌は消化器内科で、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の内視鏡治療を行います。内視鏡での手術が出来ない場合は、外科で手術を行います。また、手術の適応がない切除不能癌や、術後に再発した場合は、消化器内科で化学療法や放射線療法を行います。胃癌の化学療法は繰り返し行います。再発患者に化学療法を繰り返し行っているため、再発の集計が多くなっています。

大腸癌は消化器内科と外科が連携して治療を行っています。早期大腸癌は消化器内科で、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の内視鏡治療を行います。内視鏡での手術が出来ない場合は、外科で手術を行います。 また、手術前後の化学療法や、手術の適応がない切除不能癌、術後に再発した場合は、外科で化学療法を行います。Ⅳ期や再発患者に化学療法を繰り返し行っているため、そこの集計が多くなっています。

当院での胃癌、大腸癌に対する外科手術は腹腔鏡での手術を積極的に行っています。また、相模原市内でも早期大腸癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を施行できる施設は少なく、地域に貢献できるものと思います。

乳癌はⅠ期とⅡ期の患者さんが大半を占めています。これは、メディアの影響もあり、患者さんの病気への意識が高く、検診で早期発見に努め、乳癌が疑わしい場合は、周辺地域の病診連携により速やかに手術可能な当院に紹介され、治療が行われているためと考えられます。

肺癌は早期発見が難しい癌で、当院でも半数以上がⅣ期の患者さんです。手術が出来るのはⅡ期までで、北里大学病院と連携して手術を行っています。Ⅲ期以上の場合は放射線や抗がん剤による治療が行われますが、75歳以上の高齢の方では、治療の負担が大きいため緩和ケアのみになることもあります。

肝癌の治療としては3cm以下のものが3個以内の場合は、外科的手術や経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)が選択されます。現在は、B型肝炎やC型肝炎以外の高齢者の癌の発症が問題となっています。この場合は発見される時期が遅れるため、経カテーテル的動脈化学塞栓術(TACE)や化学療法を第1選択とすることが増えてきています。ただ、TACEや化学療法で初発の肝癌を加療することが出来ても、再発率は高いです。しかし、肝硬変の無い患者さんに対しては、TACE治療を繰り返し行うことで、日常生活に問題のない生活を過ごせる期間を延長することが出来ます。

他にも、入院せずに抗がん剤の治療が受けられる「外来治療センター」や、外来通院で放射線照射療法ができる「放射線科」、がんによる痛みや吐き気に対応する「緩和外来」など、外来治療も充実しています。また、「がん相談支援センター」では、がんに罹患することで生じる生活上の様々な問題や不安に対して、ソーシャルワーカー・医師・看護師・薬剤師・栄養士・臨床心理士など多職種が連携し、患者の皆様をサポートします。

当院は平成28年4月に神奈川県のがん診療連携指定病院に指定されました。地域の医療機関と連携をとり、がん診療の中核として地域医療に貢献したいと思います。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 35 10.46 59.26
中等症 131 16.34 76.44
重症 29 21.14 83
超重症 36 17.67 82.06
不明 0 0 0
成人の市中肺炎の患者さんを、重症度別に平均在院日数、平均年齢で比較しました。
患者数が最も多いのは中等症で131人,平均年齢は76.44歳です。
重症度が上がるにつれて、患者さんの平均年齢が上がり、平均在院日数が長くなることが傾向にありますが、超重症については若干ではあるが在院日数の減少、平均年齢も重症と横ばい傾向にあります。
軽症の場合は外来で治療することもありますが、低酸素状態であったり全身状態が悪い場合は入院して治療します。
癌、リウマチ、糖尿病などの免疫不全がある場合や、喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの気道狭窄がある場合、高齢者などで全身状態が悪い場合は重症化しやすくなり、治りにくくなります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 6 5.83 67.33 0
その他 5 5.6 78.2 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 100 27.33 75.64 36
その他 12 24.42 71.25 16.67
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 7 66 0
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
「ICD10」とは、病気を体系的に記録、分析および比較を行うためにWHOによって公表された分類で、死因や疾病の統計、診療記録の管理などに活用されます。
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者さんを、ICD10の分類を用い脳梗塞の病型別に分類し、更に、発症から3日以内に来院して治療を開始したかどうかで集計しました。
ほとんどの方が「脳梗塞(Ⅰ63$)」に分類され、その内8割の患者さんが発症から3日以内に治療を開始しています。平均年齢は75歳前後と高齢の方が多いですが、中には40~50歳代の患者さんもいます。
脳梗塞の後遺症で寝たきりになることでおきる廃用症候群の発生を防止するためには、早期からのリハビリテーションが重要と言われており、当院でもこの取り組みは行っています。
6割の患者さんが自宅に退院ができ、3割の患者さんが継続的なリハビリを受けるためにリハビリの専門病院に転院されます。(1割の患者さんは施設に入所されます。)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 282 0.57 1.54 0 70.29
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 70 0.76 3.96 0 70.71
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 49 0.33 1.73 0 68.12
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 39 1.03 9.82 0 75.18
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 36 2.33 14.58 2.78 73.64
消化器内科では、大腸ポリープに対する内視鏡的結腸ポリープ切除術を多く行っています。大きなポリープや多数のポリープを切除し出血の危険がある場合、経過観察のため約2日間の入院が必要となります。また、他の疾患で入院されている患者さんの検査で大腸内視鏡検査をおこなったときに、偶然ポリープが見つかれば、その場で切除術を行います。
2番目に多い大腸粘膜下層剥離術に対する治療です。
4番目に多い血管塞栓術は肝臓癌の治療としては外科的切除、経カテーテ的動脈化学塞栓術、ガイド下経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)、化学療法を患者さんの状態に合わせ治療法を選択しています。消化器内科では経カテーテ的動脈化学塞栓術が最も選択されています。
5番目に多い内視鏡的胆道ステント留置術は、胆管癌や膵頭部癌、胆管結石性胆管炎に対して行う手術です。何らかの胆管閉塞にて胆汁の排出障害を認めるときに、胆管ステントを内視鏡にて挿入し胆汁排出を確保して胆管炎を防ぎます。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 59 3.47 5.41 3.39 69.39
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 28 0.14 12.43 10.71 69.11
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 26 4.96 11.27 7.69 80.31
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 19 0.05 10.16 5.26 63.89
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 1.2 3 0 73.4
循環器内科では、心筋梗塞や狭心症などに対する経皮的冠動脈ステント留置術が上位2位を占めます。
心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患は、心臓の冠動脈の狭窄や閉塞によって、心臓への血液の供給が不足し、胸痛などの症状をきたす疾患で、特に心筋梗塞では命にかかわることもあります。経皮的冠動脈ステント留置術は、詰まってしまった血管や、細くなった血管にステントを留置することで、血管を拡げる手術です。
診療報酬の請求上、経皮的冠動脈ステント留置術は、病名や検査の値、来院から手術までの時間などにより手術コードが分かれます。
1番多い、経皮的冠動脈ステント留置術(その他)は、狭心症の患者に対して待機的に行います。まずは心臓カテーテル検査の入院を行い、必要がある方に対しては、後日入院を予約してステント留置術を行います。通常は手術の前日に入院し、手術から2日後に退院できます。
2番目と4番目の経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)と(不安定狭心症)は、急患で来院した方に対して即日緊急で行います。早い方は術後2~3日で退院する方もいますが、平均的には術後10日前後の入院が必要です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 122 1.16 3.34 0 69.85
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 81 1.35 5.2 0 60.14
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 66 5.62 13.11 0 69.76
K6335 鼠径ヘルニア手術 42 1.48 3.45 0 68.33
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 36 0.86 3.36 0 68.25
外科で1番多い手術は、鼠径ヘルニアに対して行う腹腔鏡での鼠径ヘルニア手術です。約80%が腹腔鏡で行われています。
2番目に多い手術は、胆石症や胆石性胆のう炎に対して行う腹腔鏡での胆嚢摘出術です。約94%が腹腔鏡で行われ、平均在院日数は開腹手術と比べて10日ほど短くなります。
3番目に多い手術は、結腸癌に対して行う腹腔鏡での結腸切除術です。約85%が腹腔鏡で行われ、平均在院日数は開腹手術と比べて10日ほど短くなります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝)(股) 144 2.57 25.14 8.82 71.87
K0461 骨折観血的手術(大腿) 46 3.53 23.8 53.33 78.4
K0462 骨折観血的手術(前腕) 40 2.65 15.65 2.5 54.53
K0811 人工骨頭挿入術(股) 39 5.67 25.43 73.33 82.43
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 26 4.04 26.19 11.54 71.42
整形外科で1番多い手術は、人工関節置換術で、関節リウマチや変形性関節症に対して行います。術前3Dシュミレーションを行い、正確な設置を得ることで、より生理的な関節機能に近づけるように努めています。侵襲の少ない手術手技と共に、多くの場合で、自己血貯血を行っています。
2番目に多い手術は、大腿骨近位部骨折の骨折観血的手術です。
3番目に多い手術は、手関節骨折を主とする前腕骨折の手術です。
4番目に多い手術は、大腿骨頚部骨折を主とする人工骨頭挿入術です。いずれも骨脆弱性の強い高齢者の患者さまに多く発生する骨折で、早期手術とリハビリに努めています。大腿骨近位部骨折に対する手術を受けた患者さまは、地域連携パスを利用して近隣の回復期リハビリテーション病棟を有する医療機関に転院しリハビリを継続します。
5番目に多い手術は脊椎手術です。脊椎専門医が綿密な術前計画のもとに、手術を行います。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 2 0 1 0 69
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 2 0 1 0 20.5
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) 2 0.5 1 0 59
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 2 0 1 0 74
K0111 顔面神経麻痺形成手術(静的) 1 0 2 0 66
開設1年以内で、医師一名体制での診療になりますので症例数は少なくなっています。
部位や大きさにより術式が異なりますが、体表の腫瘍切除が全体の7割を占めます。眼瞼内反症手術、眼瞼下垂手術など加齢性の変化に対する治療が増加傾向にあります。
小児から高齢の方まで幅広く治療を行っています。
日帰り手術等を含めれば年間に300件程度の手術を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 20 2.7 17.4 10 76.2
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 7 6 30.71 0 70.71
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 4 4.25 21.5 0 75.5
K1742 水頭症手術(シャント手術) 3 2.33 16.67 0 72.67
K0003ロ 創傷処理(筋肉、臓器に達する)(長径10cm以上)(その他) 2 0.5 17 0 77.5
脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。ご高齢の方に多く、ゆっくり頭の中に溜まった血液が脳を強く圧迫することにより症状につながります。脳への圧迫を早期に治療する必要があるので、ほとんどの場合、入院当日に溜まった血液を抜くための手術を行います。通常、10日から2週間で症状は改善し退院となります。まれに併発症を生じたり介護を要する方の施設のご相談などで入院期間が長くなることがあります。
次に多い手術は開頭により脳腫瘍を摘出する手術です。脳腫瘍は悪性脳腫瘍(神経膠芽腫、中枢神経系悪性リンパ腫など)、良性脳腫瘍(髄膜腫など)に分けることができます。腫瘍が悪性だった場合、手術摘出後に放射線治療、抗がん剤治療を6週間併用することがあり、このような時、長期のご入院が必要になります。また退院された後も外来で慎重な経過観察を行い、できる限り患者様のご希望に応えられるよう努力しています。
パーキンソン病や除痛のための電気刺激装置、痙性の緩和を目的としたバクロフェン持続髄腔内注入装置の調整を、神経内科と協調して脳神経外科で行っています。これらの装置は数年で電池が切れるため定期的に交換を行っています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術 26 4.15 4.88 0 29.08
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 15 1.33 10.27 0 69.4
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 8 7.88 9.25 0 40.25
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 3 3.33 7.33 0 79.33
K496-4 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術 2 6.5 11.5 0 72
呼吸器外科の手術は全て胸腔鏡下で行います。
胸腔鏡下肺縫縮術や胸腔鏡下肺切除術は、気胸の方に対して行います。気胸の手術は標準的にはチタン製のホチキスを用いた肺のう胞切除が行われていますが、当院では若い患者さんの体内に異物を残さないように、肺のう胞を吸収糸にて結紮・縫縮する方法を選択しています。再発率も同等で、傷も小さくて済みます。
4番目に多い胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術は肺癌に対して行います。平均的な術後日数は7日程です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 589 0.75 2.56 0 75.26
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 50 0.44 3.54 0 69.1
K281 増殖性硝子体網膜症手術 22 0.05 6.86 0 54.73
K204 涙嚢鼻腔吻合術 7 1 8.71 0 72.71
K275 網膜復位術 2 0 2 0 34
眼科では、白内障に対する水晶体再建術が約90%を占めます。通常、片眼は4日間、両眼は5日間の入院が必要です。重症例でも通常通りの日程で施行し、手術時間にほぼ差はありません。
2番目に多いのは、黄斑前膜や黄斑円孔に対する硝子体茎顕微鏡下離断術で、50歳以上の方は原則として水晶体再建術も同時に行います。現在、最も小切開である27ゲージ手術を全例に施行しており、早期の社会復帰が可能です。
3番目に多いのは、増殖性硝子体網膜症や裂孔原性網膜剥離などに対する手術で、50歳以上の方は原則として水晶体再建術も同時に行います。重症度により27ゲージ手術及び25ゲージ手術を使い分け、侵襲を可能な限り軽減させ早期退院・早期社会復帰を目指しています。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 87 1.07 10.36 0 55.72
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 44 1 6.27 0 19.45
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 37 1 10.38 0 56.32
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 30 1 1.6 0 3.33
K347-3 内視鏡下鼻中隔手術1型(骨、軟骨手術) 16 1 8 0 47.25
耳鼻いんこう科では、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下副鼻腔手術Ⅲ型・Ⅳ型を多く行っています。また多くの場合に鼻中隔弯曲症に対する内視鏡下鼻中隔手術Ⅰ型や、肥厚性鼻炎に対する内視鏡下鼻腔手術Ⅰ型(下鼻甲介手術)を一緒に行っています。
2番目に多いのは口蓋扁桃摘出術で、約半数が扁桃肥大と診断された10歳以下のお子さんです。お子さんの場合、一緒にアデノイド切除術を行うことが多いです。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 9 13.44 57.67 44.44 64.22
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 8 26.13 37.63 37.5 64
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 2 35 59 0 66
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 2 10.5 66 0 60.5
K681 胆嚢外瘻造設術 1 9 54 0 73
神経内科で1番多い手術は気管切開術です。神経変性疾患では嚥下機能が悪くなることがあり、喀痰排出困難もみられるため、気管内挿管あるいは、輪状甲状軟骨切開等を経て気管切開術を行っております。
2番目に多いのは胃瘻造設術です。神経変性疾患の進行期に誤嚥性肺炎で入院、治療後に嚥下評価をし、胃瘻手術をするケースが多いです。胃瘻を作ることが目的で入院される方もいます。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 19 0 3.53 0 76.47
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 12 0 1.75 0 51.25
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 6 0 1 0 62.83
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 6 0 1.17 0 46
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 6 0 1.67 0 44.17
皮膚科では皮膚癌に対して皮膚悪性腫瘍切除術を多く行っています。入院当日に手術を行い、小さな病変で手術創に問題がなければ2日後に退院できますが、大きな病変で全層植皮術を同時に行う場合には、術後10日から2週間の入院が必要です。
脂肪腫や粉瘤に対する皮膚皮下腫瘍摘出術は、腫瘍の大きさや腫瘍の場所によって細かく手術コードが分かれているため集計が分かれていますが、合計すると症例数は1番多くなります。入院当日に手術が行われ、翌日か翌々日に退院できます。抜糸は外来で行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 86 1.63 4.62 0 72.69
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 38 1.32 5.37 0 68.68
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除術(その他) 31 1.32 5.1 0 75.94
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 30 1 5.03 0 70.77
K843 前立腺悪性腫瘍手術 13 1.31 11.54 0 68.31
泌尿器科では、膀胱癌に対して経尿道的膀胱悪性腫瘍を切除する手術を多く行っています。今まではモノポーラ電極で施行していましたが、最近は電解質溶液を利用するバイポーラ電極で手術を行っています。電解質を利用することで手術中の電解質異常を防ぎ、閉鎖神経反射を起きにくくします。また、単発の腫瘍であれば一塊にしてenbloc切除をしています。また、腫瘍の辺縁の確認、残存腫瘍の有無の確認のため、NBIシステムを用いています。
2番目に多いのは前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術です。こちらもモノポーラでの前立腺切除から、ホルミウムレーザー、さらに最近ではより止血力の高いツリウムレーザーによる前立腺核出術へ切り替えて、より安全に患者さんの負担があまりないように手術を行っています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 27 0.07 0.04 0 33.41
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 1 0 4 0 39
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) 1 0 1 0 43
妊娠初期に流産した場合は、流産手術を行います。通常、午前中に入院して必要に応じて頸管拡張の処置をし手術を行い、夕方には退院となります。
なお、この集計では保険請求の他に自費で請求した項目がある患者さんは除外となりますので、帝王切開術は集計には挙がっていませんが、当科では1番多く行っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 66 1.71 8.52 0 49.3
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 41 0.8 7.78 0 50.88
K867 子宮頸部(腟部)切除術 40 0.3 0.98 0 41.55
K879 子宮悪性腫瘍手術 22 2.05 11.41 0 63.14
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 19 0.95 3.63 0 42.47
婦人科では、子宮筋腫や子宮腺筋症に対する子宮全摘術や、卵巣腫瘍に対する子宮附属器腫瘍摘出術を多く行っています。中には子宮と卵巣を一緒に摘出する方もいます。
子宮体癌に対する子宮悪性腫瘍手術も多く行っています。
これらの手術を予定で行う場合は、手術の前日に入院して、手術後は8日から10日の入院が必要です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01
異なる 9 0.07
180010 敗血症 同一 15 0.11
異なる 33 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 73 0.54
異なる 9 0.07
臨床上ゼロにはなり得ないものの、少しでも改善すべきものとしてあげられている疾患について、全退院患者数に対する発症率を集計しました。
医療資源を最も投入した傷病名と、入院契機病名が同一か異なるかで分けています。
「入院契機病名と同一」ということは、その病気の治療が目的で入院したということを意味します。
「入院契機病名と異なる」ということは、他の病気の治療が目的で入院したが、入院した後に発症した、もしくは入院時に併発していたこれらの病気の治療の方が主になったことを意味します。

播種性血管内凝固とは、感染症や悪性腫瘍などによって起こる全身性の重篤な病気です。当院では、肺炎や胆管炎、敗血症などの感染症で入院され、入院後に播種性血管内凝固を発症した症例が多いです。DPCでは高額な点数が設定されているため、アップコーディング(不適切な入院医療費の請求)をしないよう注意喚起されています。厚生労働省による平成26年度の全国のDPC対象病院のデータ集計では、全症例に対する播種性血管内凝固の割合は0.17%ですので、当院はそれに比べて低いことが分かります。

敗血症は感染症によって起こる全身性炎症反応の重症な病気です。当院では肺炎や尿路感染、腹膜炎がきっかけで敗血症を発症した症例が多いです。厚生労働省によるデータ集計では、全症例に対する敗血症の割合は0.56%ですので、当院はそれに比べて低いことが分かります。

「術後の合併症」とは、ICD10(WHOにより公表されている疾病分類)を用いた分類表現です。当院では、人工関節の脱臼や感染、手術後の出血や感染、眼内レンズの脱臼、ステントの閉塞、薬物性ショックなどがこの分類になります。入院中に発症した患者さんよりも、この治療が目的で入院した方が多いのが分かります。
これらは手術や処置などに一定の割合で発生してしまう病態で、医療ミスとは異なります。

起こり得る合併症については、事前に患者さんに説明したうえで手術や処置に同意をいただくようにしており、合併症が起こらないように細心の注意を払って施行しています。
また、当院では医療費を請求するDPC分類を決定する際は、医師と事務で医療資源のかかり具合を検討し、アップコーディングをしないよう適正に請求するように努めています。
更新履歴
このページのトップへ