救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

各診療科のご案内

診療科  形成外科

当科の対象疾患

新鮮外傷(擦り傷・切り傷等)、新鮮熱傷、顔面骨骨折、唇裂・口蓋裂、その他顔、手、足の先天異常、母斑、血管腫、良性腫瘍(ほくろ・あざ・できもの等)、悪性腫瘍の摘出およびそれに関する再建、瘢痕(傷跡)およびそれによる瘢痕拘縮(ひきつれ)、ケロイド、褥瘡(床ずれ)、難治性潰瘍(治りにくい掘れた傷)、眼瞼下垂(まぶたの垂れ下がり)、顔面神経麻痺後遺症、陥入爪、腋臭症

診療内容

形成外科は眼科、耳鼻科、泌尿器科などの身体の場所(部位や臓器)別の診療科ではありませんので、

  • 形成外科という診療科をまだ聞き慣れない方
  • 聞いたことはあるけれど、どんな病気を治すのか、良く分からないという方
が多いと思います。
形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献する、外科系の専門領域です。形成外科で治療を受けた方々が、笑顔で再び社会生活に復帰してゆく姿を見ることが、形成外科を専門とするわたしたちの最高の喜びです。

スタッフ

氏名・職名 認定資格 主な専門分野
齋藤 有
医長
日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科分野指導医
熱傷学会専門医
形成外科全般

検査・治療手技

各種疾患に対する外科的手技を中心とした治療。軟膏や貼付剤による外用剤による治療。

地域医療機関へのメッセージ

当科は上記の如く、多様な疾患に関わっておりますが、一般の方にはその実が知られていない事が多い領域でもあります。是非上記の疾患等で困っている患者様がいらっしゃいましたら、先生方に御紹介いただければ幸いです。尚、当院での診療が困難と判断された場合には札幌医科大学形成外科への紹介をする場合も御座います。