部門紹介

専門ドック(肺ドック、消化器ドック)のご案内

 職場や自治体で行っている健診は、法律で定められた一定の検査項目に限られているため、身体の主要な部分の病気を早期に発見するには限界があります。
当院の人間ドックは、特定の領域(肺・消化器)に専門化することで、より精密に検査し、病気を早期に発見することを特徴としております。
また、専門化することで、ドックに係る時間も短時間で終了し、費用も通常の人間ドックよりも安い料金で受診することが可能となっております。


肺ドックのご案内

料金:27,000円(税込み)

月曜〜金曜(9:00〜10:00)1日2名様  ★所要時間:約1時間

 当院は、全国でも有数の呼吸器専門の病院として、年間1500例以上のさまざまな呼吸器の疾患を診療しております。
当院の肺ドックは、肺がんを含む肺の病気を早期発見することを目的としており、診断は経験豊富な呼吸器内科専門医が対応いたします。万が一、ドックで異常が見つかった場合でも、当院において専門的な治療を行うことができます。

肺ドックで見つかる病気

肺がん、結核、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、間質性肺炎、肺気腫、肺線維症、気管支拡張症、気管支喘息、
その他呼吸器に関する病気

検査項目
  • 血液検査
  • 腫瘍マーカー(5種類)
  • 喀痰細胞診
  • 呼吸機能検査
  • 呼吸抵抗測定
  • 胸部CT検査
  • 胸部エックス線検査
肺ドックの検査風景

消化器ドックのご案内

料金:51,840円(税込み)

月曜〜金曜(9:00〜12:00)1日2名様  ★所要時間:約3時間

 日本人の死因の第一位は、時代と共に、結核から脳血管疾患、そして癌へと変化してきました。このうち消化器癌による死亡者数は、がん全体の死亡者数の50%を超えています。
一方、消化器がんの治療は年々進歩し、現在では、早期に発見すれば根治できる病気となっております。
ご自身のためにも、大切なご家族のためにも、がんの早期発見のため、1年に1度、消化器ドックを受診されることをお勧めいたします。

肺ドックで見つかる病気

食道がん、食道静脈瘤、逆流性食道炎、胃がん、胃ポリープ、胃潰瘍、十二指腸胃潰瘍、ピロリ菌感染、大腸がん、肝臓がん、B型肝炎、C型肝炎、肝硬変、脂肪肝、胆嚢がん、胆嚢ポリープ、胆石症、膵臓がん、慢性膵炎

検査項目
  • 血液検査
  • 腫瘍マーカー(6種類)
  • 便潜血検査
  • 腹部超音波検査
  • 腹部CT検査
  • 腹部エックス線検査
  • 食道・胃・十二指腸内視鏡検査
消化器ドックの検査風景

受診の流れ

肺ドック、消化器ドック 1.専門ドックのご予約
  • 来院またはお電話でお申し込みください。
  • 専門ドック希望日の2週間前より予約を承ります。
2.必要書類の送付
  • 肺ドック受診用の書類をご自宅へ送付いたします。受診に必要な注意事項は、ご予約確認票に記載されておりますので、必ずご確認ください。
    (ご予約確認票、問診票、痰採取専用容器、痰採取説明書)
  • 消化器ドック受診用の書類をご自宅へ送付いたします。受診に必要な注意事項は、ご予約確認票に記載されておりますので、必ずご確認ください。
    (ご予約確認票、問診票、内視鏡説明同意書、便潜血検査キット)
3.専門ドック受診の事前準備
  • ドック当日までに問診票をご記入ください。
  • 痰の採取はドック当日の朝に行ってください。
    (痰採取説明書をご確認ください。)
  • 食事の制限はございません。
  • ドック当日までに問診票をご記入ください。
  • 便は3日分採取してください。毎日排便のある方は、受診直前の3日間に1日1回採取してください。
    排便が不規則な方は、受診日までに3日分揃うように、少し早めに採取を開始してください。
  • 食事はドック前日の午後9時までに済ませ、それ以降水以外は飲食しないでください。
4.専門ドック当日
  • 予約時間までに医療連携窓口7番で受付を済ませてください。
5.結果説明及び結果報告書の郵送
  • 当日の結果説明はございません。
  • 後日医師による結果説明をご希望の場合は、肺ドック予約時に併せて予約をお取りください。
  • 報告書の郵送の場合は、受診後約2週間で郵送いたします。
  • 当日の結果説明はございません。
  • 報告書の郵送の場合は、受診後約2週間で郵送いたします。
ページのトップへ