部門紹介

整形外科

概要

 整形外科では、頚椎以下の骨、筋肉、神経の疾患の診察、治療を行っています。日常診療では脊椎、四肢の関節の痛みを診察する機会が多くなっています。痛みの原因は、関節リウマチなどの疾患による関節の変形、外傷などによる骨・関節の変形、脊椎疾患による神経の刺激など、様々です。その痛みの原因を明らかにし、専門的な治療を行うのが整形外科です。

診療体制

  • 初診受付:8時30分〜14時
    *診療科によって、診療を行っていない曜日、時間帯がありますので、詳しくは下記をご覧下さい
  • 再診受付:8時00分〜11時(診察券をお持ちでない方は8時30分から受付)

学会などで臨時休診の場合がありますので、事前に電話等で確認されることをお勧め致します。
TEL 042-491-2111(代表) 042-491-2181(予約センター)

  時間
初診 午前
<予約のみ>
西村
午後 西村
再診 午前
<予約のみ>

<予約のみ>
※整形外科の初診は火、金は11:00まで受付
水は14:00まで受付

診療内容

 整形外科では、脊椎疾患の神経症状並びに四肢関節疾患に伴う、疼痛、しびれ等の症状の診察と、各疾患の保存的治療から、手術まで幅広く行っています。保存的治療としては、腰椎牽引療法、腰椎ブロック、腰部脊柱管狭窄症の点滴治療など入院で行っています。当科は、常勤医が一人のため、手術日は月曜日午後の枠で実施しております。手術件数は多くはありませんが、非常勤医と共に、脊椎では頚椎拡大術、腰椎除圧術など、四肢関節では人工関節置換術、関節鏡手術、末梢神経除圧術、骨折の観血的整復内固定術、大腿骨人工骨頭挿入術など行っています。
外来は、平日の4日間(木曜日以外)診療しており、平均30人前後の受診人数です。外傷から、慢性疾患に至るまで多くの患者さんの治療をしております。特に、骨粗鬆症に対する骨密度測定と、日常生活指導、適切な薬剤の選択による治療、変形性関節症に対するヒアルロン酸注射、関節リウマチへの生物学的製剤投与をクリニカルパスを作成し、外来で実施しています。
現在、多くの医療施設において、手術後のリハビリテーションは、転院先で実施している現状があります。当科では、リハビリテーション科と連携を図り、手術後の患者さんのリハビリテーションを、退院されるまで、当院にて継続できるよう、環境を整え、実施しています。また、他施設で手術された方の、術後リハビリテーションも積極的に受け入れています。
退院に際しては、必要に応じ、理学療法士や作業療法士が、患者さん宅に出張して、安心して退院して頂く環境を整えたり、また施設への退院に際しては、円滑に入所できるよう、医療相談士と密に連絡を取り、責任をもって対応しています。

スタッフ

  • 堀 達之
  • (ほり たつゆき)
役職 整形外科医長
卒業年次 平成2年 新潟大学卒
専門分野 整形外科一般
資格等 日本整形外科学会専門医
リウマチ医
運動器リハビリテーション医
  • 主な紹介先病院
    都立多摩総合医療センター、都立多摩北部医療センター、武蔵野赤十字医療センター、国立国際医療研究センター、村山医療センター
  • 主な紹介元病院
    都立多摩総合医療センター、都立多摩北部医療センター、武蔵野赤十字医療センター、国立国際医療研究センター、公立昭和病院、保谷厚生病院、順天堂練馬病院、西東京中央総合病院
ページのトップへ