1. ホーム
  2. 部門のご案内
  3. 薬剤部

薬剤部

薬剤部のご案内

薬剤部では、くすりの調剤・調製だけではなく、入院患者さんへのくすりの飲み方・使い方の説明や副作用のチェック、持参薬の確認、外来化学療法への参加、副作用・相互作用に関する情報の収集や提供など、様々な業務を行っています。

また、大学から学生の実務実習を受け入れ、将来薬剤師となる学生の教育もおこなっています。



調剤室

調剤室では、オーダーリングシステムにより医師が発行した処方せんに基づいて処方監査、調剤、総監査を行います。
医師から処方せんが発行されると、処方せん記載事項(薬品名、用法用量、相互作用、配合禁忌等)を確認し、コンピューターにより発行した薬袋の記載事項を確認した後、薬の調製を行います。また、必要に応じて患者さまの医薬品情報を発行します。調製されたお薬は、最後にもう一度薬剤師により確認された後、患者さまへ渡されます。

オーダリング端末
(オーダリング端末)
自動錠剤分包機
(自動錠剤分包機)
自動散薬分包機
(自動散薬分包機)
錠剤調剤棚
(錠剤調剤棚)
このページのトップへ

注射薬室

注射薬の払い出しには、医師が入力した院内オーダリングからのデータを受け、注射せんと共に医薬品(アンプル・バイアル等)を取り揃えていきます。 患者さまごとの個人別セットを効率的に取り揃え、病棟・外来等へ払い出しを行います。セットされた注射薬は、薬剤師が投与量や安定性・混合の可否などについて監査を行い、補液と組み合わせて病棟へ搬送します。

注射薬調剤棚
(注射薬調剤棚)
輸液室
(輸液室)

製剤室・抗がん剤調整

無菌製剤
無菌製剤では無菌を必要とする製剤を作っています。当院ではアレルギー患者さまの診断や治療に使うアレルゲンエキスも無菌調製して作ります。抗がん剤の調製は、安全かつ有効な治療続けられるよう予め決められた処方内容に従って調製します。

無菌製剤1 無菌製剤2

一般製剤
痰の切れを良くするための吸入薬など、何種類かの薬を混合して頻回に使用されるお薬をまとめて作ります。常に一定の品質を保つことを心がけています。

一般製剤

特殊製剤
製薬会社では作られない患者さまの治療に必要とされる特殊なお薬を作ることもあります。例えば以下のものがあります。
ブリリアントブルーG液・・・眼科の手術で必要な時に使用します。
アバスチン眼内注入液・・・眼科の手術で必要な時に使用します。

特殊製剤

このページのトップへ

薬歴管理(お薬説明)

当院では、病棟で薬の説明をしています。薬の必要性、飲み方や副作用について説明し、患者さまの薬に対する不安や疑問をなくし、安心して薬を服用していただくことを目標に業務を行っています。

薬歴管理(お薬説明)

このページのトップへ

持参薬

入院案内センターでは、自宅から持ってきていただいた薬の確認を行っています。入院して治療を始めるにあたり、どんな薬を飲んでいたか、治療に使用する薬との飲み合わせはどうか、薬の重複はないかを確認しています。確認した内容は、医療スタッフで共有し治療に役立てています。

持参薬の登録時にお待ちいただく場合もございますが、入院中の治療をより安全に行うためですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

入院案内センター

このページのトップへ

医薬品の情報収集

医薬品に関する情報を収集・整理・管理し、必要な時に医療スタッフおよび患者さんに適切な形で提供する仕事をしています。
医薬品の問い合わせに迅速に対応するため、日頃から書籍・文献などを整理・保管し、製薬会社の医薬品担当者やインターネットを利用して最新の情報を收集、医薬品毎にファイルすると共に必要に応じて病院内の各部署に伝達しています。

医薬品の情報収集(本棚) 医薬品の情報収集(PC)

このページのトップへ

医薬品の供給と管理

医薬品を購入し、適切な管理をして提供する部門です。
医薬品は温度や湿度、光などにより効き目が弱くなることがあります。また、医薬品にも使用期限があります。そこで、適正な量を購入し医薬品が患者さまに渡るまできちんと管理する必要があります。

医薬品の供給 医薬品の管理

バーコード・リーダーに内用薬、外用薬、注射薬の購入デ-タを入力します。


内用薬、外用薬、注射薬の担当者がバーコード・リーダーに購入したい医薬品の数量を登録した後、オンラインで医薬品納入業者にデ-タを送信します。購入した医薬品は、納品時に温度、遮光、使用期限などを確認して、最適な環境で保管します。

購入データの管理 医薬品の納品風景

購入データの管理(左)と医薬品の納品風景(右)


このページのトップへ

薬学実務実習

  1. 1.集合場所
    外来棟1階 薬剤部(正面玄関を入り左側)

    2.集合時間
    初日は8時00分までに
    翌日からは8時20分までに集合
    (毎朝、8時25分よりミ-ティングがあります。)

    3.実習日時
    月曜日~金曜日(土日・祝日を除く)
    8時30分~17時15分

    4.交通機関
    最寄駅 小田急線「小田急相模原」駅
        徒歩約15分
        バス  5分

    5.持参するもの
    白衣、筆記用具、上履き(サンダル不可)、名札、印鑑
    昼食(院内に売店がありますが各自で用意して下さい)

    6.その他
    公共交通機関を利用して来院して下さい。
    各自ロッカ-を貸与します。
    学生使用専用のPCを用意しています。

このページのトップへ