救命救急から慢性期まであらゆるニーズに対応するハイブリット型病院

独立行政法人 国立病院機構 北海道医療センター
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
北海道医療センター マスコットキャラクター

「まいにちくん」「まんいち犬」
(マスコットキャラクター)

将来構想

独立行政法人国立病院機構八雲病院(北海道二海郡八雲町)の「筋ジストロフィー」に関する機能及び「重症心身障害」に関する機能を当院に移転し、現在の「神経・筋疾患、がん、循環器、救急医療等」に新たに「筋ジストロフィー、重症心身障害」を加え、「筋ジストロフィー・重症心身障害センター(仮称)」及び「NPPVセンター(仮称)」 (臨床研究部門)を設置し、急性期から慢性期、セーフティネット分野にわたる専門的な医療、臨床研究、教育研修及び情報発信の総合的機能を備えた病院とすることにより、医療機能の向上を図ります。

移転予定時期  平成32年度(平成32年8月目途)
整備病床規模  病床数643床

ご寄附のお願い

当院では、患者の皆様に最新最善で安全な医療の提供を行うため医療機器の整備、快適な療養環境のための施設整備を行っており、 その資金援助として企業や個人の皆様より広くご寄付を受け付けております。当院の運営のために、格別のご理解とご援助をたまわりますよう、よろしくお願い申し上げます。

ご寄附は、以下の目的のために大切に活用させていただきます

ご寄附は、国立病院機構法第13条第1項に規定する次の業務の範囲内で使用させていただきます。なお、ご寄付をいただける方より具体的な使途が示されている場合には、その目的にしたがって使用させていただきます。

  • 医療を提供すること
  • 医療に関する調査及び研究を行うこと
  • 医療に関する技術者の研修を行うこと
  • 上記に掲げる業務に附帯する業務を行うこと

お申し込み方法

 ご寄附をしていただける方は、「寄附申出書」をダウンロードしていただき必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。

寄附申出書 Word版(Word:15.3KB)
寄附申出書 PDF版(PDF:91KB)
寄附申出書(記載例)(PDF:103KB)

税制上の優遇措置について

 国立病院機構は独立行政法人通則法第2条第1項に規定する独立行政法人であり、「特定公益増進法人」として定められています。当院にご寄附なされた法人または個人は税制上の優遇措置が受けられます。

  • 個人の場合は、所得税法等の規程により「寄附金控除」の取扱いができます。
  • 法人の場合は、法人税法等の規程により、一般の寄附金の損金算入限度額は別枠で損金算入限度額まで「損金」に算入することができます。

お申し込み・お問い合わせ先

独立行政法人国立病院機構北海道医療センター 企画課業務班長
住所 〒063-0005 北海道札幌市西区山の手5条7丁目1番1号
電話番号 011-611-8111   ファックス番号 011-611-5820