スマートフォンでは横向きを推奨します。
〒260-8606 千葉県千葉市中央区椿森4-1-2
代表電話:043-251-5311
FAX:043-255-1675
個人情報保護方針お問い合わせ | 関連リンク | サイトマップ
病院情報の公表 臨床研究に関する情報の公開について

院長挨拶・理念・基本方針

院長挨拶
理念・基本方針

院長挨拶

院長 杉浦 信之

 国立病院機構千葉医療センターのホームページにようこそ。

 サッカーワールドカップがロシアで開催されています。前評判は低かった日本ですが、決勝トーナメントに残りました。
 初戦で得点した大迫選手は報道で大々的に取り上げられ、特集も組まれました。大会前から「大迫、半端ないって」の言葉と顔がイラストされたTシャツが話題となっており、ゴールを決めたときにはそのフレーズのつぶやきがSNS上一気に急上昇していました。大迫選手は目標であったワールドカップでのゴールをゲットし、ひとつの目標を達成しましたが、当然のことながら、目標達成には日頃の努力と鍛錬があって実を結んだと思います。決勝トーナメントでは惜しくも逆転負けとなりましたが、日本チームのプライドを持った戦い方に敬意を表したいと思います。
 昨今の医療情勢から、全国的に急性期病院の経営が難しくなっており、当院もコンサルタントを入れて改善策を検討する予定ですが、皆さんの叡智を集めて「信頼される医療」を達成すべく、プライドをもって日々診療に取り組んでいきたいと思います。  

平成30年 7月   院 長  杉浦 信之

理念

信頼される医療を築く (Building Trust)
私たちは、地域の方々に親しまれ、信頼される医療を目指します。

基本方針

  • 患者さんをはじめ、センターに関わるすべての方々の人権を尊重し、相互信頼で成り立つ安全・安心な医療を目指します。
  • 地域の医療機関に信頼されるエビデンス(evidence)に基づいた幅広くかつ専門性の高い急性期医療の構築を目指します。
  • 良質かつ最新の医療を提供するために教育・研究・研修・情報発信を推進し自己研鑽に努めます。

患者様の権利と責務について

千葉医療センターでは、医療は患者の皆様とわれわれ医療を提供する者との相互信頼の上に成り立つものであるとの考えから、患者の皆様の権利を尊重した医療に努めるとともに次のことをお願いします。

患者様の権利

  • 安全かつ良質な医療を公平に受けることができます。
  • 診療内容、効果および危険性等に関して説明を受けた上で、その医療行為を受けるか否か自らの意志で決定できます。
  • ご自身の診療録の開示を求めることができます。さらにほかの医師の意見(セカンドオピニオン)を求めるために、関係資料を借り受けることができます。
  • 医学上得られた個人情報は常に保護・尊重されます。

患者様の責務

  • 良質な医療を実現するため、ご自身の健康状態に関する情報(症状、既往歴、内服薬など)を正確に提供してください。
  • 病院の規則を守り、他者に迷惑をかけないようにしてください。
  • 受けた医療に対し、診療費をお支払いください。
トップ
職員採用について 当院で一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
看護部のご紹介 様々な看護分野で活躍するためのプログラム等を紹介。
臨床研修プログラム プログラム概要や応募要項、スケジュールをご紹介。