スマートフォンでは横向きを推奨します。
〒260-8606 
千葉県千葉市中央区
椿森4-1-2
代表電話:043-251-5311
FAX:043-255-1675
個人情報保護方針お問い合わせ | 関連リンク | サイトマップ
交通のご案内

院長挨拶・理念・基本方針

院長挨拶
理念・基本方針

院長挨拶

院長 杉浦 信之

 国立病院機構千葉医療センターのホームページにようこそ。

 このたび増田政久前院長の後任として院長職を拝命いたしました。
 新病院の建設から病院機能評価受審まで当院を牽引されてきた増田先生の後任ということで、病院の将来を見据え、気持ちを引き締めて4月からの職務に取り組む所存ですので、皆様方にはご助言・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
 これまで、副院長として病院運営ならびに医療安全等広い分野で院長を補佐してきました。私が当院に赴任しましたのは平成15年4月で、武者院長が退任された翌月でした。1年後には、国立病院から独立行政法人国立病院機構となり、鈴木院長のもと新病院建設が現実味をおびてきました。職員の皆さんの力で黒字決算を継続し、機構本部から「GOサイン」がでて待望の新病院開院となりました。
 その後も当院の経営は順調に推移し、国立病院機構全体も優良企業となっていました。しかしながら、高齢化社会を見据えた診療報酬改定が続き、消費税増税なども加わり、昨年度は機構全体で赤字決算となる事態を迎え、当院にとっても病院運営に厳しい状況となってきました。本年度の目標として「これからの医療に対応する病院力を磨く」を掲げましたが、当院の持つ病院力を駆使すれば多くのことは解決できると思います。
 2007年に流行語大賞にノミネートされた渡辺淳一の「鈍感力」や2009年頃に候補となった「女子力」という言葉がありますが、そのころは「何々力」という何かの言葉に「力」(りょく)をつける言葉が流行していました。1990年代には、赤瀬川原平が著した「老人力」という著書もありましたが、ここで「いまさら」と思われるでしょうが「病院力」を提唱したいと思います。病院にはさまざまなランキングがあり、週刊誌や新聞でも多く取り上げられています。病院力とは診療や経営面の実績もそうですが、病院がかかわるあらゆる分野が対象になります。
 3月に病院機能評価を受審いたしましたが、病院に対して要求されていることは医療の質を向上させ、維持することにあります。職員皆さんの協力で無事に審査が終了し、関係された方々ほんとうにお疲れ様でした。受審が終わりましたが、これは当院にとっての始まりであることを忘れてはなりません。審査にあたっては各分野の方々に当院の問題点を検討していただき、改善してきました。全職員の方々が、より医療の質を高めるために同じ方向を向いて活動いたしましたが、この方向は変わらないものと思います。この方向を維持しながら、「病院力」を高めるべく、皆さんに何を磨いていくか考えていただきます。
 4月から、事務部長、看護学校副学校長、管理課長、経営企画室長に新任の方が着任します。また、新病院になって8年目を迎え、5月から電子カルテシステムが更新されます。新しく変わらねばならないところもあり、改革すべきところは改革しなければなりませんが、維持しなければいけないところもあります。急性期病院としてレベルアップをはかりつつ、これまでに培った「信頼される医療」を実践して、職員の皆さんのご協力で種々の問題を解決していきましょう。
 最後に、高規格救急自動車が配備されました。DMAT活動時の緊急車両としての役割や日頃の救急活動で力を発揮してもらいます。

平成29年 4月   院 長  杉浦 信之

理念

信頼される医療を築く (Building Trust)
私たちは、地域の方々に親しまれ、信頼される医療を目指します。

基本方針

  • 患者さんをはじめ、センターに関わるすべての方々の人権を尊重し、相互信頼で成り立つ安全・安心な医療を目指します。
  • 地域の医療機関に信頼されるエビデンス(evidence)に基づいた幅広くかつ専門性の高い急性期医療の構築を目指します。
  • 良質かつ最新の医療を提供するために教育・研究・研修・情報発信を推進し自己研鑽に努めます。

患者様の権利と責務について

千葉医療センターでは、医療は患者の皆様とわれわれ医療を提供する者との相互信頼の上に成り立つものであるとの考えから、患者の皆様の権利を尊重した医療に努めるとともに次のことをお願いします。

患者様の権利

  • 安全かつ良質な医療を公平に受けることができます。
  • 診療内容、効果および危険性等に関して説明を受けた上で、その医療行為を受けるか否か自らの意志で決定できます。
  • ご自身の診療録の開示を求めることができます。さらにほかの医師の意見(セカンドオピニオン)を求めるために、関係資料を借り受けることができます。
  • 医学上得られた個人情報は常に保護・尊重されます。

患者様の責務

  • 良質な医療を実現するため、ご自身の健康状態に関する情報(症状、既往歴、内服薬など)を正確に提供してください。
  • 病院の規則を守り、他者に迷惑をかけないようにしてください。
  • 受けた医療に対し、診療費をお支払いください。
トップ
職員採用について 当院で一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
看護部のご紹介 様々な看護分野で活躍するためのプログラム等を紹介。
臨床研修プログラム プログラム概要や応募要項、スケジュールをご紹介。