スマートフォンでは横向きを推奨します。
〒260-8606 千葉県千葉市中央区椿森4-1-2
代表電話:043-251-5311
FAX:043-255-1675
個人情報保護方針お問い合わせ | 関連リンク | サイトマップ

臨床研究に関する情報の公開について
(オプトアウト)

国立病院機構千葉医療センターを受診された患者さまへ、診療情報・試料等を医学研究・教育に利用させていただくことについて説明しております。

オプトアウトとは、診療で得た患者さまの診療情報や試料等の医学研究への利用を患者さまご本人の求めに応じて停止することです。

はじめに

国立病院機構千葉医療センターは、急性期病院として医療を向上させ、より良い診療を行う役割を担っています。診療・医療技術の向上を目指した医学研究、医師や看護師その他の医療従事者の教育には、皆さまの診療情報や試料等を利用させていただく必要があります。

診療情報・試料等について

診療情報とは、診療録(カルテ)、レントゲン写真や内視鏡写真、身体の写真などの画像情報と血液検査、病理検査などの検査結果のことです。

試料等とは、臨床検査に用いた血液、尿など、診断のための生検(胃内視鏡検査などの際に組織の一部を採取すること)試料、手術で切除した組織などです。

臨床検査においては、疑問のある検査値が出た場合、再検査による確認を行う必要があることから、すこし余裕をもって採取するため、検査後に試料が残る場合があります。この試料の利用は、ご本人の診療には直接関係することはほとんどありませんが、広く医学研究に活用できる可能性があります。

研究利用に関する基本方針について

診療情報や試料等を医学研究に利用するときは、個人情報の保護を厳守します。個々の研究は、臨床研究の倫理指針など様々な法規・規範を遵守し、センター内の倫理委員会等で審査承認を受けてから行われます。

想定される医学研究と結果の公開について

診療情報を用いた医学研究には、病気の特徴を調べる研究、実際に行われた治療法の効果などを調べる研究、あるいは新しい診断法や治療法を開発する研究などが含まれます。また、その結果は、学術雑誌や学会などで公表されますが、その際、個人を特定できる情報は一切公表されません。

同意について

診療情報・試料等の医学研究への利用について同意いただけない場合は、意思確認書に署名し、患者相談窓口にご提出してください。意思確認書の提出がない場合は、同意いただいたものとさせていただきます。

同意いただけない場合でも、皆さまの診療に何ら影響することはなく、診療上の不利益をこうむることはありません。

また、未成年者については、保護者の方にご判断いただいておりますが、のちにご自身で判断できる年齢になり、ご本人からのお申し出がありましたらその意思を尊重させていただきます。

意思確認書は、外来初診受付近くに常備しております。また、センターホームページからダウンロードできますし、患者相談窓口でもお渡しできます。

ご不明な点がありましたら医療情報管理室(代表043-251-5311 内線2308)までお問い合わせください。

国立病院機構千葉医療センター
院長 杉浦 信之

診療情報・試料等を医学研究・教育へ利用することについての意思確認書

この意思確認書は、「診療情報・試料等を医学研究・教育に利用させていただくことについて」に同意いただけない場合にのみ提出してください。

なお、意思確認書が提出されない場合は、同意いただいたものとさせていただきます。診療情報・試料等を医学研究・教育へ利用することについての意思確認書は こちら(PDF) からダウンロードして下さい。

包括的同意による臨床研究一覧

年度-受付番号課題名及び概要職名氏名
29-1局所進行膵癌に対するDown Staging化学療法としてのゲムシタビン/ナブパクリタキセル併用療法の有効性と安全性に関する検討外科医師野村 悟
29-2ICUダイアリーを使用した退室後訪問の実践がもたらす患者への影響について看護師菅野 麻衣
29-3ICUへ緊急入室した患者のせん妄体験と対処行動 ~せん妄オリエンテーションを行った予定入室患者との違いからせん妄対策を考察する~看護師森口 裕美
29-4千葉医療センターにおけるニボルマブの使用実績薬剤師小堀 友美
29-5自己多血小板血漿による難治性皮膚潰瘍などの治療及び骨移植時の生着率向上歯科口腔外科医長中津留 誠
29-6CGF(Concentrated Growth Factors)による難治性皮膚潰瘍や顎骨欠損の治療歯科口腔外科医長中津留 誠
29-7外科外来受診者における喫煙実態と禁煙意識に関する調査研究外科医師守 正浩
29-8消化器外科手術を実施している国立病院機構所属医療機関に対する術前禁煙意識調査外科医師守 正浩
29-9実体臓器モデルとTAPP check Listを用いた腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術術前評価の試み外科医師山本 海介
29-10身体拘束実施患者の皮膚損傷の発生要因分析看護師谷口 友理
29-11デスカンファレンスを行うことによる看護師の行動の変容看護師横大路 麻未
29-12ボリコナゾール血中濃度モニタリングの製薬会社への依頼について頭頸部外科・耳鼻咽喉科医長渋谷 真理子
29-13がんと静脈血栓塞栓症の臨床研究:多施設共同前向き登録研究(Cancer-VTE Registry)乳腺外科医長鈴木 正人
29-14閉経後ホルモン感受性乳癌患者の術後内分泌療法に伴う骨量減少抑制を目的としたデノスマブの有効性をみる多施設共同ランダム化比較試験乳腺外科医長鈴木 正人
29-15当院における肝硬変症入院患者の体組成計測と栄養摂取状況調査によるサルコペニア及びサルコペニア肥満の状況把握について(観察研究)栄養管理室室長宮本 佳世子
29-16抗HIV薬に関する病薬連携推進(保険薬局向け)のためのアンケート調査外来管理部長金田 暁
29-17内服薬評価シートを用いた肝硬変患者の内服自己管理に向けた看護師の関わり看護師細野 有美
29-18脳・心血管救急患者の病院前診断率向上のためのスケール開発脳神経外科医長尾崎 裕昭
29-19抗がん剤治療中のせん妄の発症と重症化の予防に対する通常ケアと多職種せん妄初期対応プログラムとの他施設クラスターランダム化比較試験緩和ケア認定看護師手渡 和子
29-20C型肝炎治療における直接作用型抗ウイルス薬の相互作用に関する検討薬剤師大塚 恵子
29-21手術を受ける乳がん患者に対するボディイメージへの看護介入看護師佐々木 千尋
29-22レゴラフェニブを導入した肝細胞癌患者の実臨床での安全性と有効性を検証する後向き研究消化器内科医師芳賀 祐規
29-23白内障手術前オリエンテーションをうける患者への実態調査看護師今井 美加
29-24冠動脈CTにおける循環動態が与える影響診療放射線技師本田 啓明
トップ
職員採用について 当院で一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
看護部のご紹介 様々な看護分野で活躍するためのプログラム等を紹介。
臨床研修プログラム プログラム概要や応募要項、スケジュールをご紹介。