てんかん リハビリ 結核 神経 難病

関連部門ご案内

関連部門一覧

file/02

栄養管理室

栄養管理室 栄養管理室では、入院患者さんの栄養管理を中心に、食事提供における給食管理及び衛生管理等の業務を行っております。

 当院診療の特徴であります神経筋疾患、重症心身障がい及び回復期リハビリテーションでは、多くの患者さんが摂食・嚥下障害を発症しております。特に、栄養管理室では、摂食・嚥下障害の患者さんの食事(嚥下食)に力を入れております。嚥下食の提供によって、食事の経口摂取の継続、経管栄養から経口摂取への移行、栄養状態の維持及び誤嚥性肺炎の防止などの患者QOLの維持・向上が期待されます。

 更には、栄養サポートチーム、摂食・嚥下チーム及び褥瘡チーム等のチーム医療にも取り組んでおります。


療育指導室

療育指導室療育指導室は、療育(発達)・福祉の観点から、重症心身障がいの方々の日常生活及び社会生活を総合的に支援する部門で、児童指導員2名、保育士4名で構成されています。主に重症心身障がい病棟(2、3病棟)において、日常の療育活動や相談支援をはじめとする日中活動の充実、スヌーズレンやムーブメント、音楽療法等も取り入れた療育支援や、多職種との連携のもと、社会見学やふれあい広場、秋の集い、誕生会等の行事活動の運営に携わっており、療養生活におけるQOL向上を目的とした業務を行います。また、在宅支援機能(短期入所事業等)やボランティアの受入れ窓口も担当しております。

利用者の日常生活及び社会生活の充実が図れるよう、福祉職の観点から、行政等関係機関との相談及び連絡調整、また利用者とご家族とのつながりの支援など、障害福祉サービスのマネジメントを行っています。


放射線科

看護部理念

生命の尊厳と患者さんの人権を守ります。 患者さん中心の、心優しい看護を行います。 看護活動をとおし、専門職としての役割を果たします。 患者さん、ご家族と共に考え、常に患者さんの立場に立ったケアと安全で効果的な看護を実施してまいります。

1病棟 リハビリテーション

1病棟患者さんは、脳卒中の後遺症や、大腿骨頸部骨折の術後で、主に地域連携パスによりリハビリを目的に入院されている病棟です。
リハビリ専門医、看護師、理学・作業・言語療法士、ソーシャルワーカーが一丸となってチーム医療を行っております。病棟看護師の役割は、退院後の生活を考え、リハビリ室の訓練だけでなく、日々の生活の中でも、必要な移動作業や、身の回りの動作が出来るよう援助させて頂いております。また、障害をもって生活する患者さんを支える家族の立場を考慮し、家族との情報交換を図りながら、退院が円滑に行くよう援助させて頂いております。看護師1人1人も元気で明るく、アットホームな、楽しい病棟です。
1病棟 リハビリテーション

2病棟 重症心身障がい(者)病棟

「明るく!」「元気に!」2病棟!
一日の始まりを「おはよう」の笑顔と歌で迎える2病棟は、「明るく!」「元気に!」の雰囲気があふれる病棟です。また、誕生会等の行事では多職種一丸となり会を盛り上げ、楽しいひとときを患者さんに届けています。幅広い年齢の患者さんが50名療養されており、職員は患者さんが全身で表現してくれる様々な思いを理解し、こたえようと日々努めています。また、摂食訓練によって安全に食を楽しめるようにすることや、残存機能を生かし、持てる力を引出しながら、その人らしく過ごしていただけるように、チーム医療で支援しています。
2病棟 重症心身障がい(者)病棟

3病棟 重症心身障がい(者)病棟

生きる力をはぐくむ3病棟!
療養介護事業に移行し、療養介助員という新たな職種を加え、医師・看護師・保育士・指導員・リハビリスタッフ等の多職種で、50名の方々の医療面から療育・生活の援助を、一丸となってお世話させていただいております。
 病棟中央に位置するデイルームは、大きな窓から柔らかな日がさし、毎日集う皆の笑顔と明るい声でホットな憩いの場になっています。年間行事では、社会資源を活用しながら家族や地域の人々と交流を深めたり、色々な体験を通して興味関心を得る機会を作るなど一人一人の生きる力をはぐくみながら、生活の質の向上に努めています。
 療養される方々の持てる力を探りながら、ご家族にも安心・満足を実感していただけるよう支援を続けてまいります。
3病棟 重症心身障がい(者)病棟

4病棟 神経内科

神経難病看護の専門家をめざします!
4病棟はALS(筋萎縮性側索硬化症)、パーキンソン病などの神経難病の患者さんが入院されています。
山形県の神経難病拠点病院であり、神経難病患者さんの療養生活に関わる支援を行っています。神経難病の患者さんやご家族が病気に向き合い「その人らしく生きる」ことができるよう日々援助しています。また、患者さん・ご家族が安心して在宅療養できるよう、地域との調整や日常生活ケアの家族指導など多職種が連携し、チームとして取り組んでいます。
 また、病気の進行に合わせてコミュニケーション方法を工夫するなど、残存機能をいかすことができるよう患者さんとじっくり関わる看護をおこなっています。
4病棟 神経内科

病棟 内科・循環器内科・神経内科・てんかん

5病棟は内科・循環器内科・神経内科・てんかんの混合病棟で、長期療養を必要とする患者さんが入院しています。てんかんは、てんかんセンターとして、長時間脳波、記録録画などの医療機器設備を備え、薬物療法を中心とした治療が行われています。また、ビデオ学習を取り入れた生活指導を含めた患者さんのトータル的なケアサポートを行っています。
患者さんや家族の思いを大切にし、安心・安全な看護を提供できるように、笑顔と優しさをモットーにチーム医療に取り組んでいます。
病棟 内科・循環器内科・神経内科・てんかん

6病棟 呼吸器内科

6病棟は呼吸器・結核ユニットの呼吸器内科病棟です。病棟は環境に恵まれ、病室からは遠く葉山や月山が望め、夏には山形の花火を観ることができ、秋は紅葉が楽しめます。
なかでも、山形県の結核拠点病院として、庄内・最上・村山・置賜の各地域から患者さんを受け入れています。治療の中心は、抗結核薬の継続治療のための援助が大きな位置をしめています。それは、患者さんが薬を飲み込むまでの方法、DOTS(直接服薬確認方法)を取り入れ看護師と共に結核の知識を深めています。
患者さんご家族が安心して入院生活が送られるように先生方と一丸となり、また保健所との連携を密にしチーム医療の推進に取り組んでいます。
6病棟 呼吸器内科

外来

私たち外来看護師は「各科を受診される患者さんが安心と満足できる医療が受けられるように」人との関わりを大切にしながら、患者さんやご家族の方に声がけを多くし、いつでも相談応じるよう心掛けております。(各科の担当看護師が対応いたしますので、お気軽に声をかけてください)
診療の待ち時間を少なくするよう、医師と他部門への連絡調整を行っております。また、待ち時間を利用して、患者さんへの生活指導も行っております。糖尿病教室や高血圧教室の年間行事や日常生活に関した情報提供も行っています。
当外来は、全科予約制になっております。随時、電話での予約もお受けしております。
外来

医療安全管理室

 医療安全管理室は、事故のない安全な医療を提供するために平成15年4月に開設されました。副院長を室長とし医療安全管理係長で構成され組織横断的に活動しております。さらに各職場には医療安全推進担当者が配置され、医療安全に努めております。
日常業務で発生するヒヤリ・ハットレポートを収集し、改善策を立てて大きな事故に発展しないようにしております。また、全職場で情報を共有することで事故を未然に防ぐような取り組みをしております。
 また、患者さんにも医療安全に取り組むために、お名前を名乗っていただくことや、入院中のリストバンドの装着、転倒防止対策等のご協力をお願いしております。
 安心・安全な医療を提供するため、安全対策及び安全活動を推進しながら医療の質の向上に努めています。
外来

地域医療連携室・医療相談室

地域医療連携室は、室長(副院長)・看護師・医療ソーシャルワーカー・事務を配置し、以下の業務を行っています。
○外来受診・入院についての相談・調整
 外来受診の希望、入院・転院の希望についてお伺いし、調整を行っています。
○退院支援
 退院に関する不安等をお伺いし、解決のお手伝いをさせていただきます。また、介護認定調査、退院前カンファランス等の日程調整を行っています。
○神経難病患者レスパイト入院の受け入れ
 当院では、在宅で生活されている神経難病患者さんを短期的にお受け入れするレスパイト入院を行っています。地域医療連携室では、受入日の調整を行っています。
○各種研修会の開催
 難病やてんかんなど、当院の特色にあわせた研修会の企画・運営を行っています。
○患者相談窓口
 患者さん、ご家族様のお困りごとについての相談窓口となっています。
地域医療連携室・医療相談室

関連部門一覧に戻る

▲このページのトップへもどる

Copyright (C) NHO Yamagata National Hospital 2013 All rights reserved.