独立行政法人 国立病院機構 舞鶴医療センター附属看護学校

学年別到達目標

1年次

  1. 看護の対象である生活者としての人間を理解することができる。
  2. 人間の健康は環境と相互に影響しあっていると理解できる。
  3. 科学的根拠に基づいた基本看護技術が安全に実施できる。
  4. 健康障害をもつ対象の日常生活行動への援助ができる。
  5. 看護を取り巻く社会情勢やニーズが理解できる。
  6. 主体的に学習する姿勢ができる。
  7. 人間をかけがえのない尊い存在として認識できる。
  8. 自己を理解し、他者を尊重できる。

2年次

  1. 対象を発達段階の観点から捉えることができる。
  2. 対象をあらゆる健康状態から捉えることができる。
  3. 健康を心身相関の視点から捉えることができる。
  4. 疑問や課題に対し、思慮して考え、解決策を見いだすことができる。
  5. 対象の経過や症状、治療処置に応じた看護を理解し、実践できる。
  6. 保健、医療、福祉チームにおける看護の役割について認識できる。
  7. 看護師になるという自覚を持ち、常に変化する社会の動向を捉え、学習し続ける姿勢ができる。
  8. 人々の多様な価値観を認識し、共感的態度で接することができる

3年次

  1. 対象を身体的、精神的、社会的に統合された存在として捉えることができる。
  2. 健康とはその人らしく生きていること・生きている状態であると理解できる。
  3. 既習学習を統合し、各健康の段階や発達段階にある対象の看護が実践できる。
  4. 保健、医療、福祉チームにおける他職種との連携・協働ができる能力を身につける。
  5. 自己の看護観や看護実践能力を維持・向上し続けるよう努力する姿勢ができる。
  6. 倫理に基づいた看護が実践できる。