部門のご案内

部門のご案内
トップページ > 部門のご案内 > 放射線科

放射線科 概要

新しい地域の基幹病院として独立行政法人国立病院機構渋川医療センターが開院します。放射線科は、放射線診断科と放射線治療科の2部門にて質の高い医療の提供を致します。放射線診断科へは、一般撮影装置2式、乳房撮影装置、CT装置2式、X線TV装置2式、血管撮影装置、MRI装置、その他移動型X線装置4式、外科用イメージと高精度な装置が更新され設置されました。 特に、MRI装置については、北毛地域に唯一の3テスラとなる装置となります。放射線診断科は、臨床上最も重要な画像情報を提供する部門となります。そのため画像診断を専門とする医師が2名で画像情報の提供に努めます。
また、放射線治療科は、全国2番目の稼働となる最先端の高精度放射線治療装置が設置され精度の高い放射線治療の提供を行うため治療を専門とする医師3名で努めます。
更に、診療放射線技師も15名となり最大限の画像情報提供に努めてさせて頂きます。

一般撮影

胸部や腹部・骨などのエックス線撮影を行います。

 診断用X線装置(島津製作所) RADspeed Pro 高機能タイプ
 特徴 *APRに連動して、ワンタッチ操作で天井走行式X線管懸垂器が自在に移動、 ポジショニング位置に自動設定。また、操作室のコンソールからだけでなく、 X線管装置側でも撮影条件や術式の変更が可能。
FUJIFILM DR CALNEO Smart モバイルシステム

FUJIFILM DR CALNEO Smart モバイルシステム
一般X線撮影 間接変換FPD装置(CALNEO Smart)

検査の流れ

  • 放射線診断科受付にて受診票をバーコードにかざし受付します。
  • 受付番号票が印刷されますので受付番号票をお受け取り下さい。受付番号が呼ばれるまで 受付前にかけてお待ち下さい。
  • 受付番号をお呼びし更衣室へご案内します。X線写真に写ってしまうと診断に影響を及ぼす もの(金属類、衣類のプリント、下着の金具、湿布、カイロなど)はあらかじめ外していただき、準備ができるまで更衣室内にてお待ち下さい。
  • お名前をお呼びします。撮影前に患者認証を行わせて頂くため本人にお名前を言っていただきながら受診票バーコードにて再確認をさせていただきます。
  • 準備が整いましたら撮影をいたします。

一般撮影検査を受けられる患者さんへ

診療放射線技師は、患者さんに無理のない様に心がけておりまが、撮影において痛いところ、無理な体勢などがありましたらご遠慮なくお声をかけて下さい。

医療設備

 回診用X線発生装置 日立 シリウス130HP(2台)
島津 MobileArt evolution (2台)
 外科用イメージ 島津 OPESCOPE ACTIVO WHA-200 (1台)

CT検査 (Computed Tomography)

X線を利用して体の輪切りの画像を得る検査です。
この輪切りの画像をコンピューターで処理することにより、様々な方向からの 断面像や3次元画像を得ることができます。
当院放射線診断科では、80列(0.5mm×80列検出器)と16列(0.5mm×16列検出器)の2台のマルチスライスCTが稼働しており、頭頚部、胸腹部、四肢など全身の検査に対応しています。

装置の特徴

  • 検出器多列化により、短い撮影時間で高精細撮影が可能となっています。 息止めの時間が短くなりました。
  • 被ばく低減技術
    「Volume EC(X-Y-Z Volume Exposure Control)」
    「AIDR 3D(Adaptive Iterative Dose Redaction 3D)」(TOSHIBA社製)
    が搭載され、少ない放射線量で高画質の画像を作り出すことが可能となって います。

検査の種類

単純CT検査
造影剤という薬剤を使用しない検査です。
 単純CT検査
造影CT検査
造影剤という薬剤を静脈注射して撮影する検査です。造影剤とはヨードを含んだ薬剤で、使用することにより、病変の存在、形態や性状などがより詳しく観察できたり、血管の状態を評価するのに役立ちます。
 造影CT検査
CTガイド下生検
生検の安全性と確実性を高めるためにCT画像を確認しながら病変部に針を刺して組織を採取する検査です。
 造影CT検査
その他のCT検査
内視鏡での気管支検査や大腸検査を模したバーチャル内視鏡CT検査、医師が付き添いながら検査とともに処置を行うCTなどがあります。
*これらの検査では造影剤を用いることもあります。
 造影CT検査

検査の注意事項

 検査所要時間 内容により異なりますが、入室から退室まで5~20分です。 予約時間、緊急度により、入室の順番が前後する場合がありますがご了承ください。
 服装について 撮影部分に金属類があると、撮影画像に影響が出る場合がありますので、必要な場合は、撮影前に着替えていただきます。
また、造影検査では注射をしますので、腕が締め付けられないように、金属が無くても上着を脱いでいただくことがあります。
 検査前の食事、お薬について 食事はとっていただいて構いません。ただし、検査の目的によっては絶食が必要な場合もあります。主治医の指示に従ってください。(絶食の場合でも、水分摂取の制限がなければ、水やお茶などの水分はお飲みいただいて構いません。)
服用中のお薬は、医師から指示がない場合、平常通り服用してください。
 検査後について 食事、入浴は平常通りで結構です。

乳房撮影(マンモグラフィ)

乳房内の非常に細かい石灰化や腫瘤などがわかる乳房のX線撮影です。乳房を引っ張りながら圧迫し撮影を行います。
Selenia Dimensions:日立ヘルスケア
トモシンセシス:多方向から撮影した投影画像をもとに再構成され、その立体画像の視点の変更や、任意断面の表示機能です。トモセンシセス画像は、視点を変えて診ることができるので、重なりの多い部分でも、関心部分を見つけ出しやすくなります。

乳房撮影(マンモグラフィ)

検査の流れ

  • 放射線科受付後、乳房撮影待合室でお待ちいただきます。
  • 技師が更衣室にご案内いたします。
  • 検査着に着替えていただきます。
    • アクセサリー類や制汗剤の除去をお願いいたします。
    • 髪の長い方は束ねるようお願いいたします。(髪留めをご用意しております。)
  • 準備が整いましたら担当医の指示のもと撮影を行います。

マンモグラフィを受けられる方へ

  • 妊娠をされている方やペースメーカーを挿入されている方、豊胸手術をされている方はあらかじめ主治医にご相談ください。
  • 立位で撮影を行いますが、立位困難な場合、座位でも撮影可能です。
  • マンモグラフィを安心して受けていただけるよう女性技師が担当させていただきます。
  • 不安や質問がありましたらお気軽にお尋ねください。
 当院のマンモグラフィ 当院ではトモシンセンス(3D)と通常撮影(2D)を一度に行うことができます。 トモシンセンス(3D)は多方向からの投影画像をもとに立体画像の視点を変えることが可能で、重なりの多い部分でも見えやすくなります。
 コンピュータ診断支援装置 撮影したマンモグラフィ画像上の微小石灰化と腫瘤の特徴をもつ部位を検出し、画像ビューアなどに転送します。医師の注意を喚起し、読影の支援を行う目的に使用されます。
 マンモトーム 乳房に非触知病変や石灰化病変などが認められた場合に、それが乳がんかどうかの確定診断や手術適応を決定するために、マンモグラフィで確認しながら乳房組織を採取します。
1回の穿刺で複数本の検体を採取でき、切開創が小さく、縫合が不要なため過度な負担を与えずに生検を行うことができます。

マンモグラフィを受けられる患者さんへ  
乳房を圧迫するため痛みを感じる方もいますが、検査についての不安や質問が ありましたら診療放射線技師にお声をかけて下さい。

X線透視撮影

エックス線とテレビを組み合わせた装置です。エックス線を使用し透視画像を見ながら体内を透視し、その様子をTVモニタで観察しながら撮影する検査です。リアルタイムで体内の画像を観察できます。
当院では、内視鏡専用機器として CUREVISTA(日立ヘルスケア)と ZEXIRA FPD1717(東芝メディカル)の2台が設置されています。
最新のFPD(フラットパネルディテクター)を使用したデジタルのエックス線画像装置のため、今までの装置以上にエックス線の量を減らすことができ、また、広い範囲や拡大した画像でも歪みなくシャープな画像として観察することができます。

X線透視撮影

(用途)気管支鏡、消化管、神経根ブロック、泌尿器系など

血管造影

肝動脈化学塞栓術(TACE)
血流豊富な臓器疾患に対して行う治療法です。肝臓内の疾患部位までカテーテルを進め、抗がん剤を注入します。その後、塞栓物質を注入し、血流を遮断します。

フィリップスエレクトロニクジャパン:Allura Clarity FD20
画質の向上と被ばくの低減の両立を実現し、例えば従来品と比較した場合、ほぼ同じ画質を維持して被ばく量を73%低減することできる。

血管造影

核医学検査

核医学検査とは、体の特定の臓器や病気に集まりやすい性質をもった、ごく微量の放射線同位元素(放射線を放出する性質をもった物質)を含んだ医薬品を体内に投与し、体内から出てくる放射線を撮影する検査です。

通常の放射線を使用した検査では、人体の外側から放射線を照射し、その通過したものを画像にしますが、核医学検査では放射線を出す放射性同位元素を体内に入れ、体のどの部分から放射線が出ているかを画像化しているところが大きく異なるところです。
核医学検査で使用する放射線はごく微量で、尿や便とともに体外へ排泄され、さらに、放射性同位元素の放射線を出す能力も時間とともに弱くなります。このため、放射線被ばくは、エックス線検査と比べても大きな違いはありません。また、薬による副作用の心配もほとんどありません。

当院ではガンマカメラと呼ばれる、シーメンス社製e.cam signatureを保有しています。

核医学検査

放射線治療

リニアック「Versa HD」は、エレクタ社の機種であり、高い安全性のもと、1台で全身の様々な治療ができるように設計された高精度放射線治療システムです。従来通りの各種放射線治療はもちろん、非常に正確な放射線照射が求められる高精度放射線治療にも対応可能です。

「Versa HD」の特徴

治療ビームと垂直方向にkV電圧のX線管球とフラットパネル検出器を装備しており,単発撮影や連続(透視)撮影だけでなく,三次元のCT画像を撮影することができます。実際の治療位置でCT画像を撮影し、専用のワークステーション上で,治療計画に使用した基準となるCT画像と重ね合わせ表示し,誤差を求め、得られた値を用いて寝台を6軸で補正することにより,治療計画上の正確な位置での照射を行うことができます。
また、三次元のCT画像を利用することにより,従来のリニアックグラフィやポータルイメージング画像では確認することが困難であった軟部組織まで判別できるので,より正確な位置決めが可能になり、高精度な照射を,より高い精度で実現できます。
当院では、最先端の放射線治療法であるIMRT(強度変調放射線治療:腫瘍の形に合わせて放射線を集中する治療法)、VMAT(強度変調回転照射:IMRTを回転しながら素早く行う治療法)、SBRT(体幹部定位放射線治療:正常組織を傷めないように細い放射線を多方向から病巣に集中するため、1回に大量の放射線をかけることができる治療法)などの高精度放射線治療を行える施設です。

放射線治療

治療用照射装置出力線量の第三者機関による測定評価

放射線治療における品質を担保する為、第三者機関による評価として渋川医療センターの放射線治療科では公益財団法人 医用原子力技術振興財団により「治療用照射装置(X線)の出力線量測」を行い測定評価を受けました。

治療用照射装置出力線量の第三者機関による測定実施証明書

証明書の説明

平成28年8月末日までに公表の承諾を頂いた346施設となる。
県内で治療用照射装置(X線)の出力線量実施施設の公表は4カ所である。

  • 伊勢崎市民病院
  • 桐生厚生総合病院
  • 群馬大学医学附属病院
  • 前橋赤十字病院

医療被ばく低減施設

「安心できる放射線診療」を国民のみなさまへ提供するため、医療被ばく低減施設の認定を取得いたしました。放射線の分野において不安などがありましたら、診療放射線技師へお尋ねください。

医療被ばく低減施設認定証

MRI(磁気共鳴画像)

MRI検査は、非常に強力な磁石を利用し、体内の水と脂肪の分布を画像化する検査です。 撮影の際には非常に大きな騒音がしますが、MRI装置の故障ではありません。ヘッドホン等を利用し騒音の低減を行いますのでご安心ください。
当院は先ず利用される患者さまの閉塞感、窮屈な体位を和らげる目的で開口部が広いモデルとなります。

MRI(磁気共鳴画像)

更に、頭頸部、胸部・腹部、乳房、手関節、肘・肩、膝、足部そして全脊柱・全身に対応できる様に各検査部位において高感度、高画質を提供する専用デジタルコイルがあります。
常に、3T MRIは複数の独立したRF送信源から平行して送信したPFパルスを患者さま毎に細かく調整することで高画質が得ることができます。
その他、心臓MRI、超急性期脳梗塞MRI検査、前立腺MRI検査にMRS:MRスペクトロスコピー検査、T2MAP等を検査可能な機能を搭載し、多くの診療科に対応可能となっています。