部門のご案内

部門のご案内
トップページ > 部門のご案内 > 薬剤部

薬剤部 概要

渋川医療センター薬剤部 渋川医療センター薬剤部 渋川医療センター薬剤部 渋川医療センター薬剤部 渋川医療センター薬剤部

薬剤部は、適正な医薬品や医薬品情報の供給、副作用のモニタリングなどを通して、患者さんの医薬品を用いた治療が、有効で安全に、そして安心して行えるよう日々取り組んでおります。特に注射剤を用いた「がん薬物療法」では、患者さん個人個人の体格に合わせた投与量や治療方法毎のスケジュールを確認した上で、注射薬をクリーンルーム内で無菌的に調製して供給しています。
また、各病棟には専任の病棟薬剤師を配置して、医薬品に関する情報を提供すると共に、入院患者さんが抱えるクスリに関する疑問や不安など、様々な問題にお応えする体制をとっております。
クスリに関するご質問などがございましたら、お気軽に薬剤部へご相談ください。

調剤業務について

調剤業務

内服薬や外用薬の調剤を行っています。医師が処方した薬の用法・用量、服用薬の相互作用の有無を確認し、患者さんに適切な薬を提供しています。患者さんによっては複数の錠剤を一回分ごとにまとめる一包化も行っています。また、院外薬局からの疑義照会にも応じており、外来の患者さんにも適切な治療を提供できるよう取り組んでいます。

錠剤分包機での調剤

錠剤分包機での調剤

散剤調剤

散剤調剤

注射調剤業務

調剤業務と同様に医師が処方した薬の用法・用量、服用薬の相互作用の有無を確認しています。この他に、注射薬を混合した場合の安定性・薬効の低下の有無や投与経路・速度の確認なども行っています。

注射調剤

注射調剤

無菌調製

主に抗がん剤の調製を行っています。抗がん剤投与予定日に患者さんの状態を医師が診察し、実施可能となってから薬剤部内にある無菌室で調製を行っています。調製は安全キャビネットという装置を用いて、無菌的に行っています。また、患者さんごとに抗がん剤の治療計画であるレジメンによる投与量や投与間隔などを確認しています。

無菌調製

無菌調製

病棟業務について

持参薬報告

患者さんが入院するときに持ってきたお薬やサプリメントなどを調べて、医師、看護師に報告します。持ってきたお薬との飲み合わせや、手術が予定されている患者さんの術前に中止するお薬を確認し、正しくお薬が使用されるように、医師、看護師に情報提供を行っています。

服薬指導

患者さんに対して、治療で使うお薬の使い方や効果、副作用などを説明しています。直接病室に伺って、お薬を正しく飲めているか、副作用がないか確認しています。お薬のことで不安な点や分からないことの相談にも応じています。また、入院で抗がん剤を始める患者さんには、治療のスケジュールや副作用の対処方法についても説明しています。

入退院支援センターについて

入退院支援センターは、患者さんの入院に関わる手続きを行う場所です。薬剤師は、手術が予定されている患者さんの術前に中止するお薬を確認し、医師、看護師に情報提供を行っています。

入退院センターでの薬剤師業務風景

入退院センターでの薬剤師業務風景

外来化学療法室について

薬剤投与を行ういす

薬剤投与を行ういす

薬剤投与を行うベッド

薬剤投与を行うベッド

 外来化学療法室は、患者さんが入院せずに通院で抗がん剤の投与を受けられる場所です。化学療法専任の医師や薬剤師、看護師が、患者さんに安全かつ安心して治療を受けていただけるよう、投与前から投与後まで患者さんのサポートを行っています。  薬剤師は、患者さんの副作用の発現状況を確認しながら、抗がん剤の減量や休薬、副作用軽減の薬などを医師に提案することがあります。また、患者さんに日常生活における副作用対策を指導したり、抗がん剤以外に服用している薬の相談を受けたりすることで、患者さんが問題なく生活を送れるようにお手伝いしています。その他、患者さんが治療に専念できるように、抗がん剤治療に対する不安などの精神的なケアやフォローを行っています。

チーム医療について

褥瘡・排泄ケアチーム

褥瘡・排泄ケアチームは、皮膚科医、薬剤師、管理栄養士、皮膚・排泄ケア認定看護師で構成され、褥瘡の管理指導から全身のスキンケア、栄養管理方法などを病棟看護師と共に検討し、実施可能な方法を指導しています。その中で薬剤師は、創部の湿潤環境に応じた外用薬の提案や、病棟看護師、患者家族などにお薬の使い方を説明しています。

褥瘡チームのラウンド

褥瘡チームのラウンド

感染制御チーム (ICT)

ICTでは、院内で起こるさまざまな感染症から、患者さんをはじめご家族や職員の安全を守るための活動を行っています。その中でも薬剤師は、各職種と病院全体の感染対策に対する協議に参加したり、医師、看護師、臨床検査技師と共に抗菌薬が適正に使用されているか巡視を行い、投与方法の提案や相談に応えることで安全な医療の提供に貢献しています。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームは、がん治療の過程の中で生じる身体のつらさ、気持ちのつらさ、生活上のつらさを抱えた患者さんとご家族を、あらゆる面で支えるための治療やケアを行います。緩和ケアチームの薬剤師は、精神科医や緩和ケア医、認定看護師と共に患者さんのもとを訪問します。また、緩和ケアチームメンバーと週1回のカンファレンスにて、対応策を検討します。

栄養サポートチーム (NST)

NSTでは、チームスタッフとラウンドを行い、栄養不良の患者さんのベッドサイドに行き病態を把握します。輸液、経腸栄養剤の成分、処方設計、副作用、相互作用など薬剤師の立場からアドバイスをし、患者さんの栄養改善に寄与しています。

メンバー紹介

 薬剤部長 藤本 和利
 副薬剤部長 蟻川 勝
 薬剤師 全15名
  • 日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 4名
  • 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 2名
  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 2名
  • 日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士 2名
  • 日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師 1名
  • 日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士 1名
  • 公認スポーツファーマシスト 1名