ページの先頭へ

病院のご案内

診療科・部門

心臓血管外科

医 長 佐久間 啓
医 師 佐藤 真剛

 当院では、昭和39年より心臓手術を始め、昭和42年からは体外循環を導入し、それ以来約3000例の心臓血管手術を行ってきました。当初は、複雑心奇形を含む先天性心疾患や弁膜症が主でしたが、最近では、後天性心疾患を中心に、弁膜症、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、大動脈瘤などの治療、手術を行い、成人の先天性心疾患、動脈硬化による末梢血管疾患、深部静脈血栓症などの下肢静脈病変、不整脈におけるペースメーカー治療に対しても外科、循環器内科と連携し診療をしております。また、虚血性心疾患では心拍動下の冠動脈バイパス術、心房細動に対する不整脈手術(メイズ手術)も積極的に行っております。

対応疾患・治療方針

 以下のような疾患を中心に診療を行っています。

心臓弁膜症 僧帽弁、大動脈弁の狭窄や逆流(閉鎖不全)、三尖弁閉鎖不全など
虚血性心疾患 狭心症、心筋梗塞及びこれに伴う合併症(心破裂、心室中隔穿孔など)
大動脈解離・大動脈瘤 急性及び慢性大動脈解離、胸部大動脈瘤
不整脈 心房細動、房室ブロック、洞機能不全症候群
先天性心疾患 心房中隔欠損症など
末梢血管疾患 腹部、下肢の血管障害(動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞症など)
その他 心臓粘液腫など
治療実績

2000年10月から2012年12月までに行われた全身麻酔による手術総数は604例でした。

  総数 死亡(%)
冠動脈バイパス術* 251 7(2.8%)
弁膜症手術 177 3(1.7%)
大動脈瘤手術 103 11(10.7%)
その他の手術 73 4(5.5%)

*心拍動下の冠動脈バイパス術は内119例/ペースメーカー移植手術は年間約50例行っております。

治療のご紹介

 治療の方法はそれぞれの患者さんの病状に合わせて選択されますが、治療内容及び治療経過がパターン化しているいくつかの治療法は、"クリニカルパス" として入院から退院までがあらかじめ決められたスケジュールですすめられます。

 手術日は毎週火曜日、外来日は月、金曜日で、再来と新患にも随時対応しております。心臓血管に関してお困りのことがありましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ

〒311-3193 東茨城郡茨城町桜の郷280
水戸医療センター
電話:029-240-7711  FAX:029-240-7788

診療科・部門一覧に戻る