独立行政法人 国立病院機構 山形病院は、患者さんに優しく、信頼される医療で社会に貢献します。

023-684-5566

病院のご案内

院長あいさつ

独立行政法人 国立病院機構 山形病院のホームページにようこそ

平成16年に独立行政法人となった国立病院機構は全国に141病院あり、それぞれの地域で慢性期医療(旧国立療養所系)や急性期医療(旧国立病院系)を展開しております。私どもの山形病院は従来から、重症心身障がい、てんかんを含む神経難病、リハビリテーション、呼吸器疾患などの診療を主に行ってきました。
病院長 川並 透病院長 川並 透
当院の特徴は3つあります。
1. 県内の他病院にはない専門的医療を展開していること。すなわち、神経難病にあっては、山形県神経難病センターとして病気の診断から慢性期治療までを一貫して行い、短期医療入院や在宅支援まで担当診療所との密な連携のもとに施行しております。リハビリテーションは、急性期病院からの紹介を得て在宅に返すべく回復期のリハビリテーションを行うのみならず、山形県よりの委託事業として高次脳機能障がい者支援センターにて障害者の社会復帰の支援を行っております。てんかんは、てんかんセンターとして東北各地から外来患者の紹介があります。
2. 全国的なネットワークを利用して様々な研究をしていることです。当院の臨床研究部では神経難病の病態解明、治療法の開発及び療養環境に関する研究を進めており、積極的に多施設共同研究や大規模臨床研究に参加しております。また、治療薬の開発が活発なてんかん領域では、全国規模の薬剤治験にも数多く参加しております。
3. 当院には3年過程の附属看護学校があり、山形県をはじめとする県内関係機関の協力を得てすでに1200名以上の卒業生を出しています。当院はもちろん、県内の基幹病院、機構病院に就職し全国で活躍しています。

当院の理念は、
「患者さんに優しく、信頼される医療で社会に貢献します」であります。
地域社会からの信頼の上に立って、
これからも国民と社会に貢献する山形病院をめざしてまいりたいと思います。

理念(ミッション)

患者さんに優しく、
信頼される医療で社会に貢献します

1. 神経難病(てんかん含む)、重症心身障がい、リハビリテーション、結核、高齢者医療に対して良質な医療を提供します。
2. 医療連携を密にして地域に開かれた病院を目指します。
3. 良き医療人として、知識・技術と人間性を養い、常に自己研鑽に努めます。
4. 医師、看護師等の人材を確保し、健全な経営基盤を構築します。

権利

1. 良質な医療を受ける権利

  • 誰でも、安全で良質な満足のいく医療を、平等に受ける権利があります。

2. 人格を尊重される権利

  • 個人の人格や価値観が尊重され、医療提供者との相互協力関係のもとで医療を受ける権利があります。

3. 十分な説明を受ける権利

  • 病気、検査、治療等について、あるいは他の治療方法について、納得されるまで十分な説明を受ける
    権利があります。また、ご自身の診療録の開示を請求する権利があります。

4. 自己決定の権利

  • 十分な説明と情報提供を受けた上で、ご自身の意志で治療方法を選択したり、他の医療機関を
    選択する権利があります。
  • 診療の過程で得られた個人情報やプライバシーが守られ、個人の尊厳が保たれる権利があります。

責務

1. 情報を提供し、治療に協力する責任

適切な医療を受けるために、健康状態に関する正しい情報を提供し治療に協力する責任があります。

2. 迷惑行為を行わない義務

皆様が等しく適切な医療を受けられるようにするため、他の患者さんや病院職員の迷惑(威圧・暴力行為等)
にならないようにする義務があります。

3. 診療費を支払う義務

病院の運営は診療費によって行われますので、医療費の支払い請求をうけたら支払う義務があります。

沿革

昭和49年10月1日 国立療養所左沢光風園(病床数290床)と、国立療養所山形晴山荘(病床数150床)と統合により、国立療養所山形病院(病床数:結核156床、一般254床 計410床)として開設
昭和58年4月1日 結核54床を一般病棟に種別変更する
平成14年4月1日 結核102床を集約し、50床とする。
(病床数:結核50床、一般308床 計358床)
平成15年8月1日 一般病棟18床数を減少する。
(病床数:結核50床、一般290床 計340床)
平成16年3月1日 一般病棟32床数を減少する。
(病床数:結核50床、一般258床 計308床)
平成16年4月1日 独立行政法人移行に伴い、
『独立行政法人 国立病院機構 山形病院』に名称変更
(病床数:結核50床、一般258床 計308床)
平成24年12月2日 結核病棟20床を一般病棟20床に種別変更する。
新病棟(6階建)に移動
(病床数:結核30床、一般278床 計308床)
平成30年4月1日 結核病床30床を廃止し、一般病床22病床を増床する
(病床数:一般300床(うち結核モデル病床6床)

概要

所在地

〒990-0876山形県山形市行才126番地2

当院は、山形市中心部から北西7km、国道112号線沿いの内表地区に位置し、東方には奥羽山脈を望み、西方には朝日連峰と霊峰月山がそびえ、南方には市内中心部を望見できる田園地帯に所在しており、
療養には最適な環境にあります。

電話番号

023-684-5566
023-684-2519

交通案内

バス利用の場合
  • 山形市内方面からの方は
    山形病院(桧町・嶋)又は(西田・瀬波)行乗車、山形病院にて下車(約30分)
    寒河江・谷地(荒町南)行に乗車、山形病院口にて下車、徒歩4分(約25分)
  • 寒河江方面からの方は
    山交ビル行に乗車、山形病院口にて下車、徒歩3分
タクシー利用の場合
  • 山形駅より所要時間20分
  • 北山形駅より所要時間15分
車利用の場合
  • 寒河江I.Cより山形市方面へ約15分(10km)
  • 山形蔵王I.Cより寒河江方面へ約40分

©2013 獨立行政法人国立病院機構山形病院 All Right Reserved.

023-684-5566
〒990-0876
山形県山形市行才126番地2