独立行政法人 国立病院機構 静岡医療センター附属静岡看護学校

トピックス

学校紹介

教育理念・教育目的・教育目標・沿革・特色

教育課程

実習施設

校内演習

資格・進路

学校施設

学校生活

入試案内

当校へのアクセス

お問い合わせ

トップページへ

 

いずみ寮

自己点検自己評価第三者評価結果

教育理念・教育目的・教育目標・沿革・特色

 

教育理念

本学は、社会に貢献しうる看護の専門職業人の育成をめざす独立行政法人国立病院機構の看護師養成機関である。

看護学は、人間と人間との相互関係を基盤とし、科学的思考に基づいた看護実践をとおして修得できる実践的学問である。本校はこの実践的学問としての看護学を教授することにより、看護の基礎的能力を身につけ、生涯にわたり真摯な態度で看護を追究することのできる専門職業人を育成することを理念とする。さらにいのちに対する畏敬の念をもった人間性豊かな学生を育てることをめざすものである。

教育目的

看護師として必要な知識及び技術を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献しうる有能な人材を育成することを目的とする。

教育目標

1.

看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として幅広く理解し、看護師としての人間関係を形成する能力を養う。

 

2.

看護師としての責務を自覚し、倫理に基づいた看護を実践する基礎的能力を養う。

3.

科学的根拠に基づき、看護を計画的に実践する基礎的能力を養う。

4.

健康の保持・増進、疾病の予防及び健康の回復に関わる看護を、健康の状態やその変化に応じて実践する基礎的能力を養う。

5

保険・医療・福祉システムにおける自らの役割及び他職種の役割を理解し、他職種と連携・協働する基礎的能力を養う。

6.

専門職業人として、最新知識・技術を自ら学び続ける基礎的能力を養う。

学校の沿革

昭和3891

国立沼津病院附属高等看護学院創立

昭和4241

国立沼津病院と国立三島病院の組織統合により国立東静病院附属高等看護学院と名称変更

昭和50420

国立東静病院附属看護学校と名称変更

昭和5141

学校教育法82条の第2項に規定する専修学校(看護専門課程)となる

平成841

国立浜松病院附属看護学校と統合し国立東静病院附属看護学校として発足

平成1641

母体病院の名称変更に伴い独立行政法人国立病院機構静岡医療センター附属静岡看護学校と名称変更

_MG_2417

特色

私たちの学校は全部で144病院を有する国立病院機構が母体です。
国立病院機構には、42校の病院附属の看護学校、5校の助産学校があり、毎年優秀な卒業生を送り出しています。
本校最大の特色は、地域循環器病センターの役割も担う隣接の母体病院・静岡医療センターをはじめ、複数の国立病院機構の病院と連携した教育をしているところです。
充実した指導体制と多くの先輩たちの指導のもとで看護の知識・技術、そして心の学びを得ることができます。

 

 

Copyright Nursing School of Shizuoka Medical center. All rights reserved.