院長挨拶このページを印刷する - 院長挨拶

院長 中野浩

春風の心地よい季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


私儀、平成30年4月1日より、前任の梅本琢也院長を引き継ぎ、国立東静病院から続く、この歴史ある静岡医療センターの病院長を務めることになりました。また、同じく歴史ある附属看護学校長として就任いたしました。どうぞよろしくお願い申し上げます。


私は、3年前に、聖マリアンナ医科大学よりの出向教授として、当院副院長に就任いたしました。専門領域は消化器外科・肝胆膵外科ですが、当院に就任後は、専門分野のほかに、内科2次救急医療に携わり、沼津三島駿東田方地区の内科系救急医療の現状も実体験し、3年の間に、この地域の医療にいかに貢献していくかの経験を積んでまいりました。


静岡医療センターは昨年10月、静岡富士病院と統合し、これまでの「心筋梗塞や大動脈瘤などの循環器疾患医療」、「がん・脳卒中などの成人病疾患医療」、「救急・総合診療」、「眼科・口腔外科医療」等に加え、新たに溝口副院長をお迎えして「重症心身障害・神経難病医療」が加わることになり、国立病院機構ならではの医療分野が加わりました。そして、この4月には、リウマチ・アレルギー・膠原病内科を専門とされる岡﨑新副院長をお迎えすることができ、また、呼吸器診療の拡大など、内科系医療の充実化が実現しようとしています。一方、産科の閉鎖、小児科の縮小など、静岡医療センターの医療再建に関して、新院長にかかる課題は数多くあるのが現状です。しかしながら、当院は、初期臨床研修医の研修施設として若手医師の育成に努め、新専門医制度の基幹病院、連携施設として、静岡県東部の専門医育成に貢献し、そして、病院理念にありますように、地域の皆様から信頼される高度医療を提供するため、医療機器の充実を図り、健全な病院経営を続けていく所存です。また併せて、より働きやすい職場環境に整える取り組みについても引き続き職員の皆様の協力をいただき邁進する所存です。


当院は、昨年10月に、電子カルテシステムが更新され、そしてこの4月からの診療報酬改定に対応して地域医療に邁進いたします。医療機関は利益を上げることが目的ではありませんが、建物や設備の更新などには莫大な費用が必要です。それらの資金として、国立病院機構の病院であっても、一定の利益を上げる必要があることをご理解いただきたいと存じます。


私は、今後も、15年間外科医として過ごした母校昭和大学、4年間を肝胆膵・移植外科医として過ごしたフランス・ルイ・パスツール・ストラスブール大学、そして外科指導者として過ごした聖マリアンナ医科大学での臨床経験を基に、静岡県東部地区の医療の発展に貢献していく所存です。そして、静岡医療センターは、スタッフ一同、一致団結して、これからも地域の皆様の健康を守るために努力を続けて参りますので、引き続きご支援のほど賜りますようよろしくお願い申し上げます。


    

 

2018年4月

    

国立病院機構静岡医療センター

院長 中野浩