採用情報

内科専門研修 内科専攻医募集の案内

臨床研修センター長


 来年度(2019年度)は2018年4月から開始となった新制度の2年目となります。当院も、内科領域の新専門研修制度の基幹病院としての2年目を迎えます。北多摩北部医療圏及び近隣医療圏にある連携施設とで実施する内科専門研修プログラムを作成し、研修期間は基幹施設(当院) 2年間+連携施設1年間の3年間となっています。来年度も募集人数は3名です。当院を基幹施設としたプログラムの連携病院は、多摩北部医療センター、公立昭和病院、東京都立多摩総合医療センター、国立病院機構東京医療センター、国立病院機構相模原病院、東邦大学医療センター大橋病院です。

 国立病院機構東京病院内科専門研修プログラム
 募集人員: 3名
 募集期間: 第一次:10月中旬ごろを予定(日本専門医機構の方針による)
       募集期間の前に、事前の見学を受け付けています。
 連絡先:  臨床研修センター長 永井 英明 hnagai-in@tokyo-hosp.jp
 選考方法: 面接・小論文を予定。
 提出書類: i). 応募申請書(様式をダウンロードして直筆で記入)
       ii). 履歴書 (市販書式に準ずる)

 プログラムの詳細は今後、専門医機構から公表される「独立行政法人国立病院機構東京病院内科専門研修プログラム」を参照いただければと思います。

 東京病院内科専門研修の特徴として、主担当医として、入院から退院・外来まで可能な範囲で経時的に、診断・治療の流れを通じて、一人一人の患者の全身状態、社会的背景・療養環境調整をも包括する全人的医療を実践することを目指します。
 当院では、呼吸器領域での専門性が高く患者数も多いことから、呼吸器領域のsubspecialtyを視野に入れた内科専攻医のためのプログラムを整えて、内科領域全般の診療能力の習得と共に、呼吸器内科専門医につながる内容で研修し、呼吸器内科専門医に向けた準備期間としても位置付けられます。
 地域包括ケアシステムにおける中核病院の1つとして地域医療連携体制の一翼を担う医療機関でもあるため、頻度の高い一般的な疾患の経験はもちろん、超高齢社会を反映し複数の病態を持った患者の診療経験もでき、高次病院や地域病院との病病連携や診療所(在宅訪問診療施設などを含む)との病診連携も経験できます。
 東京病院は、全国142病院で構成される独立行政法人国立病院機構の施設であり、当機構が主催する研修やフェローシップ制度などを通して質の高い専攻医育成に努めています。また臨床研究部が設置されており、国内及び海外学会発表や和文・英文論文のサポートをしています。また、専攻医も研究活動に参加することが可能です。
 希望者は敷地内の宿舎や院内保育所の利用も可能です。院内図書室、インターネット環境も充実しています。院内での指導医による講義が多数用意され、多摩地区、都心での勉強会にも参加可能です。当直室以外の仮眠室、シャワー室もあります。
 当院はこれまでも、@呼吸器内科医を目指す後期研修医、A将来の希望は呼吸器内科ではないが、内科医をするうえで呼吸器の専門知識が必要なので押さえておきたい後期研修医、B後期研修が終わって医師6年目以降のSubspecialty研修として呼吸器内科を選択した医師など、多数の医師の研修を受け入れています。ちなみに平成29年度は、医師免許取得後3年目の医師3名、5年目の医師1名、6年目の医師2名、10年目の医師1名の計7名を専修医*として新たに受け入れ、総勢15名の専修医が呼吸器内科に所属しています。(*:専修医は国立病院機構が運営する、初期研修終了後に専門医を目指す医師を育てるための制度です)
 当院は数多くの基幹病院の連携施設としても内科専門研修に参加しており、多摩北部医療センター、公立昭和病院、国立病院機構東京医療センター、国立病院機構相模原病院、東邦大学医療センター大森病院、東京大学医学部附属病院、東京慈恵会医科大学附属病院、東邦大学医療センター大橋病院、杏林大学医学部附属病院、東京女子医科大学病院、関東中央病院、多摩総合医療センターを基幹病院として連携もしています(これも今後の審査結果により変更の可能性あり)。

 参考に、申請プログラムに記載した、当院を基幹施設とした場合の3年間の研修例を記載します。

ページのトップへ