地域医療連携部門

東京都がん診療連携協力病院について

独立行政法人国立病院機構東京病院はこのたび、地域のがん診療の中核的な役割を
担うものとして、必要な要件を満たし、平成29年4月付で東京都知事から「東京都がん
診療連携協力病院(肺がん)」の承認を受けました。

◆東京都がん診療連携協力病院とは
 肺がん、胃がん、大腸がん、肝がん、乳がん及び前立腺がんの6つの部位ごとに、
 専門的な医療を提供している病院を「東京都がん診療連携協力病院」として、東京都が
 独自に認定しています。


※画像をクリックでPDFが開きます
ページのトップへ