その他の職員

医療社会事業専門員

医療社会事業専門員(医療ソーシャルワーカー)は、社会福祉の立場から、患者やその家族の方々が抱える療養中の心理的・社会的問題、経済的問題、退院援助、社会復帰援助などの相談支援を行っております。

応募要項

応募資格

社会福祉士または精神保健福祉士免許所有者
または、免許取得見込みの者

応募(選考)方法

詳細は各病院にお問い合わせ下さい。

待遇
身分 独立行政法人国立病院機構職員
給与

独立行政法人国立病院機構給与規程による(平成28年4月1日現在)

■ 基本給(初任給)
・大学卒(4年) 182,200円程度
・短大卒(2年) 166,400円程度

■ 諸手当
・業績手当 (賞与部分年間4.20月分程度)
・住居手当 (借家は月額最高27,000円支給)
・通勤手当 (月額55,000円まで全額支給)
・その他諸規定に基づき手当支給

休日・休暇 原則として4週8休(週38時間45分勤務)
有給休暇あり、その他夏季休暇等有給の休暇あり

先輩からのメッセージ

平成20年度採用 田川美郷(金沢医療センター)

当院は、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、エイズ拠点支援病院、地域周産期母子医療センターなどの指定を受けており、ソーシャルワーカーは地域医療連携室に所属し医療福祉相談やがん相談を担っています。
当院にはソーシャルワーカーが5名配置されており、病棟担当制をとり業務を行っています。相談は退院支援、受診・受療の支援、経済的問題への支援、家族への支援、社会復帰支援と多様であり、年間1万件以上の相談を受けています。
所属機関より急性期病院として早期退院が求められる中で、患者さんや家族との面接を通し社会的状況を理解し、患者さんや家族自身が持っている力を十分に発揮できるように、日々研修への参加も行い努めています。

資料請求をご希望の方はこちらから
資料請求
このページの先頭へ