コメディカル職員

薬剤師

チーム医療を推進し、より安全で効果的な薬剤による治療を私達がしっかりと支えていきます。

疾病構造の変化、医療技術の高度化、患者ニーズの多様化など我が国の医療を取り巻く環境が大きく移り変わる中、各医療スタッフが高い専門性を発揮し、目的と情報を共有して医療を提供するチーム医療が求められています。
このような状況において、医療チームの一員としての病院薬剤師の役割と職能は、ますます拡大・多様化しています。

国立病院機構の薬剤科では、医薬品の管理から調剤、製剤、医薬品情報管理、薬剤管理指導、治験管理、臨床研究にいたるまで薬に関わるあらゆる業務に対して積極果敢に取り組んでいます。そして、これら多岐にわたる薬剤科業務をそれぞれ相互連携させ、医薬品の適正使用を推進し、医療チームの一員として安全かつ有効な薬物療法の実施につなげています。また、チーム医療を推進することができる薬剤師の育成にも力を注いでおり、多くの薬剤師が各種専門薬剤師を取得しています。

国立病院機構は、わが国最大の医療ネットワークであり、政策医療を効率的・効果的に実施できる体制が整っています。このネットワークを活用して、薬剤部門としては、がん、循環器病、精神疾患といった政策分野ごとのエビデンスの集積や、地域との医療・健康に関する交流、災害医療班への参加など幅広い分野での取り組みも進めています。 さらに、東海北陸グループの薬剤師は、国立病院機構のネットワークでつながり、日常業務から得られた知識、情報を共有することにより、個々人のスキルアップのみならず、薬剤科機能の向上に努めています。

日進月歩する医療の中で、薬剤師が患者さん中心の医療チームに参画し、その能力を発揮することが期待されています。業務の拡大・展開に積極的に対応していくためにも、国立病院機構においては、情熱のある優秀な人材を求めています。

フィジカルアセスメント

抗がん剤の調製

病棟薬剤業務

病棟薬剤業務

薬剤管理指導

薬剤科カンファレンス

応募要項

採用予定人数

若干名(平成29年度採用)
5~10名程度(平成30年4月)

応募資格
  1. 薬剤師免許所有者
    または、平成30年3月卒業で薬剤師免許取得見込みの者
選考試験

■ 選考日程

  1. 一次選考(平成29年6月上旬)
    書面審査にて実施いたします。
    結果については、6月中旬頃に文書にて本人あてに通知します。
  2. 二次選考(平成29年7月上旬)
    面接および小論文にて実施します。
    選考日時等は一次選考の結果にあわせて通知します。

  3. ※平成29年度採用についての日程は別途本人あてに通知します。

■ 二次選考会場

東海北陸グループ会議室

応募手続

■ 提出書類

  履歴書

別紙様式

卒業見込証明書 成績証明書 免許証(写)
免許所有者    
免許取得見込者  
提出期限

平成29年6月2日(金)必着
平成29年度採用の募集分は随時受け付けております。

提出方法

提出書類及び返信用封筒(23cm×12cmサイズに住所、氏名を記入のうえ82円切手を貼ったもの1通)を同封し、下記の提出先まで郵送して下さい。

<提出先>  〒460-0001 名古屋市中区三の丸4-1-1
           東海北陸グループ 医療担当 薬事専門職 宛

<連絡先>  東海北陸グループ 人事担当 電話:052-968-5171 

待遇
身分 独立行政法人国立病院機構職員(非国家公務員)
給与

独立行政法人国立病院機構給与規程による(平成29年4月1日現在)

■ 基本給(初任給)
・大学卒(6年) 206,800円程度

■ 諸手当
・業績手当 (賞与部分年間4.20月分程度)
・住居手当 (借家は月額最高27,000円支給)
・通勤手当 (月額55,000円まで全額支給)
・医療専門資格手当(がん専門薬剤師 月額3,000円)
・その他諸規定に基づき手当支給

休日・休暇 原則として4週8休(週38時間45分勤務)
有給休暇あり、その他夏季休暇等有給の休暇あり
その他 提出書類はお返しできませんので、ご了承ください。

勤務先について

東海北陸グループ内の病院薬剤師の欠員状況に応じて採用されますので、採用となる病院は当グループ内の国立病院機構病院が対象となります。(「東海北陸グループ病院一覧」のとおり)

薬剤師として採用された後、主任薬剤師、副薬剤部長、薬剤部長と昇任する制度があります。国立病院機構の病院のほか、国立研究開発法人国立高度専門医療研究センター及び国立ハンセン病療養所を含めた病院間において人事異動(人事交流)が行われます。更に、希望により厚生労働省(東京都)等への人事交流があります。

採用候補者登録選考について

今回実施する採用候補者登録選考とは、採用を決定する試験ではなく、国立病院機構東海北陸グループ内の病院の薬剤師に欠員が生じ、補充の必要がある場合に採用する者を登録するための試験です。

主な取得資格

がん専門薬剤師、がん薬物療法認定薬剤師、がん指導薬剤師、感染制御専門薬剤師、感染制御認定薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師、HIV感染症薬物療法専門薬剤師、精神科薬物療法認定薬剤師、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師、認定実務実習指導薬剤師、日本臨床薬理学会認定CRC、日本糖尿病療養指導士、NST専門薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師、日本褥瘡学会認定薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、日本医療薬学会指導薬剤師 等

採用後の教育研修

1.東海北陸グループ開催研修会

東海北陸グループの職員を対象とした様々な研修会が毎年行われています。これらは、薬剤師単独ではなく医師、看護師、コメディカル、事務職員とともに行うワークショップ主体の研修で、チーム医療を行ううえでの職種間の連携強化に役立つものとなっています。

研修の詳細はこちらから

2.東海北陸国立病院薬剤師会の活動

東海北陸の国立病院機構に勤務する薬剤師は自主的に東海北陸国立病院薬剤師会を組織し、薬剤師の倫理・学術的水準を高め、薬剤業務全般の向上発展と会員相互の親睦を図っています。また、チーム医療を推進することができる薬剤師の育成にも努めています。

改善前
改善後

先輩からのメッセージ

平成26年度採用 上田真也(北陸大卒、静岡医療センター)

病棟業務を楽しんでいます。

国立病院機構金沢医療センターで実務実習を受け、忙しくも楽しみながら実習を行うことができ、出会った薬剤師の先生方に憧れて国立病院機構に就職しました。
国立病院機構は薬剤師の病棟業務に力を入れているため、1年目から病棟業務に積極的に参加しています。早い時期からの活動で不安もありましたが、先輩方のアドバイスもあり業務を行うことができています。病棟業務では医師や看護師と回診を行い、コミュニケーションをとっています。
また、他職種とも意見交換を行い積極的にチーム医療に参加しています。他職種との距離がとても近いことで仕事を楽しく、やりがいのあるものにしていると感じています。2年目からはICTにも関わりはじめ、専門のチーム医療にも参加し充実した時間を過ごしています。

平成13年度採用 小林純子(北陸大院修、東尾張病院)

極められます!

東海北陸地区の病院はその規模や専門とする医療も様々で、全く縁がないと思う分野の病院、診療科で勤務することもあります。私は、精神科専門病院の榊原病院で常勤として採用され、その後、精神科専門病院の東尾張病院、名古屋医療センターへ異動し、現在、再び東尾張病院で勤務しています。
精神科薬物療法認定薬剤師なので、名古屋医療センターでも精神科病棟を担当しました。精神科の薬剤師業務は、急性期から関わり、回復期、再発予防期と連続して患者とともに回復を目指し、退院後も良い状態を保てるよう関わることだと思います。
就職した頃は、まさか精神科ばかりに関わるとは思っていませんでしたが、このように総合病院における精神科、精神科専門病院を経験できるのも国立病院機構ならではの面白みだと思います。

平成25年度採用 清 真緒(名城大卒、三重中央医療センター)

新人薬剤師、薬学生教育の現場

三重中央医療センターでは、薬学生の受け入れを積極的に行っています。当院では調剤業務、病棟業務だけでなく、他部署の見学も行っています。内容としては検査科、放射線科、リハビリテーション科の見学をさせていただいています。さらに手術の見学も行っています。多くは整形外科の手術を見学させていただくことが多いです、私の担当病棟が整形外科ということもあり、学生さんの引率というかたちで手術を見学させていただき、手術中使用する麻酔薬、手術の流れなどについて学ぶ機会をあたえていただきました。
国立病院機構では実習生を積極的に受け入れることで後輩の育成にも力を入れています。当院では新人薬剤師に対しても教育体制が整っており、新人一人ずつに教育担当がついてくださり、わからないことはすぐに質問できます。
新人のころ不安もありましたが、病棟業務も教育担当のアドバイスのもと頑張ることができました。

平成19年度採用 北山聡子(金沢大院修、機構本部総合研究センター)

国立病院機構本部、臨床研究

国立病院機構本部総合研究センター(東京都目黒区)は国立病院機構病院における臨床研究・治験を推進するために設置された部門です。治験依頼者である製薬企業の総合的な窓口業務や、厚生労働省・文部科学省のプロジェクトの推進、臨床研究・治験に関連する体制整備を始めとした各施設への支援や管理などを行っています。
私は東海北陸グループで病院薬剤師として採用されましたが、現在はこの本部総合研究センターに所属し臨床研究・治験の事務局員として勤務しています。

ここ数年で日本における臨床研究・治験を取り巻く環境が大きく変化していることもあり、業務は多忙ではありますが、本部では病院勤務では得られない貴重な経験をすることができます。病院薬剤師という枠を超えて、医療の発展に貢献できる仕事に携わることができるのも、国立病院機構の大きな魅力だと感じています。

資料請求をご希望の方はこちらから
資料請求
このページの先頭へ