コメディカル職員

管理栄養士

より患者ニーズにあった「栄養状態の把握と管理」安全な食事の提供を目指します。

医療の分野は日進月歩で進んでおり、臨床栄養学についてもさまざまな病状と食事療法が密接になり、特別食の種類や内容もどんどん複雑化するなど、管理栄養士の最新の知識が必要とされるため、管理栄養士の活躍が期待されています。

現在、東海北陸グループ管内の管理栄養士は80名余り。
「栄養」についての専門性を活かし、多職種と一緒になってできるという魅力があることから、チーム医療に参画し管理栄養士として毎日臨床の現場で活躍しています。
また、「医食同源」といわれるように、栄養状態の維持、改善を「食」という視点からサポートし、栄養管理、献立作成に活かしています。

国立病院機構での栄養士業務から得られた情報は、各種統計・経営分析・研究会・各種学会・臨地実習生への教育指導などで活用・発表され、個々人のスキルアップのみならず、栄養管理室の向上に努めています。

NST

NST

自主勉強会

学会発表

協議会

学会発表

応募要項

採用予定人数

若干名(平成30年4月)

応募資格
  1. 管理栄養士免許所有者
    または、平成30年3月卒業で管理栄養士免許取得見込みの者
選考試験

■ 選考日程

  1. 一次選考(平成29年6月下旬)
    書類審査にて実施します。
    結果については、7月初旬頃までに本人あてに通知します。
  2. 二次選考(平成29年7月中旬~)
    面接および小論文にて実施します。
    選考日時等は一次選考の結果にあわせて通知します。

■ 二次選考会場

東海北陸グループ 会議室

応募手続

■ 提出書類(A4サイズに縮尺調整したもの)

  履歴書

別紙様式

卒業見込証明書 成績証明書 免許証(写)
免許所有者  
免許取得見込者  
※大学院生は大学の成績証明書も提出すること

提出期限

平成29年6月19日(月)必着

提出方法

提出書類及び返信用封筒(23cm×12cmサイズに住所、氏名を記入のうえ82円切手を貼ったもの1通)を同封し、下記の提出先まで郵送して下さい。

<提出先>  〒460-0001 名古屋市中区三の丸4-1-1
 東海北陸グループ 医療担当 栄養専門職 宛
<連絡先>  東海北陸グループ 人事担当 電話:052-968-5171
待遇
身分 独立行政法人国立病院機構職員
給与

独立行政法人国立病院機構給与規程による(平成29年4月1日現在)

■ 基本給(初任給)
・大学卒(4年) 184,400円程度
・大学卒(2年) 162,200円程度
 (実務経験により加算有り)

■ 諸手当
・業績手当 (賞与部分年間4.20月分程度)
・住居手当 (借家は月額最高27,000円支給)
・通勤手当 (月額55,000円まで全額支給)
・その他諸規定に基づき手当支給

休日・休暇 原則として4週8休(週38時間45分勤務)
有給休暇あり、その他夏季休暇等有給の休暇あり
その他 提出書類はお返しできませんので、ご了承ください。

勤務先等について

東海北陸グループ内の管理栄養士の欠員状況に応じて採用されますので、採用となる病院は原則として、当グループ内の国立病院機構病院が対象となります。(「東海北陸グループ 病院一覧」のとおり)

管理栄養士として採用された後、主任栄養士、副栄養管理室長、栄養管理室長と昇任する制度があります。国立病院機構の病院のほか、国立研究開発法人国立高度専門医療研究センター及び国立ハンセン病療養所を含めた病院間において人事異動(人事交流)が行われます。

採用候補者登録選考について

今回実施する採用候補者登録選考とは、採用を決定する試験ではなく、国立病院機構東海北陸グループ内の病院の管理栄養士に欠員が生じ、補充の必要がある場合に採用する者を登録するための試験です。

先輩からのメッセージ

平成15年度採用 島田 真理(石川病院)

楽しく学びながら一緒に仕事をしませんか!

私は神経難病・重症心身障害児(者)の慢性疾患や外科・整形外科などの一般急性疾患の診療機能をもっている石川病院で主任栄養士として勤務しています。主な業務は献立作成・食材検収などの給食管理と、栄養指導・NSTなどの栄養管理です。
国立病院機構は、本部・各グループ・各病院での教育・研修が非常に充実しています。その中で、私は東海北陸グループ主催の「チーム医療推進のための研修」を受講して、NST専門療法士の受験資格である「認定教育施設での40時間の実地修練」を修了し、NST専門療法士認定資格を取得することができました。また、主任栄養士になった後に、「中間管理者研修」を受講して中間管理者としてのスキルを学び、日々の業務に活かしています。日々の仕事の中で、自身の知識のスキルアップができる環境は、とてもありがたく感じています。
皆さん、楽しく学びながら一緒に仕事をしませんか。

平成18年度採用 前田 篤史(静岡富士病院)

特殊な領域だからこそのやりがい

国立病院機構では、国の指定難病や重症心身障がい児(者)の長期療養を担う施設も多く、当院もその一つです。
特殊な分野であるが故に、栄養学の教科書を見ていても病名すら出てこないようなものも多く、栄養管理において壁にぶつかった時、とても苦労をしています。
しかし、特殊な分野だからこそ切り開いていけるというやりがいを強く感じます。医師・看護師らと相談し、患者の状態を観察しつつ、PDCAサイクルで取り組んで、日々患者さんのために頑張っています。
また、国立病院機構では、他施設の栄養士とのつながりも強く、困った時には他施設の先輩や同僚たちとも相談しあえるので、心強く、日々の課題・難題にも挑んでいく事が出来ます。

平成25年度採用 本橋 卓也(豊橋医療センター)

チーム医療の一員として!

私は、愛知県東三河南部地域の基幹病院として地域医療を担っている豊橋医療センターにて勤務しています。NST専従栄養士としてチーム医療に関わらせていただき、多職種の方と知識を出し合い、患者様の為に何が最良かを考えています。時には専門外の知識を求められることもあり、多職種の方にアドバイスをもらいながら日々勉強しています。またNSTの介入により、患者様の栄養状態が良くなっていき、患者様から「ありがとう」と声をかけられたり、食事がしっかり食べられるようになるのを目の当たりにすると、とてもやりがいを感じます。症例によっては悩むこともありますが、そんなときには上司や先輩、同僚たちに相談することで、悩みを抱えることがほとんどなかったのは国立病院機構に入ってよかったと思います。これからも1人でも多く患者さまの栄養状態を改善し、笑顔で退院できるようチームの一員として頑張っていきたいと思います。

平成28年度採用 杉田 沙央理(名古屋医療センター)

日々勉強!病院栄養士としてやりがいを感じています。

私は昨年4月に名古屋医療センターに採用となり、糖尿病や高血圧症など様々な患者様の栄養指導や集団指導、献立作成などを行っています。また当院では栄養士一人ひとりが病棟を受け持っているため、毎日患者様のベットサイドに伺い、食事の摂取状況を確認しながら必要な栄養の投与ルート、食事内容を提案しています。週に1回、病棟の看護師さんや言語聴覚師の先生方とカンファレンスや回診を行い、患者様の栄養面でのサポートを多職種で取り組んでいます。患者様との対話や食事の様子、多職種の方々との関わりの中で得ることは大学時代でも学ばないことばかりで勉強の日々です。まだ勤務して一年目の若輩者ですが、緩和ケアや褥創回診などチーム医療にも参加させていただいており、貴重な経験を積んでいます。
  国立病院機構はグループ内での転勤があるため、現在働いている病院にはない医療分野を経験することができ、栄養士として大きく成長できることが魅力の一つだと思います。私自身も現在の急性期医療だけではなく、神経難病や筋ジストロフィーなどを扱う慢性期疾患にも携わり、さまざまな疾患への知識がある栄養士を目指していきたいと思っています。

資料請求をご希望の方はこちらから
資料請求
このページの先頭へ