コメディカル職員

児童指導員

あなたも国立病院で、障がい児(者)福祉のスペシャリストとして働いてみませんか。

児童指導員は、国立病院機構が担っている政策医療19分野のうち「重症心身障がい」、「神経・筋疾患」及び「成育医療」の実施にあたり、重症心身障がい、筋ジストロフィー及び小児慢性疾患等により入院されている患者さんとそのご家族への支援を保育士とともに行う職員(福祉職)です。
東海北陸グループ内の国立病院機構病院では、現在、下記の病院において重症心身障がい、筋ジストロフィー、小児慢性疾患に関する入院治療を行っています。

東海北陸グループ内の重症心身障がい児(者)、筋ジストロフィー児(者)、小児慢性疾患児支援病院

このような入院治療を必要とする重症心身障がい児(者)等へ障害者自立支援法に基づく療養介護サービス等の支援を通して、健全育成・福祉の増進等を図っています。
また、社会福祉・心理・教育の各分野で日常生活場面の直接支援から専門的でより高度な支援活動まで取り組んでおり、チーム医療において療育・福祉サービス支援部門のスペシャリスト(相談支援専門員またはサービス管理責任者、児童発達支援管理責任者)として、患者様のQOLの向上を目指して邁進しています。

重症心身障がい児(者)病棟の療育活動
(スヌーズレン)

重症心身障がい児(者)病棟の療育活動
(エアートランポリン)

重症心身障がい児(者)病棟の療育活動
(夏祭り)

外来ロビーでのホスピタルコンサート

ディズニーランドからの慰問

応募要項

採用予定人数

児童指導員 若干名(平成30年4月) 追加募集あり

応募資格
  1. 児童指導員の資格を有する者または平成30年4月に取得見込みの者

    ① 地方厚生局長の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校その他の養成施設を卒業し、
    児童指導員の資格を有する者

    ② 社会福祉士または精神保健福祉士の資格を有する者

    ③ 学校教育法の規定による大学の学部で、社会福祉学、心理学、教育学もしくは社会学を専修する学科またはこれらに相当する課程を修めて卒業した者

選考試験

■ 選考日程

  1. 一次選考(平成29年6月下旬)
    書類審査にて実施します。
    結果については、7月初旬頃に本人あてに通知します。
  2. 二次選考(平成29年7月中旬~)
    面接および小論文にて実施します。
    選考日時等は一次選考の結果にあわせて通知します。

■ 選考日程(追加募集)

  1. 一次選考(平成29年12月上旬)
    書類審査にて実施します。
    結果については、本人あてに通知します。
  2. 二次選考(平成29年12月中旬)
    面接および小論文にて実施します。
    選考日時等は一次選考の結果にあわせて通知します。

■ 二次選考会場

東海北陸グループ 会議室

応募手続

■ 提出書類

  履歴書

別紙様式

卒業見込証明書 成績証明書 免許証(写)
免許所有者    
免許取得見込者  
提出期限

■ 締切日

平成29年6月19日(月)必着

■ 締切日(追加募集分)

平成29年11月30日(木)必着

提出方法

提出書類及び返信用封筒(23cm×12cmサイズに住所、氏名を記入のうえ82円切手を貼ったもの1通)を同封し、下記の提出先まで郵送して下さい。

<提出先>  〒460-0001 名古屋市中区三の丸4-1-1
 東海北陸グループ 医療担当 療育専門職 宛
<連絡先>  東海北陸グループ 人事担当 電話:052-968-5171
待遇
身分 独立行政法人国立病院機構職員
給与

独立行政法人国立病院機構給与規程による(平成29年4月1日現在)

■ 基本給(初任給)
・大学卒(4年) 183,700円程度
・大学卒(2年) 168,000円程度

■ 諸手当
・特殊業務手当 (月額25,000円支給)
・業績手当 (賞与部分年間4.20月分程度)
・住居手当 (借家は月額最高27,000円支給)
・通勤手当 (月額55,000円まで全額支給)
・その他諸規定に基づき手当支給

休日・休暇 原則として4週8休(週38時間45分勤務)
有給休暇あり、その他夏季休暇等有給の休暇あり
その他 提出書類はお返しできませんので、ご了承ください。

勤務先等について

東海北陸グループ内の病院の児童指導員の欠員状況に応じて採用されますので、採用となる病院は当グループ内の重症心身障がい、筋ジストロフィー、小児慢性疾患病棟を併設する病院が対象となります。

児童指導員として採用された後、主任児童指導員、療育指導室長と昇任する制度があり、病院間において人事異動が行われます。

採用候補者登録選考について

今回実施する採用候補者登録選考とは、採用を決定する試験ではなく、国立病院機構東海北陸グループ内の病院の児童指導員に欠員が生じ、補充の必要がある場合に採用する者を登録するための試験です。

先輩からのメッセージ

平成15年度採用 阿尾 有朋(静岡てんかん・神経医療センター)

患者様の生活を支え、寄り添う

「児童指導員」とは何でしょう?私は、入職するまで本職種についてよく知りませんでした。実際、一年目に配置された病棟では、右も左もわからず先輩や他職種の方から日々お叱りを受ける有様でした。それでも、私が13年間現場に立ち続けて来られたのには理由があります。それは、患者様との関わり合いのなかに多くの学びや気づきがあることです。ある患者様はことばを話せませんが、声をかけると視線を向け、手を動かし応えてくれます。ある患者様は日常的に筋緊張が強いですが、抱っこをすると頬が緩みホッとした表情をされます。そして、こうしたことの積み重ねが患者様の生活を形づくっていることに気づかされるのです。
児童指導員とは、日々の関わり合いを通して患者様の生活を支え、寄り添うことのできる尊い仕事と言えるでしょう。あなたも私たちの仲間になりませんか。

平成19年度採用 番 里絵(長良医療センター)

生きがいを感じることができる仕事です!

私は教育学部を卒業後、青年海外協力隊としてアフリカで活動し、帰国後は国際協力に関わる仕事をしていました。その後、長良医療センターでボランティアをした事をきっかけに、児童指導員の職を選びました。
児童指導員の仕事は、病棟での生活支援、療育活動の計画・実施、他機関との連携等、多種多様です。現在は筋ジストロフィーと重症心身障がいの患者様の病棟を担当しています。一緒にカラオケをしたり、進路の相談を受けたりする中で、自分自身も患者様から学ぶ事が多いです。
児童指導員になり8年経った今でも、自分の経験や知識不足に悩む事は多いですが、患者様の人生を豊かにしていると実感できるこの仕事に生きがいを感じています。

平成28年度採用 中川 志穂(富山病院)

様々な方との関わりのなかで喜びを感じられる仕事です。

私は大学で社会福祉を学び、障がい児・者の方とその家族の支援がしたいと思い児童指導員を志望しました。
現在、重症心身障がい児者病棟で患者様と関わらせて頂いています。仕事内容は日常生活の支援や療育活動、行事の計画・運営、ご家族や病棟、各関係機関への連絡調整が中心です。日々の関わりのなかで患者様の笑顔を見たり、行事の際に患者様とご家族が楽しまれている姿が見られると喜びを感じます。患者様のよりよい病棟生活を考えていくなかで、他職種との協力は必要不可欠です。ケア会議では様々な職種の視点から患者様一人ひとりに合った支援を考えています。児童指導員はチーム医療の一員として成長することができる仕事です。

平成28年度採用 筒井 皓太(三重病院)

重症心身障がい児・者を知っていますか?

私が、児童指導員として初めて三重病院に来たとき、重症心身障がいってなんだろう?児童指導員って何するのだろう?と右も左も分かりませんでした。今では、療育活動や、行事の計画、個別支援計画の作成など様々な業務を行う事や、患者様とのふれあいを中心に障害の理解を深めています。また、病院のニュースレターに病棟の様子を掲載したり、地域のボランティアの方々と行事に参加して頂いたりと、重症心身障がい児・者を知ってもらえるように、ふれあいの場所が作れるようにしています。
病院の外に出る機会が少ないからこそ、多くの方に障害を知ってもらう事、関わりを持つことが必要だと思います。その機会をつくることが出来るのが、児童指導員だと思っています。

資料請求をご希望の方はこちらから
資料請求
このページの先頭へ