下肢静脈瘤の切らない治療法このページを印刷する - 下肢静脈瘤の切らない治療法

下肢静脈瘤の切らない治療法(血管内レーザー焼灼術)

 下肢静脈瘤とは長時間立つ仕事をされる方や妊娠、出産を契機に発生することが多い、下肢の静脈がぼこぼこと浮き出てくる病気です。これは血液が重力に逆らって心臓に帰るように静脈に逆流防止弁がついていますが、それが壊れて血液が下肢に鬱滞して起こる事が多く、加齢、女性、親族に同様の病気があると頻度が高いと言われています。症状は下肢の静脈のコブ、だるさ、浮腫み、倦怠感、かゆみ、疲れやすいなどの下肢の症状が中心で、夜間にこむら返りが起こることもあります。重症化すると色素沈着、皮膚硬結、難治性皮膚潰瘍などが起こり感染の原因となることがあります。治療としては保存的に下肢を圧迫し様子と見ることがありますが、壊れた弁ごと静脈を抜き取る手術を主に行っていました。しかし、平成23年1月よりレーザーで静脈を焼灼し、閉塞させる治療が保険適応となり当院でも導入することになりました。最近では、静脈を抜き取った手術と遜色のない結果も出てきています。手術を迷われていた方には朗報だと思います。すべての方に行える治療ではありませんが、保険適応となったため適応のある方は保険診療として受けることが出来ます。上記のような症状があり、気になっていた方や手術を迷われていた方は一度当院の胸部心臓血管外科外来を受診してください。一緒に治療していきましょう。
 

 平成23年1月に血管内レーザー焼灼術が保険適応となり、当院でも導入することに致しました。下肢静脈瘤の原因となる逆流した血管をレーザーで閉塞させる治療で、すべての方が治療対象にはなりませんが傷跡もほとんどない夢のような治療法を保険診療で受ける事が出来ます。下肢にぼこぼこと血管の拡張ある方、下肢に浮腫み、倦怠感、かゆみ、下肢のこむら返りが起こってきた方など、下肢に不安のある方は当院の胸部心臓血管外科外来の受診をおすすめ致します。