HOME > 診療科・部門 > 臨床研究部

診療科・部門

臨床研究部

当院臨床研究部の目的は、診療部門との密接な連携のもとに、主として呼吸器、神経病理及び神経・筋疾患に係る臨床活動を通じて提起される諸問題を究明し、その成果を臨床面に還元することです。

研究部は呼吸器障害利用研究室、神経病理研究室(室長:酒井神経内科部長)、神経・筋治療研究室(室長:久留臨床研究部長)からなります。呼吸器障害利用研究室では、結核を含む呼吸器感染症や間質性肺炎などの呼吸器難病の治療研究を、神経病理研究室では、神経・筋疾患の病理学的研究を、神経・筋治療研究室では、慢性神経難病の病態や患者のQOL等についての研究を行います。

当院はこれまでにも、臨床の傍らスモン、筋ジストロフィー、神経疾患の班会議へ参加し、研究成果を国内外の雑誌に発表するなど積極的な活動を行ってきた訳ですが、今回臨床研究を専門に行う部門が設立されたことにより、さらに研究活動を充実させることができると考えています。


 
ページトップへ戻る
Copyright © 2012 National Hospital Organization Suzuka National Hospital. All rights reserved.