1. ホーム
  2. 後期研修医募集
  3. リウマチ科

リウマチ科

研修、見学を希望される方へ

 国立病院機構相模原病院リウマチ科(内科)では、多数の関節リウマチ患者さん始め膠原病リウマチ性疾患の外来・入院診療をしており、これから研修し専門医を取る方はもちろん、既に専門医をお持ちの方でさらに臨床の研鑽を積みたい方、臨床研究に興味のある方なども、年次や出身大学(医局)を問わず医師を随時募集しております。

 当院は免疫異常(リウマチ・アレルギー)の中心施設として高度専門医療施設(準ナショナルセンター)に指定されており、日本リウマチ学会認定教育施設、日本内科学会認定教育病院となっております。整形外科と協力して「リウマチ人工関節センター」として紹介患者さんを積極的に受け入れ、手術適応のある患者さん等については整形外科と共同で診療しております。整形外科・リハビリテーション科の協力のもと患者さん向け講演会も年1回開催しております。

 関節リウマチ患者さんは年間約2000名、その他膠原病約300名の外来診療および年間400名以上の入院診療を行っております。特に関節リウマチにつきましては、各種生物学的製剤の使用はもちろん新薬治験も実施しております。関節エコー外来も行っており、同手技の習得を含め最先端のリウマチ診療を行うことができます。豊富な症例数に加え、腎臓専門医も在籍しており、定期的に虎の門病院 腎センター内科・リウマチ膠原病科および北里大学病院 膠原病・感染内科とのカンファレンスがあり、合併症を含め内科領域全般の知識を高めることができます。

 研究面では、当院が中心となって国内最大の関節リウマチ患者データベース「NinJa」を用いてデータ収集および解析を行い、国内外で積極的に学会・論文発表を行っております。その他各種臨床研究および学会参加等につきましても支援いたします。

 また臨床研究センター(研究室)では感染マーカー・好中球上CD64分子の測定を随時施行しており、即日結果が出ることにより感染症の鑑別・治療精度向上に貢献しております。
 他施設の大学院や研究室と連携し、当院で勤務の傍ら研究を行い学位を取得することも可能です。

 当院で臨床経験を積まれた先生方のその後の進路は開業から大学スタッフまで様々で、皆さん各方面で活躍されております。その他勤務条件など、ご興味のある方はお気軽にメール下さい。見学も歓迎です。

問い合わせ先:リウマチ科医長・橋本 a-hashimoto@sagamihara-hosp.gr.jp

このページのトップへ