1. ホーム
  2. 入院のご案内
  3. 医療安全管理室からのお知らせ

医療安全管理室からのお知らせ

医療安全管理室からのお知らせ

国立病院機構相模原病院では、患者さま・家族の皆さまにもリスクマネジメントに積極的に参加していただき、より安全に診療を行いたいと考えておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。

【疑問なこと・困ったことは、すぐに医療スタッフにお尋ね下さい】

いつもと違うと思ったり、不安に感じることは重要なことですので、遠慮なさらずに気軽に声をかけて下さい。
治療(検査・処置・手術等)について、担当医師・看護師等から説明を聞き、十分に納得されたうえでお受け下さい。疑問が生じたときは、いつでもご相談下さい。

【患者氏名の誤認防止について】

国立病院機構相模原病院では、誤認を防止し安全な医療を受けていただくため、入院中、患者さまにリストバンドを装着していただいています。
点滴やお薬をお渡しする時、検査の時、診察の時など、リストバンドの確認と患者さまご自身に名前を名乗っていただきますのでフルネームでお答え下さい。
また、輸血するときの血液型や、点滴ボトルの名前、内服薬など一緒に確認させていただいております。おかしいと思うことがありましたらすぐにお知らせ下さい。

【転倒・転落などの危険防止について】

患者さまの状態・病状などによって、転倒・転落の危険が発生することがあります。スリッパは滑りやすいので運動靴などをご利用下さい。
また、パジャマや寝巻の裾は身丈に合ったものをご用意下さい。特に高齢者の場合、転倒しただけで骨折を起こすことがありますので十分にご配慮下さい。

【病棟を離れるときの注意】

病院敷地外へ出られる場合は外出許可が必要になります。担当医の許可を得て、手続きを済ませてからお出かけ下さい。
病棟を離れる時、戻った時は、必ず病棟スタッフに申し出て下さい。病棟スタッフは患者さま全員の安否確認を行っております。

【盗難予防について】

病院は、不特定多数の方々が出入りするところです。貴重品や多額の現金は、お持ちにならないようお願いいたします。
また、各床頭台に備え付け金庫がありますので、少額でもご利用下さい。
なお、万一、盗難・紛失等がおこりましても、国立病院機構相模原病院は責任を負いかねますのでご了承下さい。

【感染対策について】

「うつさない、うつらないための予防を」風邪などの流行性の病気にかかっている時や咳が出る時は、必ずマスクの着用をお願いいたします。
また、感染対策時には手洗いが非常に重要です。手の衛生保持にご協力願います。
入退室の際は、病室入口に設置されている擦式手指消毒剤をご使用下さい。

このページのトップへ