1. ホーム
  2. 受診される方へ
  3. 輸血療法に対する当院の方針
受診される方へ

輸血療法を受ける上でご意見のある方は主治医にその旨をお示し下さい。信仰上の理由などで輸血療法を拒否される患者さまの場合、患者さまおよびご家族に対して検査法・治療法を含む診療内容、特に輸血療法の副作用とともに救命処置としての輸血療法の必要性をご説明いたします。その上で、


1. 同意いただけました場合には、通常の手順で診察を行います。

2. 輸血療法なしでの診療が不可能あるいは輸血療法が必要となる可能性が高く、十分に説明させていただきました上でも同意がいただけない場合には、当院では患者さまの診療をお引き受け兼ねます。ご了承下さい。

3. 救急受診などの緊急時に意識障害などで患者さまご本人の意思が確認できない場合には


(ア)ご家族などの代理人が代わって同意可能な場合には代理人から同意いただき、通常の手順で診療を行います。

(イ)代理人の同意が得られない場合でも本人の意思が確認できないため、医師法、医療法の理念に基づき輸血療法を含む必要と考えられる治療を行います。

(ウ)ご家族などの代理人がいない場合にも、(イ)と同様に、医師法、医療法の理念に基づき輸血療法を含む必要と考えられる治療を行います。


当院では以上の方針で輸血療法を実施いたしております。


ご了承の程、よろしくお願いいたします。

このページのトップへ