乳腺外科このページを印刷する - 乳腺外科

診療内容

乳腺外科は、現在常勤医2名(うち1名は女性医師)と非常勤医1名(乳腺専門医)の合計3名で診療を行っております。当科では主として、乳がんを中心とした診断・治療を行っておりますが、乳がんに限らず乳房に関する様々な疾患の診断および治療にも取り組んでいます。

当科では、受診された方に、先ずは視触診・マンモグラフィ・超音波検査を行います。そして、必要に応じて細胞診や組織生検を行い、迅速かつ正確な診断とわかりやすい説明を心がけています。また治療の面では、乳がん患者さんに対する外科治療として、根治性と整容性の両立を目指した手術を行っており、形成外科担当医(非常勤医)とも連携しながら自家組織またはインプラントを用いた乳房再建も行っています。一方、乳がん治療は手術療法のみではありません。当科では最新のEBM(根拠ある治療)を積極的に取り入れ、抗がん剤やホルモン剤、抗HER2療法を中心とした分子標的治療などの治療も一貫して行っています。さらに放射線科とも協力しながら、放射線治療も行っています。

乳がんの罹患率は年々増加し、現在日本人女性の12人に1人が乳がんになるとされています。また、乳がんの治療は、手術や薬物治療、放射線治療など多岐にわたり、特にその専門性が要求される疾患です。従いまして当科では、他科医師、看護師、薬剤師などとの連携を重視したチーム医療を進めています。セカンドオピニオンとしても気軽にご相談ください。また、一部の乳がんが遺伝に関わることが知られています。遺伝性乳癌卵巣癌症候群を疑う乳がん患者さまに対して、遺伝カウンセリングや遺伝子検査にも対応できるようにしてまいります。さらに、遺伝子変異が認められる乳がん患者さまに対しては、産婦人科や泌尿器科とも連携を取りながら、卵巣癌や前立腺癌のスクリーニングも行ってまいります。

当科では、患者さんの根治を目指すだけではなく、生活の質を維持向上させることにも主眼を置き、それぞれの患者さんの病状や生活環境に合わせて治療方法を選択できるように努めています。その一方で、より最新かつ最善の治療が提供できるよう「臨床試験」や「治験」も推進しています。

乳房に何か症状がある方、乳がん検診で精密検査が必要と判定された方、他院の検査で乳がんが疑われる方など、乳房に関することは何でも当科にご相談ください。

当センターのピンクリボンのロゴ

当センターのピンクリボンのロゴ

マンモグラフィ

image
乳腺のしこりや石灰化などの病変を早期発見するために行います。専門の技師が撮影を行っています。2017年3月より新機種を導入しました。断層撮影も可能で、より詳細な検査が行なえます。

乳房超音波検査(エコー検査)

image
外来診察室に最新の機種を設置しており、診察中に検査を行うことが可能です。 さらに、しこりの硬さを見るための詳細な検査(エラストグラフィ)や、しこりの良性悪性の判断などのための造影エコー検査も実施しています。ただし、患者さんの病状に応じて、エコー検査は予約して頂くこともあります。

超音波ガイド下組織生検(予約制)

超音波ガイド下組織生検 超音波ガイド下組織生検
小さな傷から周囲の組織を含めて病変を採取して病理診断をする方法です。超音波検査で病変の位置を確認しながら行います。検査時間は30分程度ですが、安静が必要な時間も含めて1時間程度かかります。


スタッフ紹介

田中 覚 乳腺外科医長
卒業大学 大阪医科大学 医学部卒
大阪医科大学 大学院卒
学位取得 医学博士(大阪医科大学)
認定医 日本外科学会、日本乳癌学会、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、検診マンモグラフィ読影認定医
専門医 日本外科学会、日本乳癌学会
指導医 日本外科学会、日本乳癌学会
専攻分野 乳腺外科
碇 絢菜 乳腺外科医師
卒業大学 大阪医科大学医学部卒
認定医 検診マンモグラフィ読影認定医
専攻分野 乳腺外科、消化器外科(一般外科)