がん疾患センターこのページを印刷する - がん疾患センター

当センターは、がんに関する専門的な医療、臨床研究、教育研修及び情報発信の機能を備えた施設として、地域と連携したがん医療を行っています。
がんの治療方法には、手術や放射線治療、化学療法といった様々な治療法がありますが、どのような治療を受ける場合でも、患者さんとご家族が納得して治療を受けることがとても大切です。
当センターでは、患者さんと医療スタッフとの信頼関係をもっとも大切にして診療を行っています。最適な治療方法を実施するために、経験と知識の豊富な医師、看護師、薬剤師、放射線技師、検査技師などその他多くの職種の医療スタッフがチームとなり、患者さん一人ひとりに見合った治療が提供できるよう、地域と連携しながら診療を行っています。
私たちは、患者さんの立場に立って、信頼と安全に心がけた最良のがん医療を理念に掲げて日々努力しています。





第18回がん診療アップデート開催報告

2017年5月27日(土)に開催されました「第18回がん診療アップデート」の開催報告ページができました。
開演前のがん相談支援コーナーや健康チェックコーナーの様子や、院外・院内講師による最前線のがん治療についての講演の様子、そして、特別ゲスト、キャスター/「112日間のママ」著者 清水 健氏の講演まで、当日の様子を全10ページのボリュームでわかりやすくまとめましたのでぜひご覧ください。
>> 「第18回がん診療アップデート」の開催報告ページはこちら